[本編まとめ]第8話 アサルトリリィ BOUQUET[感想・考察]

[本編まとめ]第8話 アサルトリリィ BOUQUET[感想・考察]

タイトル

ツバキ

アバン

戦技競技会

梨璃たちがお風呂を堪能しながら話すのは「戦技競技会」について。

日頃の切磋琢磨の成果を披露という名目で行われる運動会のようなもの。

クラス・レギオン・個人部門などの成績で競われ、最優秀リリィにはご褒美が。

今年はチャームへの高級オプションつけ放題という豪華な商品。

優勝を狙うアールヴヘイムとは開始前から火花が迸るのでした。 

Aパート

結梨と暗躍する影

結梨は指輪をもらい、ついに彼女は正式に百合ヶ丘のリリィの一員に。

あとは結梨のマギが指輪に馴染めばチャームと契約をすることができます。

しかし梨璃はどこか不安げな様子。

結梨にチャームを与える決断をしたのは理事長代行でした。

彼は結梨に他のリリィと同等の自身を守る権利を与えたのです。

問題なのは結梨を付け狙う組織が百合ヶ丘付近で活動を始めていること。

うち1つの「ゲヘナ」は研究機関でありながら人体実験も行う組織。

そこから守るために百合ヶ丘が匿っているリリィも存在しています。

理事長代行は結梨含め、リリィである彼女たちを保護するのが役目というわけ。

戦う理由

梨璃は同室の閑に結梨のことについて嬉しそうに語っていました。

しかし閑は少々懸念を抱えていました。

近頃、百合ヶ丘のセキュリティが過去最高にまで引き上げられていたのです。

それはもちろん結梨を狙う組織から匿うための措置。

組織が結梨を狙っているのは「リリィが脅威だ」と感じているから。

ヒュージが現れて以来、人間同士の戦争というものがなくなりました。

そうなると心配になるのは「ヒュージを全て倒した時」

そのとき再び戦争が行われてしまう可能性があります。

そこで一番の戦力として戦わされるのがリリィである可能性は否めません。

梨璃は戦争で戦う意志など全くありません。

しかし閑の話は梨璃の心に凝りを残したのでした。

数日後。

結梨のマギが指輪に馴染み、ついにチャームを手に入れます。

メーカー製ではなく、工廠科が全ての部品を組み直して作った一品物です。

結梨はまだ戦う理由について理解していませんでした。

リリィはヒュージの脅威から人を守り、怯えないで暮らせる世の中にする。

しかしそれを説明する一同から、結梨は匂いで「悲しそう」だと見抜きます。

梨璃だけは匂いが感じられないようでしたが…

夢結のように梨璃とともにいるだけで喜ぶことが出来る。

リリィが戦う理由を知った結梨も戦うことを決心します。

それは記憶がない彼女が多くのことを知る目的も存在していたのでした。

結梨の話が一段落し、神琳は雨嘉のためにコスチュームをあつらえていました。

その目的は純真無垢な彼女を競技会のコスプレ部門に出場させるため。

白い目を向けていた楓も、雨嘉の完成度には圧倒されるのでした。

そして競技会当日。

国内外の政府系組織が結梨を狙って校内に混ざり込んでいました。

生徒会は必ず結梨を守り抜くことを決心します。

一方、梨璃と結梨は息のあったコンビネーションで競技に挑戦。

その姿はまるでシュッツエンゲルのようでした。

Bパート

結梨の奮闘

大盛り上がりの中、競技会は進行。

その中でミリアムはレアスキル「フェイズトランセンデンス」を使用。

マギを一瞬で放出することができる高火力技です。

しかしそのせいでエキシビジョンに出場が不可能になってしまいます。

代役として名乗りを上げたのは結梨でした。

相対するのは百由が発明したヒュージロイド。

彼女はヒュージロイドが勝利するようにチューニングを行っていました。

ですが、その中でも結梨は全く慄くことはしませんでした。

彼女は競技の中で見た夢結と同じ型を使い、リリィからの助言を参考に戦闘。

