[総評]乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…

[総評]乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…

(当ページの説明は、下記ページを参照してください。)


採点

面白さ8/10
作画6/10
かわいさ7/10
6/10
7/10

作品のいいところ

[テーマやストーリー]

まず「乙女ゲームの悪役令嬢に転生」というテーマがいいですよね。

それだけで唆られました。

それに伴って女性が主人公。

逆ハーレムか…と思いきや、登場人物全部持っていくというアレ。

そのせいかはわかりませんが、嫌らしさは全然感じませんでした。

そしてテーマを生かしたストーリーがめちゃくちゃ面白い!

ゲームとは全く違った方向に転がっていくのが大好きですね。

日常とシリアスの配分も絶妙に素晴らしかったな…

2部で構成されていたのも、話を追う楽しさを引き立たせてくれました。

[テンポのよさ]

ポンポン進んでいくので中弛みが全然ありません。

その中でもキャラの感情の変動は追えるので、ちょうどいい速さ。

視聴に飽きないというのは、このあたりの調整が上手いんでしょうね。

作品の気になるところ

[特になし]

どの面でも平均が高く、目立った欠点は見受けられませんでした。

好きなキャラ

カタリナが大好き…ですが、それと同じぐらいあっちゃんとアンが好きです。

カタリナは言うまでもないですね。

作中キャラを落としているということは、視聴者も落としているということ。

私もまんまと落とされました。

あっちゃんは合間でちょいちょい出ていましたが、真骨頂は11話。

あそこはヤバかったですね…

あのカタリナとのやり取りが1番大好きなシーンです。

2人の関係が尊く、永遠過ぎました。

アンはカタリナのメイドさんですね。

アンの素晴らしさは9話に詰まっているでしょう。

そこがあっての11話の手を握るシーンですよ。

カタリナとアンも尊いんやなって…

男性キャラはキースくんが好き。

総括

文句無しで面白い作品でした。

「乙女ゲー」だから女性向けかとも思ったけど、全然そんなことないですね。

むしろ男性の方が好むのかもしれない…

異世界転生の違った意味での無双といった感じでしょうか。

なので、

男女問わず楽しめる素晴らしいアニメ。

といったところでしょうか。


『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』のアニメ制作に携わった方々に感謝を送ります。

ありがとうございました。


Advertisement

https://hamehura-anime.com/

© 山口悟・一迅社/はめふら製作委員会

「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」 Blu-ray vol.1
井上圭介(監督)
キングレコード (2020-05-27T00:00:01Z)
5つ星のうち4.7
¥6,627

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…カテゴリの最新記事