[本編まとめ]第12話 幼なじみが絶対に負けないラブコメ[感想・考察]

[本編まとめ]第12話 幼なじみが絶対に負けないラブコメ[感想・考察]

タイトル

おさかの

共演

瞬が起こした騒動の火消しは順調に進み、あとは真のエンディングを作成して配信するだけ。

真理愛が出演することは決まっていたが、協力会社は白草と黒羽の出演も指名。

それは群青チャンネルで有名になった2人の話題性を重視したからだった。

黒羽の思い出

白草と真理愛が終わり、最後は黒羽のターン。

末晴を連れてきた場所は「思い出の秘密基地」だった。

家が隣同士の黒羽は幼なじみとして末晴の全ての面を知り尽くしていた。

ある日、母親と喧嘩になって黒羽は家出をした。

その途中に末晴を見かけて、彼が向かう場所まで尾行。

到着した場所こそ「秘密基地」だったのだ。

そこで2人は悩みを打ち明け合い、ともに特別な繋がりがあると実感したのだった。

おさかの

黒羽は末晴に対して「大事な話」を持ちかける。

「大好きだよ。」

今までの弁明をして仲直りを果たしつつ、末晴に究極の選択を強いたのだ。

それでも白草と真理愛という存在がある以上、末晴には即決することはできなかった。

そんな彼に黒羽が下したのは「時間切れ」

さらに1つの概念を末晴に提唱したのだった。

「おさかの」:幼なじみ的で抑えておきたい彼女。

黒羽も末晴が判断を下せない理由があることは重々承知していた。

そのために「お互いに何かあったら付き合おうと約束する関係」になる提案をしたのだ。

そんな美味しい話を末晴が飲まない理由がなかったのだった。

番組の撮影は終了し、評判も上々のままに騒動の幕は閉じた。

今回の一番の勝者は「黒羽」。

沖縄旅行終了時点では白草の追い上げによって危機に瀕していた。

さらに白草の丸家への同居が決定打ともなりかねない状況にあったのだ。

それを打開するべく、お互いに「制限」を設けることによって白草に同居を譲らせた。

そして哲彦をも驚愕する策「おさかのの提唱」

末晴にフラれそうだと見るや否や、落ち着きやすいポジションへと方向転換したのだった。

ドキュメンタリーの好評っぷりが影響し、末晴のファンクラブが設立された。

それを煙たく感じているのは白草と黒羽と真理愛の3人。

「クズが湧いた」「身の程を知らしめなければ」「ぶっ潰す」

末晴を競って争い続ける3人の意志が見事に共通した瞬間だった。

3人の存在

真のエンディングで主人公を演じる末晴は6年ぶりに目を覚ます。

その姿に喜ぶ役者の白草と黒羽と真理愛。

「君たちがいたから戻ってこれた、他には何もいらない。」

末晴は感謝の気持ちを3人に抱くのだった。

Advertisement

さいご

共演

恋愛レースをさらに加速させるかのような采配ですね?

とはいえこれが最高の形を導いたわけですか、すごい嗅覚。


黒羽の思い出

白草も真理愛も幼なじみではありますが、やっぱり黒羽が一番の幼なじみですよね。

隣に住んでいて子どもの頃からずっと一緒にいるというアドバンテージは強すぎます。

黒羽が妹たちの面倒を見させられることを嫌っていたことがあったのは意外でした。

面倒見は良さそうなので、むしろ好き好んで面倒を見ているのかと思いました。

今でもちゃんと面倒を見られているのは末晴と悩みを共有しあったからでしょう。

やはり幼なじみは強い、改めて実感するシーンでした。


おさかの

これは恋愛巧者ですね、間違いない。

前回までで大きく遅れを取っていたと思いきや、一気に元のトップに早変わりですよ。

私は黒羽を侮りすぎていたのかもしれない、反省しなければ…

とはいえ、めちゃくちゃ面白い切り返しで感心してしまいました。

黒羽的にはかなり悔しい結果かもしれませんけどね。

笑顔を作りきれていないところにそこはかとない本心を感じる。

やはりここで恋人の座を射止めたいという気持ちは強かったのでしょう。

しかし現段階では間違いなく黒羽が大きくリードしているでしょう。

この後の展開で白草や真理愛がどう巻き返してくるのか、めちゃくちゃ楽しみですね。


3人の存在

このシーンも末晴の現実とリンクしている感じが好きです。

今の末晴にとっても3人のおかげで今があるわけですよね。

既に末晴にとっては大きな存在になっているんだなって。

あとは誰が恋愛レースの勝者となるか。

続編の作成もあればいいなと願っています。


https://osamake.com/

©2021 二丸修一/KADOKAWA/おさまけ製作委員会

『幼なじみが絶対に負けないラブコメ』見るなら『dアニメストア』

絶賛配信中!

(毎週水曜日 24:00〜 最新話地上波最速同時配信開始)

初めて登録する人なら初回31日間無料!

月額440円で現在放送中の話題作から過去の名作まで楽しめます!

登録はココから。


Advertisement

幼なじみが絶対に負けないラブコメ1 (MFコミックス アライブシリーズ)
井冬 良(著), 二丸 修一(その他), しぐれうい(その他)
5つ星のうち4.5
¥458

幼なじみが絶対に負けないラブコメカテゴリの最新記事