[本編まとめ]第9話 アクダマドライブ[感想・考察]

[本編まとめ]第9話 アクダマドライブ[感想・考察]

タイトル

THE SHINING

兄を救うために

一般人たちは運び屋のセーフハウスにて兄を救うための作戦会議。

状況から考えて兄が処刑課隔離されていることは確か。

とはいえ、無策で乗り込めば殺されることはほぼ確実。

そこで一般人はネット上に偽の情報を流すことに。

「全てのアクダマをまとめ上げてカンサイを征服する。」

さらに、殺人鬼が連続殺傷事件を起こしている情報も流れ始めた。

それによって民衆は暴徒化。

アクダマを根絶やしにするため、警察署を取り囲み始めたのだった。

おかげで処刑課本部は手薄となり、一般人たちは侵入することが出来た。

どうやら、兄は30分後に屋上からヘリでカンサイステーションに輸送されると。

一般人たちは屋上での待ち伏せを狙う。

しかし、処刑課本部は既に殺人鬼が襲撃済み。

建物内にいた処刑課たちを数多く殺し、一般人の到着を待ち受けていた。

目的は「一般人を殺す」ため。

彼には最初から一般人に赤い天使の輪が見えていた。

それがこの道中の中で大きく成長。

結果、どれだけ離れても一般人のいる場所が見えるようにまでなっていた。

一般人はその場から逃げ出すも、どこまでも追ってくる殺人鬼。

すると、なぜか空いていた「武器庫」へと逃げ込むことに成功する。

一般人は入ってきた殺人鬼を置いてあった武器を使って攻撃。

反撃に遭って絶体絶命の危機に陥るも、なんとか殺人鬼を殺すことができた。

その後、運び屋と合流して屋上へと到着。

しかし、兄を乗せたヘリは既に飛び立った後だった。

医者の目的

自分に忠実な医者はチンピラと一夜を過ごしていた。

彼女は兄と妹の研究に躍起になっている。

…が、不老不死自体には興味は抱いていなかった。

彼女の目的は「自分の力で全ての生物の自由を操る」こと。

その中で唯一自由に操ることができていないのが「死」だった。

そこで現れたのが無限に細胞分裂を行う兄と妹。

2人を研究し、死を操る力を得ようと考えているのだった。

そんな彼女は年齢も性別も不詳なままだった。

Advertisement

さいご

というわけで、アクダマドライブ9話でした。


兄を救うために

一般人が短髪なのにはまだ慣れませんね。

その煮え切らない感情が人間味が出た妹ちゃんで発散してもらえている…

トマトで喜ぶところ本当にかわいい。

一般人は本当に詐欺師っぽくなってきましたね?

むしろ隠していただけで、こっちの姿が真実なのかもしれない。

殺人鬼との攻防はなかなか熱い展開でした。

というか、ここで彼が退場してしまうのが少し寂しい…

イカれ具合は癖になりました、ありがとう。


医者の目的

まさかの衝撃の展開。

チンピラもこれで悔いはないでしょう、多分。

医者の素性は計り知れませんね。

本当は100歳を超えた男性だったりするんでしょうか。

カントウとカンサイの戦争も経験していたのかもしれない。

実はカントウの偉い人とも繋がりがあったりも…

最悪、医者がラスボスになる展開もあるのかもしれませんね。


https://akudama-drive.com/

© ぴえろ・TooKyoGames/アクダマドライブ製作委員会


Advertisement

アクダマドライブカテゴリの最新記事