[感想]第10話 天晴爛漫![考察]

[感想]第10話 天晴爛漫![考察]

タイトル

第10話 The Bridge To Hell

Aパート

リスタート

ついに大陸横断レースリスタートの時。

リスタートは列車の発車と同時刻になりました。

これはつまり「鉄道と自動車の覇権をかけた争い」にも繋がるのです。

スタートの合図とともに飛び出していく一同。

個々それぞれが色を出しながら前へと進みます。

天晴も「ハイブリッドモード」を使用して他の車に追従。

そんな最中に見えてきたのは「湖の大鉄橋」

この場所を鉄道か車か、どちらが先に通るのかはレースの見どころ。

どちらが勝利するかによって、今後の覇権争いにも影響してくるのです。

車への好評が増える中、鉄道車内の重役は「あいつを呼べ」と部下に指示。

一方その頃、同じく車内にいるソフィアははしゃいで応援していました。

その気持ちに同感するのは同席しているリチャード。

とはいえ、彼は「レースで競い合う」ことを好んでいません。

つまり、レースの棄権には既に心残りはないというわけ。

ソフィアは彼の「優しさ」を見つつ、レーサーの無事のゴールを祈ります。

その祈りを見てリチャードもまた祈ります。

「あなたの祈りが神に届きますように。」

ギル・T・シガー

そんなとき、リチャードは1人の男から呼び出し。

リチャードが呼ばれた場所は鉄道会社の重役のもとでした。

彼はレースが盛り上がりつつあるこの状況を危惧しています。

もし車に鉄橋を先行されでもしたら、鉄道の覇権が奪われる危険性もあります。

それを防ぐため、リチャードもといギルを雇ったのです。

しかし当の本人は列車からただ眺めているだけ。

そんな彼に重役は行動することを促したのです。

するとギルは彼を列車から放り出してしまいます。

「俺に命令していいのは俺だけだ。」

ギルは軽い足取りと口笛とともに行動を開始。

レースは車が列車を追い抜き、車が勝利目前。

そんなとき、ギルはソフィアに言ったのです。

「お前の祈りは神には届かない。私がギル・T・シガーだからだ。」

そのタイミングに列車が爆発し、手下が次々に車内へと乗り込んできます。

鉄道は瞬く間にギル一味により占拠され、レーサーの進行も止めてしまいます。

列車は鉄橋の途中で止まり、アルが心配するのはソフィアのこと。

すると、列車の中からリチャードが助けを求めてやってきたのです。

小雨は彼を心配して駆け寄ろうとするも、ディランがそれを止めます。

そして立ち上がったリチャードはギルとしての素性を明かすのでした。

Bパート

ギル無双

ギルの登場に動揺するレーサーたち。

一方、ギルは1人で手下を5人倒した小雨を褒め称えます。

彼にとっては世界は「暴力が支配する」場所。

力で勝ち取ったことに異を申すはずはないのです。

しかし、力以外で立ち向かおうとする相手にはギルは容赦がありません。

そこでギルに立ち向かったのはアル。

彼はソフィアの様子について尋ねます。

するとギルが胸元から取り出したのは「血の付いたソフィアの帽子」

アルはそれに激高し、銃を抜こうとするも逆に撃たれてしまいます。

なんとか小雨たちが危機を振り払うも、ギルの優勢が変わる様子はありません。

そんな彼に向かっていったのは同じサウザンドスリーのディランとTJ。

しかしそんな彼らに対してもギルは全く臆さずに侮辱するばかり。

手下に「誰か逃げようとしたら殺せ」と指示し、2人を相手にし始めます。

TJとギルの撃ち合いは互角の様相を呈します。

…が、そこでギルはギアをアップ。

それにより、ギルが優勢になり始め、後はトドメを刺すだけ。

そこにディランが手を貸し、TJは既のところで難を逃れます。

ディランの行動に怒ったのは手下の1人。

彼はディランを撃とうとするも、ギルが先に彼を撃ち殺してしまいます。

