[ストーリー要約] いわかける!

[ストーリー要約] いわかける!

出会い

高校生となった「笠原 好」「クライミング部」と出会う。

パズルゲームが好きな好は「ゲームみたいで面白い」と興味を示した。

…が、真面目過ぎる「上原 隼」はそれに激怒。

好に対して入部をするためには「勝負で勝利する」ことを条件づける。

勝負は隼の勝利だったが、好の「オブザベ力」の高さには驚かされてしまう。

その結果、隼は好の入部を許可するのだった。

初めての大会

入部して早々、好は地区大会に挑むことに。

しかし新人潰し「内村 茜」に唆され、失敗してしまう。

思い悩む好だったが、そんな彼女を隼は真っ当にアドバイス。

そのおかげで好は茜への雪辱を晴らし、充実した成果を残すことができた。

スポーツクライミングをやる理由

次の大会に向け、「猿返しの岩」に挑むことに。

その道中、好はパズルゲームの弟子となった「後藤 菊子」と出会う。

彼女は中学生でありながら、優秀なロッククライマーだった。

岩に悪戦苦闘する一方、好は菊子にロッククライマーになることを誘われる。

好はその問いの答えを得るため、鍛錬を重ねて見事猿返しの岩の完登。

そして、菊子に「期待には応えられない」と返答を送る。

「仲間とともにクライミングで全一を取るという夢があるから。」

隼のスランプ

日々鍛錬を重ね、ついに関東大会が開始。

今までの練習の成果を見せて、好は快進撃の大活躍を見せる。

その一方、隼はそれがプレッシャーとなり、スランプに陥ってしまう。

壁にも登ることが出来なくなった彼女の前に現れたのは、幼馴染の茜だった。

「本当に隼なら、とっととトップつかんで高いところから見下ろしやがれよ!」

茜の檄で隼は奮起し、再び壁にも登れるように。

そしてクライミング部にも復帰し、次の大会に向けてやる気が漲るのだった。

好のスランプ

好には「速く登る」ことに弱点を持っていた。

そこで強化合宿に参加することに。

しかし他の人の登りを取り入れようとするがゆえ、袋小路に入り込んでしまう。

そんな彼女に檄を与えたのは、幼馴染の「大場 久怜亜」だった。

「私が倒したいあなたはこんなあなたじゃない!」

隼にも慰められて奮起し、「高橋 水夢」というお手本も発見。

おかげで全国大会でも通用する速さを手に入れたのだった。

全一に向けて

全国大会において、ライバル「国令館高校」は大活躍。

予選の時点で大きく差をつけられる結果となっていた。

それでも全員で励まし合い、全一を取るために今一度奮起。

好結果を残しつつ、最後のリードの種目に挑むことになった。

全員が全力を尽くした結果、見事団体優勝の栄誉を勝ち取ったのだった。


http://iwakakeru-anime.com/

©石坂リューダイ・サイコミ / 花宮女子クライミング部応援団

『いわかける!』見るなら『dアニメストア』

全話絶賛配信中!

初めてなら初回31日間無料!

月額440円で現在放送中の話題作から過去の名作まで楽しめます!

登録はココから。


Advertisement

いわかける!- Sport Climbing Girls -カテゴリの最新記事