[本編まとめ]第15話 炎炎ノ消防隊 弐ノ章[感想・考察]

[本編まとめ]第15話 炎炎ノ消防隊 弐ノ章[感想・考察]

タイトル

三色混戦

アバン

6柱目

施設内に鳴り響くサイレン。

その原因は「ナタクに起こった異変」でした。

森羅がきっかけとなり、6柱目のアドラバーストが目覚めたのです。

施設の調査を終えるため、リヒトは密かに桜備へと連絡。

それを聞いた桜備たちはマッチボックスで施設に突撃をかけるのでした。

Aパート

撤退

黒野により、研究者たちは実験室内の様子が見えずに混乱中。

一方、リヒトは自らを思ってくれる森羅の姿を思い出します。

第8は仲間のために命を懸けられる隊。

リヒトはそれに感化され、第8の「ノリに付き合う」ことを決心。

実験室の扉を無理やり開けて研究者を殴り、森羅とともにナタクを探します。

一方、黒野にはナタクを守るため第8を倒すように指示。

彼は弱いやつを求めて歩き始めるのでした。

ドミニオンズのお姉さん

第8がマッチボックスで向かっていると、道路に人形を見つけます。

その人形がマッチボックスを投げ飛ばしてきたのです。

なんとか立て直したものの、さらに人形が襲撃。

それは施設の子どものお守りをしていたお姉さんの操り人形でした。

彼女は人形を「ドミニオンズ」と呼び、第8に立ち向かってきます。

森羅とリヒトがナタクを見つけますが、既に黒野が捕まえていた後。

そしてドミニオンズのお姉さんに対するのは茉希とヴァルカン。

しかし茉希の鉄梟はドミニオンズの火力を勝ることができません。

お姉さんは戦いに余裕を見せ、ヴァルカン作の鉄梟にケチを付けてきます。

「名前が子どもには分かりにくい、私なら『芋虫ちゃんズ』とつける」と。

その名前は茉希にはながら、ヴァルカンにとっては論外。

そして彼はメカに対しての持論を述べます。

「メカは無機物で、いつ壊れるか分からないからメンテナンスは欠かさない。」

だからこそメカとは違い、人間には信頼関係が必要なのです。

一方、お姉さんの持論は真反対。

「メカをかわいがって信頼関係を築けばそれに応えてくれる。」

彼女はメカだけでなく、人間も同じ立ち位置にあることに考えています。

「子どもなんて予想できる動きしかしないから、いつでも思うがまま」だと。

彼女にとってはメカも子どもも「大人の道具」なのです。

鉄梟はドミニオンズに全く敵う様子はありません。

お姉さんは第3世代のため、パワー勝負では勝ることができないのです。

それでも茉希もヴァルカンも鉄梟の最大出力のパワーでの勝利を信じます。

一方、お姉さんは計算でパワーに勝利することを確信。

たとえ最大出力でも、勝つことができると信じて疑いません。

…が、激突の最中、鉄梟の最大出力が上昇し続けます。

そしてついにドミニオンズを打ち砕いてしまいました。

それは茉希とヴァルカンがお互い信頼し合ったからの勝利。

だからこそ、計算上では有り得ない勝利を収めることができたのです。

戦いを終えた茉希とヴァルカンは桜備たちと合流することに。

…が、お姉さんが再び立ちはだかります。

彼女は数え切れないほどのドミニオンズを操ってきたのです。

Bパート

伝導者介入

桜備たちは黒野と交戦中の森羅とリヒトに合流。

黒野は弱そうなアイリスに標的を変更します。

一方、その光景を眺めていたのは因果始め伝導者たち。

彼らは6柱目を求めてやってきたのです。

そこに本来、ハウメアとともにいなければならない守り人のカロンもいました。

…が、彼は年頃のハウメアにウザがられてしまったのです。

それは彼女が「その時期に死んだ」からとのこと。

因果を守る守り人はメイド姿の「リツ」

彼女は因果以外の指図はこれ以上になく嫌います。

そして6柱目の奪還が始まるのでした。

黒野のもとにカロンが突撃。

その甲斐あって、伝導者たちはナタクを確保することに成功します。

そして因果はあらゆる場所に「たくさんの危険」を見つけるのでした。

一方、茉希とお姉さんの戦いにも伝導者が割って入ってきます。

やってきたのはハウメアと、象の守り人であるアロー。

2人は邪魔者を消すため、お姉さんのドミニオンズを簡単に壊してしまいます。

ヴァルカンはハウメアに対抗できるアーサーを呼びに行くことに。

一方、お姉さんの本番はここから。

「しつけ用」として「巨大ドミニオン」が発射されてくるのでした。

Advertisement

さいご

というわけで、炎炎15話でした。


6柱目

まさかここで目覚めるとは…

というか、頻繁に出てくる烈火には毎回笑っちゃいます。


撤退

リヒトが第8に馴染んでるのいいですね!

こういう姿が見られるのはとても楽しみでした。

今の彼を見たジョーカーの反応も知りたいです。


ドミニオンズのお姉さん

プスメラウィッチが見られて嬉しい…

最大出力のシーンは見ていて力が入りましたね。

作画もよくてとても面白かったです。

意外にヴァルカンと茉希さんの組み合わせがよくて驚きでした。

まあヴァルカンにはリサがいるんですけどね。

お姉さんの壊滅的なネーミングセンス好き。

子どもが喜ぶならしょうがないね。


伝導者介入

こういう多くのキャラが登場する大乱戦ってテンション上がりますよね。

そのキャラごとに別の戦い方があるのがいい。

今まで見たことのない組み合わせの戦いが見れそうですし。

…まあ今回は灰島VS伝導者がメインとなるでしょうか。

戦況としても次回の第8は蚊帳の外になりそうな予感。

新キャラのリツの活躍はとても楽しみです。

やっぱりメイドさんはロマンなんやなって。

話で気になったのは「そういう時期に死んだ」ってところ。

これはハウメアが死んだってことですよね?

もしかして彼女の両親がってことなんでしょうか…?

どちらにせよ、精神的には幼いままで止まっているわけなんですよね。

それもまた柱になった原因があるんでしょうか。

後々に影響してきそうな会話でしたね、気になる。

弱いやつを見つける黒野怖すぎて震える。


というわけで、また次回。


https://fireforce-anime.jp/

©大久保篤・講談社/特殊消防隊動画広報課

『炎炎ノ消防隊』見るなら『dアニメストア』

最新話絶賛配信中!

(毎週金曜日 26:30〜 最新話配信開始)

初めてなら初回31日間無料!

月額400円で現在放送中の話題作から過去の名作まで楽しめます!

登録はココから。


Advertisement

ソウナンですか?(7) (ヤンマガKCスペシャル)
さがら 梨々(著), 岡本 健太郎(原著)
講談社 (2020-10-06T00:00:01Z)
5つ星のうち4.7
¥693

炎炎ノ消防隊カテゴリの最新記事