[本編まとめ]第2話 おちこぼれフルーツタルト[感想・考察]

[本編まとめ]第2話 おちこぼれフルーツタルト[感想・考察]

タイトル

ろっくなしんがっき!

駅前チアガール

第2回目。

朝からフルーツタルトがやるのは「駅前チアガール」

仕事・勉強に励む人を応援するわけです。

…が、通り掛かる人は全くいないのでした。

ネズミ荘の朝

衣乃がネズミ荘へやってきて2週間が経過し、今日から新学期。

衣乃は毎朝大好きなロコが起こせることを幸せに思っていました。

…が、今日のロコには仁菜が添い寝していたのです。

これは仁菜が雷や怖いものが苦手なロコを安心させるための施策なのでした。

一方、朝が極端に弱いはゆは9時前に起きると酷くローテンションに。

そんな彼女には大好きないちごを与えると息を吹き返します。

アイドル、学校へ行く

身バレを恐れてサングラスへ学校へ行く4人。

しかし、不審者扱いをされて別の意味で話題に。

立派な先輩

衣乃とはゆは、ロコと仁菜とは違う学校へと通います。

2人の不在に不安を抱く衣乃に、ロコは「1人で出来なきゃダメだ」と喝。

衣乃はその言葉に喜ぶものの、ロコが歩き出した方向は小学校でした。

自己紹介

自己紹介において「アイドルであることを告白するか」悩む衣乃。

考えついたのは「頑張って借金を返す」といういかにも怪しい内容。

不審がられて落ち込む衣乃にはゆはフォローします。

「衣乃と一緒に借金を返済中」という言葉に誤解は深まる一方。

さらに衣乃の弁明で抜け出せない溝へと落下。

高校デビューを果たして同級生の友達を作る夢が潰えた衣乃。

そんな彼女の「初めての同級生の友達」にはゆは名乗り出ます。

「これからも一緒に頑張ってお金稼ごうね!」

2人の誤解ばかりが生まれる話となったのでした。

都会っ子

一般生徒でも自分より芸能人っぽい子ばかりで落ち込む衣乃。

そのルックスを持ち合わせているはゆも羨んでしまいます。

はゆが中学時代にやっていたのは「川辺で1人ライブ」

衣乃ははゆを必死になって慰めるのでした。

女の子一色

衣乃とはゆが通う学校は女の子ばかり。

それは昨年まで女子校だったことが影響していました。

「あと、衣乃と同じで女の子が好きな子が多いのかも。」

はゆの何気ない言葉が生徒たちを困惑させたのでした。

新企画

4人は学校から帰宅。

一日中全くアイドルであることは気付かれませんでした。

知名度アップのため穂歩が用意した企画がありました。

それは「歌を作ってCDデビュー」だったのです。

Bパート

曲作り

歌を作るため、それぞれの好きな物を挙げていくことに。

ロコは「日本の伝統文化」

部屋で1人でチャンバラも嗜んでいます。

はゆは「ロックやヒーロー物」

衣乃は「ロコ」

仁菜は「花やハーブのような女の子の匂い」

当の本人からも「理想のお母さん」の香りが漂っていました。

衣乃から香るのは「爽やかな緑」の香り。

ロコから香るのは「ミルク」の香り。

はゆからもちゃんと「いい匂い」が漂っているのでした。

結論には至らず、共通で好きな物を考えることに。

考えついたのは「カレー」でした。

作り置きのカレーがなくなってしまい、4人は買い出しへ行くことに。

しかし、全員合わせてもお金はほとんどありません。

ですが、衣乃は4人を応援する街の人からおすそ分けをもらっていました。 

そこで彼らと仲良くなるため、まずは自分たちのことを知ってもらうことに。

そのために「ネズミ荘の歌」を作ることを決心するのでした。

リアルなはゆ

「作詞係」に任命されたのは衣乃。

「作曲係」に任命されたのははゆでした。

2人は「自分たちのことを表現する」難しさに直面していました。

そんなはゆの今日のパンツと靴下は穴開き。

彼女は見た目を整えるより、お腹を満たすことを重視しているのです。

さすがのはしたなさに衣乃は「おしゃれな下着屋」へ行くことを提案。

下着屋初体験の恥ずかしさを前に赤面するはゆ。

そんな彼女の姿に良からぬ感情を抱く衣乃だったのでした。

ブロッコリー

「フリツケ係」に任命されたのはロコ。

「衣装係」に任命されたのは仁菜でした。

昼食のブロッコリーを前にフリツケ係に任命された理由を考えるロコ。

その姿に仁菜は「ロコがブロッコリーでトラウマが蘇る」のだと察知。

必死で慰めようとするものの、ロコは全くそんな様子はありませんでした。

個人差

仁菜は元々洋服を作るのが好きで、私服も自作するほど。

