[感想など]第2話 炎炎ノ消防隊[ネタバレあり]

[感想など]第2話 炎炎ノ消防隊[ネタバレあり]

第弐話 消防官の心

第8特殊消防隊の新人隊員はシンラだけではなかった。

新たに配属されて来た新人は、

なんとシンラの訓練校からのライバル、自称・騎士王のアーサーだった。

シンラとアーサーはケンカばかりしながらも、

オウビ、ヒナワ、マキから消防官としての知識・強さを学んでいく。

しかし、そんな中、舞い込んだ緊急出動の現場で

”焰ビト”の鎮魂という特殊消防隊の使命に必要なものは、

知識や強さだけではないことを二人は知ることになる――。

金髪の少年が教会を訪れます。

どうやら新人さんのよう。

今度、「消防官新人大会」が行われるとの話。

今年入隊したルーキーだけで競い合う大会で、参加するのは
森羅と今日入隊予定の新人が参加するようです。

またルーキーだけでなく、ほかの隊員も大会に来るとか――。

森羅に幼少時代の記憶が呼び起こされます。

当時の事故を知っている消防隊員がいれば何か聞けるかも。

そんなことを考えていると、現れたのは新人くん。

顔見知りのようで森羅を悪魔と呼び、森羅は彼を騎士と呼びます。

ですが、なんだか仲は良くないみたい…

茉希さんが教会屋上で火を起こして操っています。

茉希さんは炎を操ることの出来る第二世代

第三世代と違って着火剤が必要

つまり何もないところに火を起こす能力は無いんですね。

プスプスちゃん。

そこに現れたのは森羅と新人。

なんか喧嘩してます。

彼の名前は「アーサー・ボイル」「騎士王」を名乗っています。

姫君と呼ばれて喜ぶメルヘン脳。

昔は「騎士」を自称していたようですが、森羅が「ヒーロー」よりしょぼいと
言い続けていたら、そのうち「騎士王」を名乗るようになったとか。

なんという小物感。でもモテるアーサーには嫉妬しちゃう森羅。

そして「騎士王」を自称しつつも、時々「王」をつけ忘れるドジっ子。

属性盛り過ぎじゃないっすか!

