[本編まとめ]第1話 アサルトリリィ BOUQUET[感想・考察]

[本編まとめ]第1話 アサルトリリィ BOUQUET[感想・考察]

アバン

憧れ

橋の袂で1人の少女とある存在との戦い。

彼女は敵の苛烈な攻撃を華麗に笑顔で躱しながらも確実に攻撃を命中させます。

その光景に1人の少女は目を奪われていたのでした。

Aパート

一柳 瑠璃

そして現在。

「一柳 梨璃」は故郷甲州から始発で出てきてある場所へと向かってました。

そこは「百合ヶ丘所学院」という「リリィ」養成機関の名門校。

リリィとは人類最後の希望であり、「ヒュージ」と戦う使命を持った存在。

ヒュージとは50年前に現れ、「ネスト」から現れて人々を襲う敵なのです。

梨璃は人より「少し」要領が悪く、学院へも補欠合格の新入生。

それでもヒュージと戦うという強い気持ちは持ち合わせている女の子です。

楓・J・ヌーベル

長い道中の果てについに百合ヶ丘学院へと到着。

記念すべき第一歩を踏み出そうとした時、目の前に現れたのは1台の車。

中から出てきたのは同じ新入生である「楓・ジョアン・ヌーベル」

彼女は梨璃を付き人と勘違いして帰らせようとするのでした。

夢結争奪戦

梨璃は楓と話しながら学院へと入ると、中ではいざこざが起こっていました。

1年生の「遠藤 亜羅椰」が2年生の「白井 夢結」に喧嘩を売ったのです。

梨璃にとって夢結は以前見たことのある少女でした。

一方で楓にとっては夢結は憧れの存在。

夢結を見ようと一目散に駆け出します。

そんな彼女たちの姿を見て大興奮しているのは新入生「二川 二水」

二水は防衛省発行の官報にまでを通している情報通です。

…が、彼女もまた補欠合格の様子。

彼女によると、楓は有名チャームメーカー総帥を父に持つ有能リリィ。

亜羅椰は中等部時代から頭角を表していた実力派。

夢結はどの「レギオン」にも属さない孤高のリリィです。

曰く、亜羅椰は「シュッツエンゲルの契り」を結ぼうとしているとのことですが…

戦意のない夢結に対し、亜羅椰は武器「チャーム」を抜いて戦わせようとします。

…が、そこに割り込んだのは楓。

彼女もまた夢結とシュッツエンゲルの契りを結ぶことを望んでいるのです。

楓もチャームを抜こうとした時、颯爽とそれを止めたのは梨璃でした。

彼女のすばしっこさに一同は驚愕。

とはいえ、梨璃はただ戦うことを止めようとしただけの様子ですが…

夢結はまとめて相手をしようとチャームを抜こうとします。

しかしそこに鐘が鳴り始め、生徒会3年「出江 史房」がやってきます。

曰く、校内の研究施設から生体標本のヒュージが逃走したとのこと。

夢結は戦いに向かおうとしますが、史房はペアでの行動を促します。

夢結には「足手まといが必要」だから。

ペアの相手に指名したのは楓。

そんな彼女と梨璃も同伴することを名乗り出ます。

梨璃が気になるのは夢結の性格。

今の彼女は無愛想でどこか人を近づけようとしない雰囲気を漂わせています。

しかし以前は「もっと優しかった」はずなのです。

Bパート

リリィとしての初戦闘

梨璃に夢結との2人きりの空気を壊されて愚痴を零す楓。

その間にも以前のヒュージとの戦いの跡が散見され始めます。

この学院は海からやってきたヒュージを誘引する天然の要塞にもなっています。

その目的は「周囲の市街地への被害を防ぐ」ためです。

1000年前に作られた切通しを通っていると、梨璃のもとにヒュージが不意打ち。

梨璃はチャームを使おうとしますがなぜか動きを見せません。

なんとか夢結が助けたもののの、梨璃は右腕に怪我を負ってしまいます。

梨璃がチャームを使えなかったのは「契約」を済ませていないせい。

というわけで、夢結の提案で略式で契約を行うことに。

腕から流れる血にある魔力「マギ」が指輪を通じてチャームへと流れ込み始めます。

契約の最中にヒュージが再び襲来。

楓が1人で戦い始めるも、ヒュージはガスを噴出して目くらましを始めたのです。

それを利用してヒュージは夢結に対して不意打ち。

夢結は対抗しようとしますが、なぜかそれを梨璃が止めます。

するとヒュージはどこかへ飛び去り、奥からやってきたのは楓でした。

このヒュージには知恵があるせいか相打ちを狙ってきたのです。

梨璃の察知能力のおかげで命を救われた楓。

…が、再びヒュージは目くらましからの襲撃を開始し始めます。

夢結は戦おうとするも、ヒュージが多く持つ触手には苦戦。

そんなとき、ついに梨璃のチャームとの契約が終了。

それを使って梨璃、そして楓は夢結の援護。

そしてついに夢結がヒュージの討伐を果たします。

しかし攻撃の余波のせいで崖の崩落が発生。

楓の危機を梨璃が救ったものの、2人にはヒュージの粘液が降りかかるのでした。

再会

その後。

検疫を受ける梨璃と夢結。

梨璃の腕に負った傷は深く、もう消えることはありません。

しかし梨璃はそれを今日を忘れない証とすることにしたのでした。

そんなことよりも梨璃が気になるのは「夢結のチャーム」について。