彼は仲間であろうと「自分の命令に反する人を許せない」のです。

この状況に興醒めしたギルは撤退を開始。

列車内の客を次々に降ろし、その中にはソフィアの姿もありました。

…が、彼はソフィアを人質に取ってしまったのです。

人質を返す条件につけたのは「レースの賞金総額151万ドル」

ギルはアルの車の上に乗ってレースの終了を高らかに宣言します。

それに異を反する天晴でしたが、その頬をギルの弾丸が掠めたのです。

「俺に命令するな、次は殺すぞ。」

ギルは「大切なものを奪う力がある」と言い、シャーレンの車を何発もの弾丸で撃ち抜きます。

さらにその手に握られているのはディランのペンダント。

彼はディランとの戦いの中でくすねとっていたのです。

「クラウディアはお前のせいで死んだ。」

そんなギルの言葉に蘇るディランのトラウマ。

ディランが「戦争に夢中」になっている間に彼女が死んでしまいました。

その罪滅ぼしに、彼女が育ち働いていた孤児院の再建をディランが行っているのです。

「お前がクラウディアを殺した。」

ディランを追い込んだギルが次にやってきたのはホトトのもと。

「次は母親を殺してやろう。今度は仇が討てるかな?」

激高したホトトは手斧を投げますが、逆に投げ返されてしまいます。

小雨の最期

ギルは自らの力を誇示するため、天晴号や他の車を燃やし弾丸で撃ち抜いてしまいます。

それを止めようとした天晴。

そんな彼にギルは弾丸を放ちます。

天晴が撃たれたと思いきや、小雨が身を挺して庇ったのです。

小雨にとって天晴は「希望」

彼が今ここでギルに殺されることは許せなかったのです。

ギルは人質のソフィアとともに鉄道に乗って移動。

さらにダイナマイトで鉄橋の一部を壊してしまいます。

一方、天晴たちは小雨の治療に手を尽くします。

病院に行く必要がありますが、どの車も壊されてすぐには動きません。

動揺する天晴を死の間際にいながらに小雨が諭して言います。

「諦めるな天晴、レースはまだ終わってない。

お前なら必ずゴールできる。Here we goさ…」

小雨の意識はなくなり、天晴の呼びかけに答えることはなくなったのでした。

Advertisement

さいご

というわけで、天晴爛漫10話でした。


リスタート

前回の小休止を経てようやくレース再開。

天晴号も進化を遂げてここから、ってところですが…

これもレースをやる状況じゃないでしょ。


ギル・T・シガー

ついにギルが動き始めましたね。

初っ端から飛ばしてますね、雇い主殺しちゃうって。

登場を勿体ぶった分、やばい雰囲気漂ってますね…


ギル無双

強すぎて勝てる気しない。

それこそ力で相手をするのは勝ち目がないでしょうね…

ディランも言葉責めで簡単にのされちゃいましたし。

まだまだ暴れまわってくれそうです。


小雨の最期

まさかここで小雨が退場するとは思いませんでした。

生きている希望も抱いてましたが、予告見る限りそうでもなさそう…

天晴と小雨、2人で日本に帰る姿を思い描いていたのに…

これは無事にレースが終わっても天晴は帰らなさそうですね?

天晴のお姉ちゃんには元気な顔を見せてあげてほしいですが。

というか、小雨退場は衝撃が大きすぎます。

めちゃくちゃショックですね、好きだったキャラなので…

他のキャラへの影響も大きそうですね。

特に天晴とホトトは重症でしょう。

さてここからどうなるのか。

天晴の心も車もバキバキに壊れていそうですが…

誰が天晴を奮い立たせるのかは気になりますよね。

そしてOP明けの小雨の呟きの後は誰が継ぐのか…


というわけで、また次回。


Advertisement

http://appareranman.com/

©2020 KADOKAWA/P.A.WORKS/天晴製作委員会

天晴爛漫!カテゴリの最新記事