そして基本となるのは夢結が最初に梨璃に教えた戦法でした。

「あえて受けて流して切る。」

結梨はそれを完璧に実践してヒュージロイドに勝利。

結梨の活躍に梨璃は感涙にむせび、メカを壊された百由は悲しみの涙を流しました。

一方、競技会はコスプレ部門で雨嘉が最優秀リリィに選ばれたのでした。

Cパート

先手

百由は理事長代行に結梨のDNAの解析結果を伝えていました。

結果は「平均的過ぎるほど不自然」であること。

普通の人間はどこかに偏りが確実に存在している。

つまり、彼女は「人化したヒュージ」である可能性が高いというわけ。

百合ヶ丘がこの事態に動く前に、ゲヘナが先行して手を打っていました。

彼らはチャームメーカー「グランギニョル」との共同研究をしていた。

その中で実験体の紛失をしたことを国連に届け出ていたのです。

曰く、結梨はヒュージの幹細胞から作った「人造リリィ」なのだとか。 

ヒュージのDNAには地球上全てのDNAの情報が備えられています。

そこには人のDNAもあるため、人に変えることは不可能ではありません。

ゲヘナは倫理を無視した違法行為をし、それを紛失して今回返還を要求した。

理事長代行はよくは思いませんが、彼の立場として出来ることはありません。

「結梨が人ではないないのなら、学院は結梨を守る根拠を失う。」

チャームメーカー「グランギニョル」の総帥は楓の父親でもあります。

その父親から楓のもとに連絡が来ていたのでした。

エンドカード

Advertisement

さいご

というわけで、アサルトリリィ8話でした。


戦技競技会

相変わらず神琳と雨嘉は艶やかですね。

水に濡れているところがまたそれを際立たせている…

グロッピがモップ妖怪みたいになってるところ好き。


結梨と暗躍する影

結梨がみんなの輪の中にいるのを見ると嬉しく思えてしまいます。

一方でヤバい展開が起こり始めているわけですが。

梨璃と夢結の愛の結晶を奪わないで…


戦う理由

閑も祀もそうですが、ルームメイトは冷静に考えられる人ばかりだ…

これが生徒会役員の器というわけですね。

でもこの話は後々に響いてきそうな予感。

リリィ同士で戦う姿はあまり見たくないですが…

結梨が匂いで感情を読み取れるのもヒュージ由来だからなんでしょうか。

逆に梨璃の感情だけ読めないのが気になります。

梨璃には本当は感情がない、つまりは梨璃もヒュージだったりとか…

雨嘉さんは追い詰められる姿がとても似合いますね?

怯える表情もっとください。


結梨の奮闘

競技会に出てくる新キャラがかわいい子しかいない…

既存キャラもかわいい子ばかりなのに…目移りが止まりません。

作画も超一級品だし、キャラデザもいいとかどうなってるの…

結梨の戦闘での活躍はとてもよかったです、カッコよかったですしね。

結梨を心配そうに見守る梨璃を穏やかに見つめる夢結がまるで母親のよう。

いいですね、とてもいい。

雨嘉の猫の真似で陥落する鶴紗もまたかわいい。

この子は猫なら何でもいいんだなって。

特殊EDも最高に良かったですね!

普段見られない服のみんなが見られて眼福でした。

楓は普通にしていたらお嬢様にしか見えないな?

シリアスもいいですが、日常オンリーで12話見たい気持ちもあります。


先手

前話のアバンのシーンはゲヘナの艦だったんですね。

なぜあの事態に繋がったのかはまだ分かりませんが…

結梨がヒュージっぽいのは見えていたので衝撃は少なかったです。

しかし、楓さんが敵に回りそうなのは怖いですね。

彼女のことだからずっと味方でいてくれるとは思うんですが…

次回の展開はとても気になります。


https://anime.assaultlily-pj.com/

©AZONE INTERNATIONAL・acus/アサルトリリィプロジェクト


Advertisement

アサルトリリィ BOUQUETカテゴリの最新記事