[本編まとめ]第3話 乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…X[感想・考察]

[本編まとめ]第3話 乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…X[感想・考察]

タイトル

囚われの身になってしまった…

誘拐事件発生

カタリナ誘拐事件が発生して一夜が経過。

カタリナが目を覚ますと、そこにはジオルドの兄イアンの婚約者セリーナがいました。

「危害は加えないから、事が住むまではここにいてほしい。」

「カネ目当て」かと交渉を行うも、誘拐をした理由はそうではない様子。

そして彼女は執事の「ルーファス」に操られるように部屋を去っていきます。

どこかも分からない場所に不安を覚えるカタリナ。

…と思いきや、美味しいお菓子と大好きなロマンス小説で悠々自適な生活を始めたのです。

誘拐されたことも忘れて楽しい時間を過ごすカタリナ。

その姿にメイドの「ララ」「噂通りだ」と笑うのでした。

ジオルドの元には手紙が届けられていました。

「カタリナを返してほしくば、王位継承権を放棄しろ。」

この問題を解決へと導くため、兄のジェフリーに力を借りるのでした。

婚約関係

夕食。

誘拐した相手であるカタリナを案じるセリーナ。

しかしカタリナ本人は誘拐を忘れるほどに快適な時間を過ごしていました。

カタリナは改めて誘拐した事情を尋ねます。

…が、ルーファスに止められ、操られるようにセリーナは部屋へと戻っていってしまうのでした。

カタリナの無事を祈り続けるメアリとアラン。

実は2人は先日、互いの間にある婚約関係について話し合っていました。

ジオルドの婚約者であるカタリナに想いを寄せているアラン。

たとえそれが叶わぬ恋だとしても、彼女を想い続けることをアランは決心していました。

そしてこれに巻き込むわけには行かないと、メアリとの婚約を解消してもいいのだと。

しかしメアリもまた、カタリナに対して叶わぬ恋をしているのです。

もしここで婚約を解消してしまったら、別の婚約者をあてがわれてしまう。

そうなればカタリナへの想いを諦めざるを得なくなってしまいます。

つまり、今のこの関係はお互いにとって都合のいい関係にあるというわけなのです。

2人は婚約関係を継続することを約束し、カタリナを救い出すことを誓い合うのでした。

誘拐の理由

正気を取り戻したセリーナはカタリナの元に向かい、事情を打ち明けることを決心しました。

セリーナの一番の望みは「イアンに王様になってもらう」こと。

そのための施策の1つとして「ジオルドに継承権を捨ててもらう」必要があるのです。

イアンが第二王子である一方、ジオルドはひとつ下にあたる第三王子。

しかし城内ではジオルドが王位継承を支持する声が上がり始めていたのです。

カタリナは自身のためにジオルドが王位継承権を放棄するなんて思っていません。

…が、セリーナはジオルドがカタリナのことを心から愛していることを理解しています。

事実、ジオルドはカタリナのために王位継承権を放棄してもいいと思っていました。

しかし放棄するにも時間がかかり、その間にカタリナに危害が加えられる恐れがある。

つまりはまずいち早くカタリナの居場所を見つけ出す必要があるのです。

今回の事件にも闇の魔力が関わっていることが確認されていました。

この痕跡を判別することが出来るのは光の魔力を持つマリアです。

…が、それでもカタリナが無事でいられる時間に間に合う保証はありません。

一同がカタリナの身を心配する中、そこにやってきたのはラファエルでした。

「カタリナには最強の護衛がついているから大丈夫だ」と。

セリーナはカタリナを始め、周囲の人間たちに劣等感を覚えています。

「魔力を持っていた」という理由でイアンの婚約者に選ばれたセリーナ。

彼と触れ合う中でセリーナは本当に恋に落ちていました。

しかし劣等生だったため、周囲の人間から「不釣り合いだ」という声が上がっていたのです。

「少しでもいいからイアン様の役に立ちたい…」

そんな思いでセリーナはカタリナの誘拐を決心したというわけ。

犯人

カタリナはセリーナに親近感を覚え、イアンに直接尋ねることを提案します。

彼は普段、感情を表に出すタイプではありません。

しかし「心の内ではセリーナのことを想ってくれているはずだ」と。

そして卑下し続けるセリーナに「友達になってほしい」とカタリナは手を差し伸べます。

励ましを受け、セリーナは立ち上がってイアンと向き合うことを決心。

第一歩としてカタリナの誘拐をやめることを決心しました。

…が、そこに待ったをかけてきたのはルーファスでした。

彼はセリーナに誘拐の罪を被らせ、イアン共々消えてもらおうと考えていました。

そして狙いはカタリナとジオルドにも向けられていたのでした。

Advertisement

感想・考察

誘拐事件発生

セリーナが犯人だとは思いませんでした。

…とはいえ、ルーファスに操られているようですけどね。

闇の魔力が禁忌とされたのもよくわかります。

そしてどんな状況でも快適に過ごしてしまうカタリナさんすごい。

ララは頼れるメイドですねこれは?

彼女がラファエルの送った護衛の正体なのかもしれない。

というか、この世界のメイドは誰も彼も頼りがいがありすぎる…


婚約関係

この2人のやり取り好きです。

恋愛関係としては微妙かと思いましたが、この展開で逆にフラグが立ちましたね?

少なくとも婚約の可能性は維持されたわけで。

ほんの小さなきっかけがあれば恋に落ちても違和感はないでしょうね。

個人的にメアリには想いを成就させてほしいですが。


誘拐の理由

ここでもカタリナの人たらし才能が顔を覗かせました。

むしろカタリナに落ちないキャラがどれぐらいいるのだろうか。

いろいろと思いはあれど、どこまでがセリーナの本心なんですかね?

誘拐を実行すること自体はルーファスの闇の魔力によるものだと思っているんです。

しかしセリーナのイアンの役に立ちたいという思いは本心ですよね。

この思いを捻じ曲げることで実行に移させたんでしょうか。

いや、そもそも誘拐を実行させたと思わせているだけなんでしょうか。

ルーファスが実行し、それを自分がやったとセリーナに思わせているだけなのかも。

セリーナは本当は健気で良い子なんだ…


犯人

カタリナとセリーナのいいシーンが見られたと思いきやの展開でした。

もっとカタリナとセリーナのやり取り見せて下さい…

ルーファスが裏でどこまで繋がっているのか気になるところですね?

実はジェフリーに繋がっている可能性も否定は出来なさそうです。

彼が諸悪の根源なのかもしれませんが…はたして。


https://hamehura-anime.com/

©2021 山口悟・一迅社/はめふらX製作委員会・MBS

『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…X』見るなら『dアニメストア』

絶賛配信中!

(毎週金曜日 26:00〜 最新話配信開始)

初めて登録する人なら初回31日間無料!

月額440円で現在放送中の話題作から過去の名作まで楽しめます!

登録はココから。


Advertisement

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…カテゴリの最新記事