実は梨璃は2年前の「甲州撤退戦」で夢結ともう1人のリリィに助けられていたのです。

当時の彼女の使っていたチャームは剣。

今の銃剣とは異なっているというわけ。

そしてそんな彼女に憧れ、再び会うために梨璃はこの学院へとやってきたのです。

楓の想い

検疫が終了し、やってきたのは工廠科2年の「真島 百由」

彼女がヒュージを逃してしまった張本人でした。

…が、彼女には悪気がない様子。

そして外では楓が2人の無事を願って待っていました。

彼女は夢結…ではなく梨璃に飛びついて大喜び。

梨璃に運命を感じ、夢結から方向転換したというわけだったのでした。

3人が入学式の会場へとやってくると、新入生が功労者の帰りを待っていました。

3人の活躍は二水が作った「週刊リリィ新聞号外」で学院中に周知されていたのです。

慕う側から慕われる側に

一方、夢結は入学式を見届けぬままに自室へと戻っていました。

そんな彼女をからかうのは甲州撤退戦でともに戦ったリリィ「川添 美鈴」

「夢結にまだかわいいところが残っていて嬉しい」と笑顔で零すのでした。

エンドカード

Advertisement

さいご

というわけで、アサルトリリィ1話でした。


憧れ

最初から戦闘シーンでしかもカッコよくてかわいい。

これは掴みから完璧なのでは?


一柳 梨璃

かわいいビジュアルだと思ってましたが、動いてもかわいい。

というか、どのキャラもかわいい子ばかりですね、眼福です。

作画も動画も背景も綺麗だし、シャフトっぽさのある演出もある。

もちろん女の子はかわいいし、一つ一つの細かい所作も魅力的。

1話終了の段階ではほぼ満点と言っていいほどいい作品だと思いました。

初っ端の肉感のある絶対領域と手帳とにらめっこするところ好き。

世界観はまだまだ複雑そうなところ。

聖地は神奈川の百合ヶ丘…ではなく白百合なんですね。

この辺りはアニメの聖地が溢れているなあ。


楓・J・ヌーベル

お嬢様かわいい。

ポンコツ系かと思いきや、有能っぷりは隠し切れませんでした。


夢結争奪戦

夢結さんはモテモテ。

だけど果てしない闇を抱えていそうな雰囲気を漂わせています。

この学院にはエレベーター組と高校からの入学学組がいるんですね。

その間でのいざこざもどこかで起きそうな予感です。

「シュッツエンゲルの契り」を結んだらどうなるんでしょうね?

…という疑問はアサルトリリィ公式ページに書いてありました。

百合ケ丘女学院には「シュッツエンゲル(守護天使)制度」というものが存在している。これは特定の上級生が守護天使として、下級生を導くという制度。2人は擬似姉妹のような契約を結び、上級生は下級生のリリィとしての成長だけでなく人間的な指導もしていくのである。

https://www.assaultlily.com/world/garden/#modal111

これは年齢差による百合カップルの妄想も捗りますね…助かる。


リリィとしての初戦闘

チャームの契約を済ませていないお茶目さを見せる梨璃ちゃん。

入学のカリキュラムの中で行われる予定なのかもしれないし…

それでもちらほらと有能さの片鱗を見せつつありますね。

これは楓が惚れてもしょうがない。

夢結の戦闘シーンの髪がなびくところめっちゃいいですね。

クールビューティーな魅力がすごいやつです。


再会

この矢印が入り乱れている感じ、たまらなく好きですね…

これから登場キャラが活躍し始め、もっと堪能できると思うと…

百合厨にとってアサルトリリィは神なのでは?

梨璃と一緒にいた友だちについても少し気になりますね。

何もなく助かっていたら問題ないんですが…


楓の想い

このシーンで百合アニメなんだと確信できましたよね。

楓が梨璃にほっぺすりすりするところヤバくないですか?

これから10話以上も見られると思うと…ありがとう、アサルトリリィ。


慕う側から慕われる側に

美鈴は夢結のシュッツエンゲルの守護天使様なんですかね?

彼女が夢結が抱える闇に関わっていることは大いにありそうですが。

以前の戦いの中で夢結のせいで美鈴が戦えなくなったとかでしょうか…


OPとED

どちらもめちゃくちゃ大好きです。

OPは表向きの戦闘アニメの姿を見せ、EDは裏向きの百合アニメの姿を出してくる。

ED絵は…言葉がないほどに尊いカットばかり。

楓ちゃんが負けヒロインになりそうな雰囲気が出ていますが…

この先のアサルトリリィの展開も楽しみしかありません。


というわけで、また次回。


https://anime.assaultlily-pj.com/

©AZONE INTERNATIONAL・acus/アサルトリリィプロジェクト


Advertisement

やがて君になる(1) (電撃コミックスNEXT)
仲谷 鳰(著)
KADOKAWA (2015-10-27T00:00:00.000Z)
5つ星のうち4.7
¥564

アサルトリリィ BOUQUETカテゴリの最新記事