[本編まとめ]第6話 幼なじみが絶対に負けないラブコメ[感想・考察]

[本編まとめ]第6話 幼なじみが絶対に負けないラブコメ[感想・考察]

タイトル

最後に笑う者

CM勝負

ハーディ・瞬に怒りを露わにする末晴。

一方で瞬も末晴の行動に怒りを爆発させていた。

そこに姿を現したのは、白草の父でありCM撮影のスポンサー「総一郎」だった。

しかし話は平行線のまま。

そこで真理愛はこの場を丸く収めるために「CM勝負」を提案する。

もし瞬が勝利すれば、思惑通りに末晴を芸能界に復帰させる。

末晴が勝利すれば、今回の事態の円満終息化と真理愛が事務所を退所することになった。

真理愛の過去

幼少期、真理愛には不仲な両親がおり、家での生活に愛想を尽かして姉の「絵里」とともに家を出た。

中学を卒業したばかりの絵里は幼い真理愛のことを懸命に養ってくれた。

しかし真理愛は何もかもに嫌気が差していた。

瞬にスカウトされて事務所所属になった時、真理愛は末晴と運命的な出会いをした。

彼は全てに嫌厭していた真理愛に喝を入れ、闇から救い出してくれたのだ。

それ以来、真理愛は末晴に追いつくために頑張り始めた。

…が、末晴が無期限休養してしまい、再び真理愛は闇の中に落ちてしまったのだった。

真理愛は順調にCM撮影を終え、対戦相手である「群青同盟」のCMに目を落とす。

それは単一では真理愛を納得させられるものではなかった。

しかし彼らはCMとは別にもう1つの作品を作り、主題をより強調させていたのだ。

「何気ない日常を貴重に感じさせる。」

末晴の衰えのない姿を見て、真理愛は再び闇の中から抜け出し始めたのだった。

思惑

CM勝負は群青同盟の圧勝に終わった。

そこには発起人として活躍した哲彦の思惑が関係していた。

実は哲彦の父親は瞬であり、彼への復讐をしようとしていたのだ。

そのために瞬の事務所のスターとして活躍した末晴に近付いたという経緯があった。

一方、哲彦の胸の内に孕んだ思惑を知って近付いたのは黒羽。

彼女は今回の件で自らの思惑を有利に進めるため、哲彦との共闘を申し込んだ。

目的は「末晴に芽生えた黒羽のトラウマを消す」こと。

そのために黒羽は記憶喪失のフリをして、自らが瞬に貶されるように仕向けたのだ。

黒羽の施策は見事に成功し、末晴との関係は元通りになったのだった。

事務所を辞めた真理愛は末晴たちの高校に転入してきた。

実は彼女が助けを求めていたのは、瞬と揉めていたからではなく「愛に飢えていた」から。

Advertisement

さいご

CM勝負

全てを真理愛が仕組んだと思えるほど、いい感じに展開が進んでいきましたね?

目的としては目標とすべき末晴の活躍を見るためなんですよね。

どう転んでも真理愛にとって都合の良い展開が待っていたのかもしれない。


真理愛の過去

絵里さんはいいお姉ちゃんでしたね…

芸能活動のおかげで恩を返すことが出来ているのも微笑ましくてとてもよかったです。

頭にタオル巻いてる真理愛はかわいい。


思惑

哲彦の裏がようやく見えてきました。

気になるのは父親を嫌い始めたキッカケですね。

やはり芸能の分野で2人の間に何かがあったんでしょうか。

そしてこの復讐はこれだけで終わるのか、はたして。

黒羽は頭がいいと言うか、腹黒と言うか…思ったよりも癖の強い子ですよね。

記憶喪失のフリもそうですが、個人的には末晴に庇ってもらおうとするってのが怖い…

真理愛も少しサイコな面も見え隠れしてしまいましたしね。

今回は黒羽と真理愛が裏でいろいろ企みすぎて、逆に白草のピュアっぷりが目立ちました。

もう白草しか信じられない…

CMの主題と真理愛が転入してきた1つの理由になっているのいいですよね。

これからは真理愛を加えた何気ない日常(?)が始まるんだろうなって。


https://osamake.com/

©2021 二丸修一/KADOKAWA/おさまけ製作委員会

『幼なじみが絶対に負けないラブコメ』見るなら『dアニメストア』

絶賛配信中!

(毎週水曜日 24:00〜 最新話地上波最速同時配信開始)

初めて登録する人なら初回31日間無料!

月額440円で現在放送中の話題作から過去の名作まで楽しめます!

登録はココから。


Advertisement

幼なじみが絶対に負けないラブコメカテゴリの最新記事