幼い頃は母親と服を作ってファッションショーも行っていました。

しかし、背が伸びやすい仁菜はそれまで作った服はほとんどが着られません。

ロコはそれが仁菜の地雷だったと踏んで、慰めようとします。

…が、そのせいでロコは自らの成長しない身体を改めて知らしめられます。

その光景に仁菜はなんとなく謝るしかないのでした。

インスピレーション

いまだ衣乃の作詞は完成せぬまま。

ロコたちのかわいさを表現するにはまだ何かが不足しているのです。

そんな中でも穂歩は新たな仕事を取って来ていました。

内容は「クリームあんみつとライブ共演」

クリームあんみつは今大人気のアイドルグループ。

センターは中学生で圧倒的な歌唱力を持つ天才美少女「関野 チコ」

サイドは明るさとかわいさを武器に何でもこなす双子「中野 るあ・ぬあ」

ライブ前に一曲を本会場の隣の駐車場でライブを行うのです。

問題なのは、曲がまだ出来ていないこと。

しかし、衣乃は作詞の完成のため、はゆからのヒントを貰っていました。

それは「みんなにくっついてもらう」こと。

すると、衣乃の中にかわいい歌詞が降って来たのでした。

Advertisement

さいご

というわけで、おちフル2話でした。


駅前チアガール

この悲壮感がいい味を出しているわけですね。

新人アイドルにとってはまだまだ厳しい世の中なんやなって。


ネズミ荘の朝

ロコ仁菜の素晴らしいシーンを見せてもらいました、ありがとう。

ダボダボパーカーで寝てるのってなんでこんなにかわいいんでしょう…

そして衣乃ちゃんの中では嫉妬の炎が燃え滾っていそう。

いつか衣乃ロコも見せてくれるんですよね??


アイドル、学校へ行く

私服やアイドル衣装もよかったですが、やはり制服はいいですね。

2-2で分かれているのも2度楽しめていい…

調子に乗ってるはゆ好き。


立派な先輩

ロコちゃん先輩はかわいい。

母校じゃない小学校へ向かっているわけですよ。

もう本能として小学校に誘き寄せられているわけですよね。


自己紹介

衣乃はゆは借金を抱えた百合カップルというキャラ付けとなったんですね。

…闇が深すぎる。

「初めての友達」ってところはシーンとして大好きです。


都会っ子

はゆは実はぼっちだったとは…

趣味が合う人がいないだけだったかもしれないし…

実家に帰りたくないってのも含め、なんか闇を抱えている感ありますね。


女の子一色

衣乃ちゃんの女の子好きは事実だからしょうがない。

これで心置きなく女の子を愛でられるわけですね。


新企画

サイコロの目よりも、同じ目ばかりを出すロコちゃん先輩がかわいい。

投げる姿や掛け声がまたかわいい。


曲作り

こう見てると、はゆが一番清い女の子っぽいですね。

衣乃や仁菜の優しい言葉にすぐに落ちちゃいそう。

赤面する姿はとてもとてもかわいいと思いました。


リアルなはゆ

穴開きパンツは想像通りですね?

その色気のなさがかわいさを引き立たせてくれるんですよ。

買い物シーンもどこかで見せてくれるんでしょうか、楽しみ。

今回ははゆ回と言っていいほど魅力が詰まっていましたね。


ブロッコリー

ブロ子ちゃんの歌が頭にへばりついて離れない…

そのせいでブロッコリーも食べたくなってきました。

これがブロ子ちゃんの魔術だったとは。

CM撮影した当時のロコちゃん回もください


個人差

2人とも別の意味で身体にコンプレックスがあるわけですか。

お互いが痛みを理解し合っているとは…いいカップルですね…


インスピレーション

衣乃ちゃんが本領発揮し始めましたね。

これはいい百合アニメ。

そして次回は新キャラ登場なわけですか。

関野チコ…ロコちゃんと同じ名字ですね…てことは…

どんなキャラなのか楽しみ。

さらに新曲にライブシーンもあるのかな?

アイドルらしいフルーツタルトの姿が見られそうです。

そして百合百合シーンもきっとあるでしょう。


というわけで、また次回。


http://ochifuru-anime.com/

©浜弓場 双・芳文社/おちこぼれフルーツタルト製作委員会

『おちこぼれフルーツタルト』見るなら『dアニメストア』

最新話は10月26日(月)22:00より配信開始!

(毎週翌月曜日 22:00〜 最新話配信開始)

初めてなら初回31日間無料!

月額400円で現在放送中の話題作から過去の名作まで楽しめます!

登録はココから。


Advertisement

おちこぼれフルーツタルトカテゴリの最新記事