[感想など]第11話 アズールレーン[ネタバレあり]

[感想など]第11話 アズールレーン[ネタバレあり]

タイトル

episode 11【怪物】あまねく海に戦いを

アバン

喧嘩

昔の話。

散歩中の天城の元に駆け寄ってくるのは、軽巡「那珂」と駆逐「旗風」

曰く、赤城と加賀がまた喧嘩しているとのこと。

そんな彼女に呆れ、天城は仲裁に向かうのでした。

Aパート

救援

ピュリファイアーの攻撃を受けるベルファストたち。

そんな彼女たちを救うべく、現れたのはエンタープライズでした。

エンタープライズの攻撃は直撃。

ですが、ピュリファイアーは「時間切れ」と言い、黒箱を手に去っていきます。

その去り際、味方を巻き込む矢のような砲撃を残していくのでした。

目の前の危機が去り、ほっと一息。

自分以上のベルファストの無茶っぷりに、エンタープライズは肝を冷やします。

それでもベルファストは彼女に微笑みを絶やすことはありませんでした。

オロチの力

加賀とともに行動中のセイレーンは、重桜の追撃を振り切ることに成功。

今回の出撃はセイレーン艦隊にとっても、手の混んだものでした。

それは「戦いはドラマチックでないといけない」から。

艦船の想いが形を成し、力となる存在だから。

そこに黒箱を持ったピュリファイアーが到着します。

ここからがセイレーンたちの本番。

「艦船の想い」を利用して、「過去の再演」「未来の演算」を始めます。

黒箱を使用すると、オロチの上に姿を現したのは赤城でした。

涙を流し、赤城に縋る加賀。

そして赤城は加賀に見せつけます。

「自分たちが求めたオロチの力」を。

オロチから放たれた一発は、ある場所に着弾。

その光景に、偵察中のユニオンの潜水艦「デイズ」は目を疑うのでした。

企みを打ち砕くため

その報せはアズールレーン基地にも到着。

オロチが残した一撃は、無人島を一つ吹き飛ばすほどのものでした。

万一、この一撃を基地に放たれればひとたまりもありません。

そして続けて届いたのは、巨大化したオロチの姿。

オロチにより、重桜の港も被害を被っています。

つまり、オロチの動きはレッドアクシズにとっても想定外。

アズールレーンもレッドアクシズも、セイレーンに踊らされていただけ。

そんな言葉をエンタープライズは否定します。

いまだ自分たちは何もしていない状態。

つまり、これからセイレーンの企みを打ち砕くのだと。

これからは「人類の脅威」に相対するため、両艦隊が手を組む必要があります。

その手回しは完了済み。

「受けた屈辱は晴らし、やられたらやり返す。」

アズールレーンは再び戦うことを決心するのでした。

一方、鉄血。

加賀に想定外に一本取られ、プリンツ・オイゲンはご不満の様子。

今回、赤城と加賀というセイレーンの内通者が存在しました。

つまり、鉄血やユニオン、ロイヤルにも存在する可能性があるのです。

瑞鶴の言葉

重桜もまた、加賀の行動に頭を悩ませています。

加賀の行動は完全なる裏切り行為。

戦いになれば、オロチもろとも討つ可能性も発現しています。

「綾波がいなくなり、赤城や加賀もいなくなった。」

そんな気分が沈む重桜に喝を入れたのは、瑞鶴でした。

セイレーンの思惑に乗らず、加賀を連れ戻すことを宣言。

その言葉に士気が向上する、重桜の面々。

その立派な妹の姿に姉として物悲しさを感じる翔鶴なのでした。

天城と赤城と加賀

オロチの砲撃を目にした加賀。

それに怯える加賀を、赤城は抱きしめます。

が、そんな彼女に違和感を抱き始める加賀。

姿は赤城でも、中身が赤城ではないと察したのです。

すると赤城の中から姿を現したのは、天城でした。

が、それも偽物だと加賀は気付きます。

彼女は「赤城が望む天城」の姿。

つまり、彼女の正体は「オロチ」なのです。

加賀は「赤城を離せ」と、オロチに詰め寄ります。

しかし、それは赤城が「天城と一緒にいたい」とオロチに願ったこと。

加賀は「偽物だ」と詰め寄るも、オロチは「加賀も偽物だ」と突きつけます。

天城は赤城を残して逝ってしまいました。

その天城の一部は、加賀へと引き継がれたのです。

つまり、加賀は天城のパーツを使って改装された船

赤城が加賀を愛したのは、加賀の中に天城の影を見たからなのです。

加賀は海にも浮かべない「テセウスの船」で、天城の代用品にもなれないもの。

赤城の愛は加賀ではなく、天城に向けられたものだった。

そんなオロチの言葉に、加賀は動揺し、涙を流すしかありませんでした。

Bパート

戦場へ

セイレーンの元に進撃中のアズールレーン艦隊。

その中にはエンタープライズの姿もあります。

セイレーンにとって、エンタープライズは特別な存在の一つ。

セイレーンの罠が張り巡らされていることは確実。

それでも「答えを得るため」、戦いから逃げずに戦うことを決心したのです。

