[本編まとめ]第9話 いわかける![感想・考察]

[本編まとめ]第9話 いわかける![感想・考察]

タイトル

クライミングプリンセス

アバン

マーダーオブザベーション

好はあらゆる大会に出続け、超新星として名を馳せることに。

付いた通り名は「マーダーオブザベーション」

今日も大会で一撃を勝ち取るのでした。

Aパート

来栖アンネ

半年間のあらゆる大会出場の結果、好は場馴れすることができました。

ついに花宮優勝への重要なピースとなったのです。

すると、アンネがエキシビションクライムを行うために会場に現れます。

彼女は以前の大会以来の幸与との知り合い。

クライミング三騎の1人でもある彼女を忘れることなどありません。

そして彼女は好についても把握していました。

彼女は友達になってほしいと頼み、エキシビションマッチを申し込んだのです。

「みんなの期待に応えなければいけない。」

好はアンネの申し出を受けることに。

ルールは1分間のオブザベの後、早く登れた方の勝ちというデュアル方式。

好はオブザベが終わらぬうちに時間制限が終わり、考えながら壁へと登ります。

そんな彼女を頂上で応援し始めたのはアンネ。

彼女はあっという間に完登を勝ち取っていたのです。

勝負にもならなかったこの戦い。

しかしアンネはネガティブな言葉も言わず、好と再戦を約束するのでした。

アンネとの試合後、好は1人シャワーを浴びながら反省会中。

すると隣のシャワー室からアンネが声を掛けてきます。

好は彼女にコンバインドジャパンカップでの花宮優勝の野望を語ります。

…が、アンネは豹変し、好と花宮について蔑み始めたのです。

実は彼女もまたその大会に「国令館高校」から出場する予定。

自分が出る上、先日の大会で不甲斐なかった花宮には負ける気もありません。

クライミング三騎すら眼中にはない様子。

そんな彼女に対して感情が湧き上がった好。

コンバインドジャパンカップでの打倒アンネと花宮優勝を宣言します。

それを鼻で笑って出ていったアンネ。

彼女は同高校の「紅花 一文」に言います。

「高校の大会は乗り気じゃなかったけど、ちょっと楽しみになっちゃった。」

感情を抑えきれずに手に持つペットボトルを潰してしまうのでした。

アンネとのエキシビションマッチで好には大きな収穫がありました。

それは「速さが足りない」こと。

団体優勝を目指すにはスピードに重点を置いて鍛える必要があります。

教えてくれるコーチには好に心当たりがありました。

花宮のスピードスターである隼です。

しかし、いまだ隼は何も話してくれないでいたのでした。

Bパート

隼と茜

クライミングジムの受付としてアルバイトをしていた隼。

そこに新人スタッフとしてルーキーキラーである茜が入ってきます。

早速、両者の間で火花が散り始めていました。

すると、隼が子どもたちに教えるボルダリング教室の時間に。

茜は面白がって見に行きますが、子どもへの説明が下手な隼。

彼女に代わって茜が分かりやすく噛み砕いて子どもに教え始めます。

茜の意外な姿に驚く隼。

そうこうしているうち、子どもたちに手本を披露する時間に。

茜に無理やり促されてしまいますが、隼は壁を登ることができません。

彼女はいまだ先日の大会でのトラウマを払拭できてはいないのです。

隼が部屋を飛び出していくと、入店してきた好とばったり。

気まずい雰囲気が流れる中、好は指導してほしい旨を話します。

しかし隼はそれを一蹴し、戻っていってしまいます。

その光景を盗み見ていた茜。

彼女は今までずっと隼には負け続けてきました。

だからこそ黙ってなどいられず、隼に対してクライミング勝負を仕掛けます。

茜の挑発に火が付いた隼は勝負を受けることに。

ですが、やはり恐怖のせいで壁を登ることが出来ません。

彼女に勝てることに喜びが湧き上がり始める茜。

しかし彼女の中で今まで常に上を行っていた隼の姿が思い出され、そして…

「どこがあの上原隼だ、笑わせんじゃないわよ!」

人を潰すのが大好きな茜ですが、今の隼は潰したかった隼ではありません。

「本当に隼なら、とっととトップつかんで高いところから見下ろしやがれよ!」

その言葉に全てを思い出した隼。

隼は完登した壁から見る景色が大好きでした。

そのため、限られた時間の中でいかに早く登るかを鍛えていたのです。

クライミングにのめり込むと同時に、視野が狭くなっていました。

クライミングが下手な人や遊びで壁を登る人に苦言を呈してしまうほどに。

隼は壁に登ることが好きだったことを忘れてしまっていたのです。

茜の喝に触発され、隼は壁へと再び登ってついに完登。

そして上から見る大好きな景色を心から堪能します。

一方、その光景に茜は涙ながらに再び打倒上原隼を掲げるのでした。

Advertisement

さいご

というわけで、いわかける9話でした。


マーダーオブザベーション

物騒過ぎる通り名で笑っちゃいました。

殺人鬼の現場確認かな?


来栖アンネ

ついに本性を現しましたね。

超一級の技術を持っているからこそ余計にたちが悪い…

腹黒な予感はしていたので意外ではないですけど。

むしろこっちの姿も見られてよかったかもしれません。

アンネは1年生なんですね。

好の最強のライバルとなっていくわけですか、なるほど。


隼と茜

隼の髪が長くなってるのいいですね…

無理して笑顔を浮かべているのもかわいい。

そして憎まれキャラだった茜の株がストップ高に。

子どもの扱いが上手いところもいいですね…

ずっと隼の背中を見ていたからこそ成立したシーンでしょう。

ライバル視していた相手がああなったら言いたくなる気持ちもわかります。

この役目だけに終わらず、茜には大会でも結果を残してほしいです。

むしろ、この2人は切磋琢磨し合う仲になるかもしれない。

好と久怜亜にも通ずる関係ですね。

そっちの2人にもこういうシーンがあってもおかしくなさそう。


http://iwakakeru-anime.com/

©石坂リューダイ・サイコミ / 花宮女子クライミング部応援団

『いわかける!』見るなら『dアニメストア』

最新話は12月1日(火)24:00より配信開始!

(毎週火曜日 24:00〜 最新話配信開始)

初めてなら初回31日間無料!

月額400円で現在放送中の話題作から過去の名作まで楽しめます!

登録はココから。


Advertisement

いわかける!- Sport Climbing Girls -カテゴリの最新記事