[本編まとめ]第10話 いわかける![感想・考察]

[本編まとめ]第10話 いわかける![感想・考察]

タイトル

Reスタート!

隼の帰還

理事長の娘権限を利用し、幸与は学内にスピードウォールを設置。

これでスピードクライミングの練習をすることが出来ます。

一方、好の懸念は隼のこと。

彼女の意思を変えることが出来なかったことを憂いていました。

しかし、そこに隼がやってきたのです。

隼は好と茜とのやり取りについて事情を説明。

好は隼の意思を変えられた茜に羨ましさを抱いてしまいます。

「良きライバルみたいだ」と。

しかし、隼にとっての良きライバルは茜ではないのです。

とはいえ、今はクライミングに楽しみを感じるようになりました。

好には「一緒に登ろう」と笑顔で話すのでした。

クライミング部に隼が戻り、スピードクライミングの練習を開始。

ルールは「ルートの決まった15mの壁をどれだけ早く登れるか」

優勝のためには「15秒切り」が目標となります。

しかし、好の初挑戦は「23秒代」

更に問題なのは「1度の挑戦で体力を大きく消耗する」こと。

反復した練習は難しいため、要点を抑えながら登る必要があるのです。

その日から好は厳しい隼のトレーニングが始まりました。

早く登れるムーブを得て、全1を目指して力を尽くすのでした。

強化合宿

トレーニングすれど、好のタイムはなかなか縮まりません。

そんなとき、他校との合同のスピード強化合宿へと行くことに。

参加するのは1年生の好と隼だけ。

そこには茜や久怜亜、丸乃などの面々が顔を覗かせていました。

彼女たちが掲げるのは打倒好。

それゆえ、好には大きなプレッシャーがのしかかることとなります。

しかし好にとっては逆にそれが奮起の材料に。

合宿の中で技術を身に着けるため、やる気を漲らせるのでした。

まずは参加者一同がタイムを計測することに。

好のタイムは「17秒」

それを久怜亜たちには嘲笑われてしまいます。

とはいえ、この場は普段は見ることが出来ない他人の登りが見られます。

つまり、「タイム短縮のヒントを他人から得る」ことができるのです。

好は頭の中で他の選手になりきってシミュレーションを開始。

その中で他人のいいところを見つけることが出来ました。

そして初日最後のタイム測定。

他人の登りを取り入れた登りを好は披露します。

…が、その結果、タイムは「18秒」と落としてしまいました。

これにはさすがの好も落胆は大きかったのでした。

風呂で落胆していると、そこに現れたのは久怜亜。

彼女は挑発しつつ、好の登りについて嘲笑ってきました。

その言葉に涙を流してしまう好。

そんな彼女には久怜亜も驚かざるを得ませんでした。

久怜亜は好を窘めて話を聞くことに。

すると、好は彼女に対して弱音を漏らし始めました。

「予選突破はダメかもしれない」と。

その姿に見かねて久怜亜は平手で一喝。

「私が倒したいあなたはこんなあなたじゃない!」

先日の大会において、久怜亜は好に屈してしまった。

そのため、打倒好を掲げて日夜練習を続けてきたのです。

にもかかわらず、今の好はあのときとは変わってしまっていた。

久怜亜はその気持ちを抑えることができなかったのでした。

そのやり取りを聞いた隼は好に話します。

「怒られてよかった」と。

隼を怒ってくれたのは茜でした。

彼女のおかげで今までの自分を超えることが出来たのです。

そして、好の登りの問題点にも気付いていました。

他人の登りを取り込もうと意識するあまり、形無しになっています。

つまり「自分に合った登りだけ」を取り入れる必要があるというわけ。

しかし好は「隼みたいに強くないから」と不安を抱いていました。

そんな彼女に隼はスランプに陥った要因を打ち明けます。

よーわからんかったけど 似た者同士やね

「好の登りに圧倒されて動かなくなった」と。

自分を軽々と超えていく好のせいで、隼は自分を見失っていたのです。

そうさせた好だからこそ、目の前の壁を乗り越えられると信じています。

好は隼の激励に涙し、再び立ち上がることを決心するのでした。

翌日。

久怜亜が練習にやってくると、既に好が朝練をこなしていました。

その姿こそ久怜亜が望んでいた打倒を目指す好の姿なのです。

一方、好はいまだ自分に合った技術を取り込むのに悪戦苦闘。

しかし、この日でなんとか活路を見出さなくてはなりません。

そんなとき、圧倒的な速さで登る選手を見つけてしまったのでした。

Advertisement

さいご

隼の帰還

隼ちゃんが戻ってよかったな…

茜がいなければ花宮は終わっていたかもしれない。

ありがとう、新人潰し…


強化合宿

好がここまで落ち込む展開になるとは思いませんでした。

なかなか上手くいかない好を嬉しそうに見る久怜亜好き。

好の涙にびっくりする久怜亜も好き。

好に喝を入れるところもよかったなって。

隼と茜と同様、この2人もいい関係なんやな…

久怜亜の負けているシーンが大好きなので、好には頑張ってもらいたいですね。


http://iwakakeru-anime.com/

©石坂リューダイ・サイコミ / 花宮女子クライミング部応援団

『いわかける!』見るなら『dアニメストア』

最新話は12月8日(火)24:00より配信開始!

(毎週火曜日 24:00〜 最新話配信開始)

初めてなら初回31日間無料!

月額400円で現在放送中の話題作から過去の名作まで楽しめます!

登録はココから。


Advertisement

いわかける!- Sport Climbing Girls -カテゴリの最新記事