[本編まとめ]第10話 乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…X[感想・考察]

[本編まとめ]第10話 乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…X[感想・考察]

タイトル

キースがいなくなってしまった…(中編)

キース捜索の旅

旅の途中、カタリナは屋台で素敵なブローチを見つける。

ジオルドはこれをプレゼントする機会に乗じ、カタリナとの仲を深めようとしていた。

…が、そこに割って入ったのはソラ。

実は魔法省にメアリから「カタリナの身の安全を確保する」依頼が届いていたのだった。

大切な友人との旅の楽しさを心から実感するマリア。

一方、カタリナはアレキサンダーとの壮絶なバトルを繰り広げていた。

家出の真相

長い間囚えられているキースだったが、一向に心が折れる様子はなかった。

そんな彼のもとに現れたのは謎の女性「サラ」

彼女はトマスからある依頼を受け、キースを誘拐していたのだ。

内容は「キースを公爵家の高みから底辺へと堕ちる」ことだった。

未だ落ちる様子がないキースを、サラは「闇の魔法の実験体」として使うことに。

サラが求めていたのは「強い精神力を持つ」実験体だったのだ。

寂れた町「ノワール」にやってきたカタリナたち。

そこでマリアが見つけたのは「闇の魔力の気配」だった。

それを知ったラーナはカタリナたちに語り始める。

キースは家出ではなく「誘拐」

キースの失踪当日、数年ぶりに実の母親が接触していた。

彼女はキースの誘拐犯の闇の魔力によって操られていたのだ。

つまりマリアが目にした人物こそ、キースを誘拐した張本人だったのだ。

カタリナたちはキースを助けに行くため、町外れの屋敷へと向かうのだった。

Advertisement

感想・考察

キース捜索の旅

ただでメアリが見送るわけいとは思っていましたが…さすがとしか言いようがありませんね?

ジオルドにとってはメアリこそラスボスとなりうる存在かもしれない。

今回はマリアに譲りましたし、次はメアリの猛追を見たいところです。

マリアの幸せそうな表情は見られてよかったです…

やはりカタリナと2人で魔法省に行っているところは見たいものですね。


家出の真相

ついに諸悪の根源が顔を覗かせました。

サラはともかく、トマスの動機に関しては酷いものですけどね…

むしろトマスもサラの闇の魔力で操られていてほしいと思うほどです。

次回はついにキース編の後編。

闇の魔力に操られたキースと戦うことになるんでしょうか、はたして。


https://hamehura-anime.com/

©2021 山口悟・一迅社/はめふらX製作委員会・MBS

『はめふらX』見るなら『dアニメストア』

絶賛配信中!

(毎週金曜日 26:00〜 最新話配信開始)

初めて登録する人なら初回31日間無料!

月額440円で現在放送中の話題作から過去の名作まで楽しめます!

登録はココから。


Advertisement

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…カテゴリの最新記事