そんな彼女を見届けるべく、ベルファストもまた彼女とともに行くことを決心します。

一方、緊張した面持ちで戦いへと向かう綾波。

そんな彼女を慰めるのは、ジャベリンを始めとした仲間たちでした。

やがて、レッドアクシズとセイレーンの戦闘中の海域に到着。

そこにはセイレーンの上位個体が何十体も存在しています。

苦戦する重桜。

このままではオロチのもとにも辿り着くこともできません。

それでも瑞鶴は突撃を掛けることを決心。

そんな彼女の行く手を阻んだのは、加賀でした。

仲の悪い姉妹

一方、オロチの船の上では目覚める赤城。

そんな彼女に天城の姿でオロチは諭します。

「赤城の願いは既に叶っており、永遠の愛はここにある」と。

その「願いと愛」について、赤城が思い浮かべるのは加賀とした喧嘩の光景。

啀み合う2人を仲裁し、仲直りさせようとした天城。

それでも天城が凄まなければ、そうはしようとはしなかったのです。

4つの陣営

オロチの元へ行かせまいと、加賀は瑞鶴翔鶴に攻撃を開始。

彼女にとってやるべきことは、赤城の願いを叶えるだけ。

それができるなら、セイレーンに手を貸すことも厭いません。

一方、セイレーンの苛烈な攻撃が重桜に降り注ぎ、絶体絶命。

そのピンチに、鉄血が駆けつけ、反撃を開始。

…しようとするも、レッドアクシズだけでは戦力不足。

「新しいカードを引く」必要があります。

と、そこにセイレーン艦隊に攻撃が。

姿を現したのは、アズールレーン艦隊でした。

ロイヤル・ユニオン両陣営が出撃。

セイレーンを倒すべく、攻撃を仕掛けます。

瑞鶴は加賀を説得しようとするも、「どうでもいい」と全く聞こうとしない加賀。

その2人のピンチにもアズールレーンが駆けつけます。

そして加賀の言葉を否定したのは、綾波でした。

彼女は赤城と加賀の邪魔をするつもりはありません。

ただ、「みんなを助けに来た」だけ。

本物の戦争

そして、エンタープライズは赤城とオロチを目撃。

やがてオロチは機動を開始。

船の中から砲身が姿を現します。

いまだ赤城が考えるのは、天城との仲裁で終わった喧嘩の光景。

そのときに天城に「重桜の未来を2人に託されていた」のです。

それゆえ、赤城は決心します。

「本物の戦争を始めること」と。


Advertisement

まとめ

・セイレーンに黒箱を奪われ、オロチが発動する。

・船の上に赤城が望んだ天城の姿の「オロチ」が現れる。

・加賀は天城の一部を使って作られた船。

・赤城はその天城の影がある加賀を愛していた。

・アズールレーン艦隊は、レッドアクシズと手を組むことを決心。

・赤城は「本物の戦争」を始めることを決心する。

さいご

というわけで、アズレン11話でした。


[ セイレーンに黒箱を奪われ、オロチが発動する。 ]

[ 船の上に赤城が望んだ天城の姿の「オロチ」が現れる。 ]

長らくの時を経て、ようやく悪の親玉が動き出しました。

全力を出せば両艦隊はひとたまりもないでしょうね。

そうはしないのは、オブザーバーがドラマチックに演出したいから。

それを観察し、未来の攻撃に繋げることが目的なんでしょうかね。

それとも、そうしないと力が発揮できないんですかね。


[ 加賀は天城の一部を使って作られた船。 ]

[ 赤城はその天城の影がある加賀を愛していた。 ]

つらい事実が出てきました。

あんなにベタベタしていたのに、外側は愛してなかったんですね…

加賀のショックは計り知れません。


[ アズールレーン艦隊は、レッドアクシズと手を組むことを決心。 ]

共闘展開はいつどこで見ても熱いものです。

エンプラと瑞鶴が背中合わせで戦う展開ありますか。

でもそうなると、ベルファストと翔鶴が黙っていなさそう…

プリンツ・オイゲンが、アドミラル・ヒッパーの貧乳弄ってたとこ好き。


[ 赤城は「本物の戦争」を始めることを決心する。 ]

これはどういう展開を取るかは見ものですね。

ノイズ混じりでしたが、過去の天城とのやり取りが鍵です。

セイレーンから寝返って、反攻する可能性はありますからね。

本当は赤城は加賀自身も愛していたという可能性もあるし…

全艦隊VSセイレーン艦隊になればいいですけどね。


というわけで、また次回。


https://azurlane-anime.jp/

© Manjuu Co.,Ltd., Yongshi Co.,Ltd.& Yostar, Inc./アニメ「アズールレーン」製作委員会

<パブロ> 黄金ブリュレチーズプリン(6個セット)_ 焼きたてチーズタルト専門店PABLO

<パブロ> 黄金ブリュレチーズプリン(6個セット)_ 焼きたてチーズタルト専門店PABLO
posted with amazlet at 20.03.14
株式会社ドロキア・オラシイタ
売り上げランキング: 487
Amazon.co.jpで詳細を見る

アズールレーンカテゴリの最新記事