[感想など]第1話 うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。[ネタバレあり]

[感想など]第1話 うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。[ネタバレあり]

あらすじ

# 01 青年、ちいさな娘と出会う。

18歳の若さで、凄腕の冒険者として名を知られる青年デイル。

とある依頼で深い森を訪れた彼は、

そこでボロボロに薄汚れた魔人族の少女と出会う。

少女の名は『ラティナ』。

親と死に別れ、おまけに片角を折られているなど、

いかにも訳有りなラティナを見捨てられず、

森から連れ帰ることにしたデイルだが……。

http://uchinoko-anime.com/story/01/ より引用

モンスター討伐中の主人公。

その休憩中に茂みの奥から何者かが現れます。

うーん、かわいい。

角があるので「魔神族」なんですって。

でも左の角が折れてます。

どうやら焼き魚の匂いに釣られて来たようです。

話しかけようにも魔神族の言語が通じません。

でもなぜか片言ながら話せる主人公。

「魔神族の罪人は角を片方おられて追放される。」という決まりがあるそう。

親がいないことに心配する主人公。

話してみると「ラグ」に獣が集まるからここを離れるよう言われたと。

「ラグ」が親なんでしょうか。

と、手を引かれ誘われます。

「ラグ」のいるところを案内するようで、
そこを見ると男性の魔神族の遺体を発見。

どうやら彼女の親のようです。

このままでは放っておけないので弔ってあげることに。

とりあえず街に連れて帰ることに。

自分の名前、「デイル」を告げて彼女にも名前を尋ねます。

「ラティナ」ちゃん。

天使かな?

喜んでついてきます。悪い大人じゃなくてよかったね、ラティナちゃん。

街の風景に目を輝かせるラティナちゃん。

家は飯屋ですね。

あっ……

そう……

詳細はBlu-rayをご購入ください。

入浴シーン……

と、そこへ飯屋の女将さん「リタ」が登場。

幼い頃の服を貸してくれるようです。

かわいい。

デイルがラティナにリタを紹介すると、自ら自己紹介します。

これにはリタさんもニコニコ。

「魔神族の言葉は呪文語と同じ」だそうで、
だからデイルは少しだけでも言葉が話せたんですね。

とりあえずラティナの身元調査をすることに。

アイキャッチ。うーん、うちの娘。

ここは飯屋の中。

周りのお客さんがラティナちゃんのことを気にしだすと、
ラティナちゃんはぺこりと一礼。これでおっさんは堕ちました。

なんかタブレットみたいなやつで身元を調べますが、
ラティナや親については情報がないようです。

ラティナちゃんのお腹が飯を求めています。

赤面してかわいい。

かわいい。

スプーン使えてえらいね。

やけどラティナちゃん。

めんどくさいことは考えずに寝ようね。

安らぐ…

寝ていると急に起こされます。

おしっこでした。


まだぐっすり寝ているラティナちゃん。

起こさないようそっと離れようとしますが……

親との別れのトラウマか、デイルにしがみつきます。

デイルは「大丈夫だ」と諭します。

ラティナちゃんは一安心。

デイルはおはようの挨拶を交わし、顔を洗いに。

リタさんがやってくれました。かわいい。

角を隠すためにもなってます。

朝ごはんを持ってきてくれた飯屋の主人デイルさんに向かって、
ラティナちゃんからおはようの挨拶。

いい子だ……

桃に大喜びのラティナちゃん。


ご飯も済んで、買い物に向かいます。

毎回デイルを見るラティナちゃんかわいい。

思いつめた顔をしているデイルに、
ラティナちゃんは「だいじょうぶ?」と声をかけデイルは決心します。

孤児院に入れるのではなく、自分で面倒を見ることにしました。


というわけでうちの娘。第1話でした。

感想なんて言う必要もないぐらいですが、
「かわいい」の一言に尽きるんじゃないでしょうか……

このアニメを見ていると、今まで見たアニメでは感じたことのない、
庇護欲ではない、でもそれに似た感情を抱いていました…

それが何なのかは残り話数かけて考えようと思います。

このアニメには割とシリアス展開が入ってくるんじゃないかと
思ってるんですけど、確実に傷心してしまいそうです…

心を強く持って来週以降も見ることにします。

ではまた!


© CHIROLU・ホビージャパン/白金の妖精姫を見守る会

うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。カテゴリの最新記事