[本編まとめ]第5話 幼なじみが絶対に負けないラブコメ[感想・考察]

[本編まとめ]第5話 幼なじみが絶対に負けないラブコメ[感想・考察]

タイトル

記憶カケル少女/タコさんウインナーの罠

三姉妹の願い

末晴に文化祭でフラれてからの記憶を失ってしまった黒羽。

妹たちによると、彼女の異常だった味覚もまともに戻ってしまっているとのこと。

一方で末晴は芸能界の復帰についても未だ悩んでいるまま。

そんな彼に黒羽の末妹「朱音」「ポジティブな気持ちで選んでほしい」と言うのだった。

記憶喪失

記憶を失った黒羽だったが、末晴に植え付けられた黒羽へのトラウマは未だ消えぬまま。

そこで2人は改めて関係をやり直して築いていくことを約束する。

一方、白草は黒羽が虚言を吐いている可能性を抱いていた。

それを解消するべく、末晴は黒羽のトラウマ「タコさんウィンナー」で攻勢をかけることに。

しかし黒羽は何の疑いもなく食べてしまう。

その光景に末晴は黒羽が真実を言っていると確信するのだった。

選択

末晴の芸能界復帰について哲彦が意見をする。

「高校生のうちは高校生らしいことをしておくべきだ。」

彼はエンタメ同好会で「群青チャンネル」を開き、末晴とともに盛り上げようとしていたのだ。

白草もそれに参加することになり、末晴も興味が湧き始める。

そして最終的な判断を決めるために末晴たちは事務所へと踏み込む。

社長「ハーディ・瞬」が話し始めようとする矢先、黒羽はお断りを申し出る。

しかし瞬は全く引き下がろうとせず、挙句の果てには貶し始めたのだ。

「俺の幼馴染をバカにするな。」

それには末晴も感情を爆発させたのだった。

Advertisement

さいご

三姉妹の願い

三者三様のカラフルシスターズはかわいい。

黒羽も加わって4人一緒に物語が動く展開がどこかで見たいものです。

3人の中では朱派です。


記憶喪失

黒羽は記憶喪失のフリをしているんだと思っていましたが、本当のところはどうなんでしょう。

関係をやり直していくという思惑通りの結果に落ち着いていきそうですしね。

味覚の変化とある一部分の記憶がなくなる関係性はよくわからないですね?

その記憶の中に味覚の変化が起こる出来事があったわけでもないでしょうし…

特に深く考えることでもないんでしょうか…?

「あーん」で口を閉じる黒羽はかわいい。


選択

思っていた以上に哲彦が物語を回す大役を担うようになっていますね。

彼の最終的な野望がどこにあるのかはわかりませんが。

ヤバいことであっても、まあ末晴が楽しければいいんじゃないでしょうか…

末晴の企みが邪悪すぎて好き。

2人がどういう選択をするかもそうですが、真理愛の目的も気になりますね?

彼女としては末晴が事務所に入ってほしい感じなんでしょうか。

まさか誰かにイケないことをされていたりとか…


https://osamake.com/

©2021 二丸修一/KADOKAWA/おさまけ製作委員会

『幼なじみが絶対に負けないラブコメ』見るなら『dアニメストア』

絶賛配信中!

(毎週水曜日 24:00〜 最新話地上波最速同時配信開始)

初めて登録する人なら初回31日間無料!

月額440円で現在放送中の話題作から過去の名作まで楽しめます!

登録はココから。


Advertisement

幼なじみが絶対に負けないラブコメカテゴリの最新記事