[本編まとめ]第4話 乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…X[感想・考察]

[本編まとめ]第4話 乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…X[感想・考察]

タイトル

色っぽい執事と仲良くお茶をしてしまった…

ルーファスの過去

今回の事件の犯人がルーファスだと判明。

動揺したカタリナは夜も眠れない…かと思いましたが、昼まで爆睡していました。

その姿にはさすがのルーファスも驚かざるを得ません。

ここでもマイペースを発揮し、ルーファスにごはんを誘うカタリナ。

拍子抜けしたルーファスは口を開き始めたのでした。

今回、「主」の命令によって闇の魔力を使用してカタリナを誘拐しました。

彼は主によって有無を言わさず闇の魔力を身に付けさせられてしまいました。

元々スラムで暮らしていましたが、人買いに捕まって主に買われたという経緯があったのです。

話をするうちに互いに興味が湧き、敵対関係も忘れて歓談を楽しむカタリナとルーファス。

その中でルーファスの瞳をじっと見たカタリナはふと零しました。

「ルーファスの空の澄んだ色のような瞳が綺麗だ。」

そんなカタリナの言葉に、ルーファスは衝動的にキスしてしまいそうになってしまいます。

幼少期、親がいなかったルーファスは犯罪に手を染めることを厭わない生活をしていました。

彼の暮らしが一変したのは「ある男性」との出会いでした。

彼は外の世界からやってきた人間で、ルーファスに文字や計算を教えてくれました。

そして当時名前がなかったルーファスに「ソラ」と名付けてくれたのです。

理由は「瞳が青空のように綺麗」だから。

いつも彼にくっついていろんな話を聞いていたルーファス。

しかしある日、彼が病で倒れてしまったのです。

彼を治すにはスラムの人間では手に入らないような高価な薬が必要でした。

意を決したルーファスは金持ちの屋敷に盗みに入りました。

…が、不幸にも捕まってしまったのでした。

約束

夕食中もルーファスの外国の話に聞き入るカタリナ。

カタリナは国から出た経験がなく、外国に強い興味を持っています。

「連れて行ってほしい」とルーファスにカタリナはせがみます。

彼女は身分違いのルーファスに対しても対等に接してくれているのです。

ルーファスはカタリナに心を許し、それを了承。

するとカタリナは「約束しよう」とあるものを取り出してきました。

それは先日、学園祭で購入した水色の石。

偶然にも互いの瞳の色に似通った色をしているのです。

無邪気にはしゃぐカタリナを前に感情を抑えることができなくなったルーファス。

彼はカタリナをベッドに押し倒し、首元に口づけをします。

「俺のものにならないか。」

そこにメイドのララが「至急の手紙を確認してほしい」とやってきます。

行為を目前で中断されてしまい、渋々自室に戻って手紙を確認するルーファス。

中には切迫した現状についてが書かれていました。

逮捕は間近だと悟ったルーファスは最後にカタリナと言葉を交わします。

「約束を果たすまで石は預かっておく」と。

ララの正体

ルーファスは無事逮捕され、ジオルドたちも屋敷に到着します。

実はララの正体は魔法省に勤めるラファエルの上司「ラーナ・スミス」

そしてジオルドの兄ジェフリーの婚約者「スザンナ・ランドール」でもあるのです。

ジオルドが気付いたのはカタリナの首筋に残ったキスの痕。

カタリナ自身はそれを虫刺されだと誤解していました。

更に彼女はルーファスが情事に及ぼうとしたことを、闇の魔力の行使だと勘違いしていました。

「このままだと時間遅れに…」「別の人に取られたら我慢ならない」

事の逼迫さを悟ったジオルドはこの場でカタリナの唇を奪うのでした。

セリーナとイアン

一方、セリーナの元に現れたのはイアンでした。

カタリナの言葉で決心を固めたセリーナはイアンに尋ねます。

実はイアンはセリーナのことがどうしようもなく大好き。

しかしあまりに好きすぎるせいで、結婚前の今は接触を控えていたのです。

自らの行動が誤解を招いてしまったと反省するイアン。

そして彼はセリーナに「愛してる」と語るのでした。

Advertisement

感想・考察

ルーファスの過去

カタリナは神経が図太すぎるな?

だからこそ敵対する相手も心を許してしまうんでしょうね。

脳内会議での慌てっぷりが嘘のように眠っているところ好き。

ルーファスもなかなか暗いバックボーンを持っている様子。

男性や主の正体とか、まだ語られていない部分も多いですからね。

はっきりと分かったのは他のキャラよりも手が早くてチョロいことです。


約束

あの石がここで出てくるとは思っていませんでした。

キーアイテムはきっちり確保しているカタリナはやはり主人公。

ルーファスの緩さに目が行きますが、カタリナもなかなかに無学ですね?

変なところだけ警戒しているとも言えますが…

カタリナにとって闇の魔力を受けることは思っている以上にトラウマだったのかも。

いつの日かルーファスと外国に行くときが来るんでしょうか。


ララの正体

敵側なのかと思っていましたが、スザンナさんは味方だったんですね。

ジェフリー敵側疑惑はまだ捨ててはいませんけど!

スザンナさんは早くカタリナと交流を重ねて堕ちてほしいものです。

というか、よくメイドとして入り込めましたよね。

結構前からルーファスへの疑惑はあったということなんでしょうか。

つまりルーファスの主の正体も既に掴んでいるんですかね?

そしてどさくさ紛れで先を越したジオルドくん…

これは後々袋叩き決定ですね、間違いない。


セリーナとイアン

お互いは分かっていなかったものの、本当はラブラブだったんだなって。

セリーナさん、よかった…

あとは捕まったりしなければいいんですが、どういう沙汰が下されることになるんでしょう。


https://hamehura-anime.com/

©2021 山口悟・一迅社/はめふらX製作委員会・MBS

『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…X』見るなら『dアニメストア』

絶賛配信中!

(毎週金曜日 26:00〜 最新話配信開始)

初めて登録する人なら初回31日間無料!

月額440円で現在放送中の話題作から過去の名作まで楽しめます!

登録はココから。


Advertisement

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…カテゴリの最新記事