[本編まとめ]第9話 乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…X[感想・考察]

[本編まとめ]第9話 乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…X[感想・考察]

タイトル

キースがいなくなってしまった…(前編)

キースの家出

ジオルドから毎日のようにプレゼントが届き、カタリナは頭を悩ませていた。

そんな一方、いつも優しくしているのはキース。

粗暴な性格にあった元の世界での兄とは違い、キースはカタリナにとって心休まる存在だったのだ。

しかし実家に戻ってきた日、キースが姿を消してしまう。

翌日には家出を示唆した手紙がキースから送られてきたのだ。

カタリナの母は「カタリナのお守り」がキースの負担になっていたのだと推測。

カタリナはキースに謝り、何かプレゼントするため、キース捜索の旅に出ることを決心するのだった。

キース捜索の旅にジオルドも同行することを名乗り出た。

最初の一手として、ジオルドはラーナに手を借りることを提案した。

彼女が開発していたのは魔法道具「人捜しが出来るクマのぬいぐるみ『アレキサンダー』」

元々は「ある変質者(ジェフリー)」に頼まれて(弟の居場所を知るため)作られたものだった。

アレキサンダーに居場所を示してもらうため、カタリナはキースの部屋にある私物を探す。

そこにあったのはキースの宝物入れ。

中には今までカタリナがあげたプレゼントで詰まっていたのだ。

キースを捜して

旅立ち当日。

同行者としてマリアとルーファスことソラも加わることになった。

アレキサンダーが示した方角へと向かい、キースの足取りを追うカタリナたち。

しかし一向にキースの情報が見つかる様子はなかった。

その間、カタリナが聞いたのは「ラーナと魔力の関係」について。

幼い頃、何でも簡単にできたラーナは世界に退屈をしていた。

そんな彼女に知人から渡されたのは「魔力に関する蔵書」

読み終えたときには魔力に夢中になり、自分で試し始めたときには沼の中。

今ではラーナにとって魔力は「世界の彩る全て」となっていたのだった。

仄暗い地下で目を覚ましたキース。

彼はカタリナへのプレゼントを買いに行った際、ある知人女性に拉致されていたのだ。

そこにやってきたのは兄「トマス」

幼少期、キースは「愛人の子」と罵られ、彼に虐められていた。

当時とは変わらず、トマスはキースに手を上げるのだった。

Advertisement

感想・考察

キースの家出

ジオルドがアレなだけに、キースがめちゃくちゃいい子に見えてしまいます。

彼だけが癒やし…だったのにいなくなってしまうとは。

その責任をカタリナに押し付けられるのは日頃の行いでしょうか。

ママリナはもう少しカタリナを信じてあげて…

ラーナさんの登場が増え、キャラの色が分かってきました。

思っていたよりも女の子らしいところがあったんだなって。

相変わらずジェフリーに対しては辛辣ですが。


キースを捜して

ジオルドがいるのは不安でしたが、マリアにラーナもいるなら安心だな!

一方でキースは危機的状況に。

彼の前に最初に現れたのは彼を生んだ母親なんでしょうか。

目的は一体何なんでしょう。

身代金かとも思いましたが、手紙の内容からしてそれはなさそうですね。

鍵を握っているのはいかにも闇の魔法を使いそうな怪しい女性でしょう。

キースを虐めたいだけである可能性が…?


https://hamehura-anime.com/

©2021 山口悟・一迅社/はめふらX製作委員会・MBS

『はめふらX』見るなら『dアニメストア』

絶賛配信中!

(毎週金曜日 26:00〜 最新話配信開始)

初めて登録する人なら初回31日間無料!

月額440円で現在放送中の話題作から過去の名作まで楽しめます!

登録はココから。


Advertisement

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…カテゴリの最新記事