アイリスに森羅もかっこいいと言われ喜んじゃう。

すごい活躍でしたからね。実際かっこいい。

そこに火縄さんが登場。

二人よりもプスプスが気になる御様子。

無事消火。

消防官が火で遊ぶなとご立腹です。

あ、正論ですね…


火縄さんとアーサーの会話。

でもアーサーは火縄にタメ口。

思わずアイリスもラートム…

怒るかと思いきやそんなことはなかった。

実力主義ってやつでしょうか。

そこで二人の実力を見たいということで茉希さんがお相手。

茉希は元軍人で、相手が第三世代であろうと引けは取りません。

まずは森羅から。

茉希が素早い動きで攻撃を加えてきたところを、炎を使って逃げます。

しかし茉希は炎を操る能力者。

森羅の炎を消してしまいます。

落ちてきたとこを発勁。

森羅を屋上から落としてしまいます。

なんという鮮やかさ…

まだトレーニングしてる…

森羅は炎を使ってなんとか着地。

案外冷静な判断もできます。成長しました。

次はアーサーの番。

「エクスカリバー」を使用します。

やっぱり円卓の騎士じゃないですか。

茉希は森羅と同じように剣を操ろうとしますが、不発。

プラズマを使っているようで簡単にはできないんですって。

それでも格闘で簡単にやっつけちゃう茉希さん。

これが力の差ってやつです。

アーサーは姫ではなくオーガかと言いますが。

茉希さんにとってそれは着火点。

誰がゴリラサイクロプスかと怒り始めますが、そこまでは言ってません…

戻ってきた森羅。

オーガみたいな顔と言われ、堪忍袋の緒が切れます。

やっぱりゴリラサイクロプスじゃん…

炎を消せないのなら操ってしまえばいい理論。

メラメラちゃん。

えぷすかりばー。

火縄曰く、茉希さんは魔女だと。

腹筋がよい。

炎を操って一つにしちゃいます。

「いでよ!ボボボーボボーボボ!!」

ジャンプ系列ではありませんがセーフ。

アイリスもこの呆れ顔。

さすがに二人は降参。

ボーボボは無事火縄さんにより消火されました。

力量をまざまざと見せつけられた二人なのでした。


なんでも勝負する二人。

アーサーは既に桜備になついている模様。

人心把握が上手いんですよ。

食後に訪れたのは射撃場。

「七式消防戦斧」。

引き金を引けばセイクリッドスパイクが斧の先から射出されるとか。

武器は大事です。

特に桜備は無能力者なので、常に装備が必要でメンテナンスも必須。

メンテナンスは火縄が担当。なんかいじるの好きみたいです。

そこに鳴り響く警報。

焔ビトの発生です。出動の時間。


今回は戸建住宅での発生。

周りに影響が出ないようするためにも森羅は七式を装備。

武器は防火コートに隠しておくよう、
また公には絶対に見せてはならないと忠告されます。

到着しましたが、物凄く静かな現場。

今回は彼女のお父さんが焔ビトになってしまったようで、
2年前にはお母さんが焔ビトになった事故があったと。

残酷だ。

桜備は現場で最近おかしな事故が多発していると注意し、
突入準備を命じます。

二人は武器を手に持ちます。

それを見た桜備は二人を脇道に呼び出します。

武器は公には見せてはならない。

武器とは相手を傷つけるものです。

「我々特殊消防隊の任務は焔ビトと戦い、鎮魂することだ。

焔ビトは元人間。鎮魂を名目にしてはいるが、俺たちのやっていることは…」

消防官の中には焔ビトとの戦闘に喜びを求める人もいるようですが、
残された遺族がその様子を見たらどうでしょうか。

大切な人間が殺されるのをまざまざと見せつけるべきではない。

「遺族の前で武器は決して見せるな。それができないやつはうちにはいらん。」

残された人に寄り添えなきゃ、真のヒーローではありません。


現場に現れる怪しい男。

瓶の中の粉を使うと、現場から発火。

炎が嘲笑っているかのようにも見えますが、
自我のない焔ビトにはそんなことはできません。

急いで現場に乗り込むことに。

中は非常に静か。焔ビトはただただ座っているだけ。

それでも焔ビトでいることは苦痛の伴うもの。

アーサーが鎮魂をすることに。

桜備は慣れるのが一番怖いと話します。

焔ビトを鎮魂、人を殺すことに慣れてはいけない。

と、その時黒い粉が舞い、現場が崩落を始めます。

悪意ある第三者の仕業と踏んでいるようで、
桜備は遺族の思い出が詰まった現場を荒らすのは許さないと言い、
犯人を捕らえることを胸に誓います。

ひとまず退却。

怯える彼女に桜備は声をかけます。

「お父さんは炎に勇敢に立ち向かい、勝ちました。

ミカコさんのお父さんもお母さんも、貴方を炎から守ってくれたのでしょう。

私はそう思います。」

親子の写真は未だ残り続けています。

これも両親が炎と戦った結果なのでしょう。

消防官として出来ることはほんの些細なこと。

だから出来る限り遺族に寄り添い、炎の海に飛び込むのです。


寝室。

寝られない森羅にアーサーは声をかけます。

「目をつむれば見えることもある。」

気遣い合う二人。

仲が悪いといえど、同じ風景を見た者同士です。

なお「王」を忘れるアーサー。


これから森羅は人体発火現象を止めるために奔走するのです。


というわけで炎炎ノ消防隊2話でした。

今回はアーサーの加入。

茉希さんの戦闘スキル。

現場で武器を持つということ。

そして黒幕の登場がありました。


アーサーは見事な残念イケメン。

自分で王を名乗っちゃう。すぐつけ忘れるけど。

喧嘩してましたけど、森羅とは意外と合いそうですね。

二人で高めあって力をつけていってほしいです。


次に茉希さん。

尋常じゃない強さでした。

さすが元軍人さんですね。

ただ力が強い、戦闘に慣れているだけでなく、
戦いを熟知しているという感じでした。

軍という暑苦しいところにいたからこそ、メルヘン脳が開花した可能性が。

炎にキャラ付けしちゃうとことか、スイーツ(笑)じゃないですか!

私はすごく好きなキャラです。包容力が大事。


最後に黒幕ジョーカーさん。

もういかにも悪そうな人相をしていました。

人体発火現象自体を起こすことが出来るのか、
はたまた、出来ることは僅かのただの愉快犯なのか。

今後気になるところではないでしょうか。


これから森羅の心の成長が大事になってきそうですね。

もちろんアーサーもですが。

桜備のような立派な人間になることを期待しています。


ということで今回はこのあたりで。



© 大久保篤・講談社/特殊消防隊動画広報課

炎炎ノ消防隊カテゴリの最新記事