[本編まとめ]第18話 炎炎ノ消防隊 弐ノ章[感想・考察]

[本編まとめ]第18話 炎炎ノ消防隊 弐ノ章[感想・考察]

タイトル

聖女の苦悩

聖女の苦悩

街中で火災が発生して第8が出動。

シスターの祈りを経て、1人の焔ビトの鎮魂が完了します。

その後、焔ビト化した女性の旦那がアイリスに声をかけてきます。

「妻は聖陽教の救いを、太陽神の慈悲を得られたのでしょうか。」

その問いにアイリスは穏やかな口調で肯定します。

…が、本当は彼女の中には雑念が生じていました。

「伝導者と繋がりのある聖陽教は間違った教えを説いてるかもしれない」と。

未洗礼の装備が増えたため、荷物運びとして森羅がアイリスに同行することに。

森羅はアイリスとの「教会デート」に胸を膨らませます。

やってきたのは中央教会、通称「洗礼教会」

アイリスの洗礼が終わるまでの間、森羅は外で待機することに。

彼はアイリスが悩んでいることを察していました。

事実、彼女の洗礼の祈りにも雑念が生じてしまっています。

森羅がバッタリ遭遇したのは、第1中隊長でもあるリィ。

伝導者との繋がりが噂になり始め、洗礼を怠る部隊も存在しています。

曰く、カリムにも迷いが抱えているとか。

森羅はリィにも迷いについて尋ねます。

「信じるものが失うのはつらいが、信じる力があれば仲間も助けられる。」

聖陽教を伝導者が作ったのであれば、それを信仰することは危険です。

しかし、人には信じるものが必要なのです。

そのおかげでリィは右腕を失ってでも、カリムを守ることができたから。

それは聖陽教ではなく、カリムを信じていたからできたことでした。

確固とした「信じる力」は紺炉と紅丸の関係にも通じています。

2人には揺るぎない心が持っているおかげで、第7は強くあれるというわけ。

しかし、信じる力がなくなったときの代償は確実に大きくなってしまうのです。

迷いが生じているアイリスですが、なんとか装備の洗礼は終了。

第8に戻る前にある場所へ寄っていくことに。

やってきたのは「国立聖陽墓地」

聖職者の墓地であり、ここは彼女がいた修道院のシスターたちも眠っています。

その場所にはヒマワリが咲いていました。

ヒマワリは太陽に向かって咲くため、死者が太陽への道を迷わないように。

アイリスが彼女たちの眠る戸を開けると、ド派手に魔改造されていました。

どうやら、定期的に参拝している火華が施している様子。

アイリスは動揺しはしたものの、シスター一人ひとりに優しく声をかけます。

祈りを終えたアイリスに、森羅は「悩みがあったら力になる」と宣言。

そんな彼にアイリスは「聖陽教とその信仰者」について尋ねます。

そんなとき、1人のシスターの叫び声が。

2人が向かうと、そこには教会の司祭が焔ビトになっていました。

アイリスの祈りと森羅の活躍で鎮魂は完了。

しかし、シスターの衝撃は多大過ぎました。

司祭は誰よりも信心深く聖陽教を信仰してきた中の1人です。

にもかかわらず、彼は焔ビトになってしまったのです。

「神に慈悲はないのでしょうか…神にとっては我々の祈りなんて…」

アイリスは話の続きを切り出します。

「伝導者が聖陽教を作ったのなら、私たちが崇める神は伝導者なのかもしれない。」

実際、森羅がアドラバーストで見た異界の存在はまさに神のようでした。

伝導者が求めるものは「人間の死と苦しみ」

その教えを信じるアイリスは「人々を死に導いている」と自責しているのです。

同じ鎮魂を行う森羅は彼女を諭します。

実は、森羅は鎮魂の度に常に恐怖を抱いていました。

炎の苦しみから解放するのだとしても、それを拭い去ることはできません。

だからこそ、森羅を始めとした消防官にはシスターが必要なのです。

第8にとってはアイリスはまさに太陽を向くヒマワリのような存在。

そのおかげで森羅たちは戦うことが出来るというわけ。

涙して喜ぶアイリスは「アイリスはアヤメだ」と笑うのでした。

森羅のおかげでアイリスには雑念のない祈りをすることができました。

帰りは張り切る森羅はアイリスを抱えて全速力。

アイリスは「今度また悩みがあったら一番に相談する」と森羅を見つめます。

その顔に「一柱目」の顔が過ぎったのでした。

一方、伝導者サイドではある人物の修行がついに完了しました。

彼は次こそ第8を潰すため「参る」のでした。

男、突撃

その名前は「アサルト」

殲滅特化兵として活躍するはずの彼でしたが、思わぬ刺客が現れました。

その正体は「環」

無垢な見た目と裏腹に破廉恥極まりないその姿。

彼は環に対抗するため、「エロ本とAV」で女体の克服を果たしたのです。

アサルトから環のもとに果たし状が届きます。

殺意を露わに環に向かうアサルト。

しかし、環のラッキースケベられが発動。

あまりに衝撃的過ぎる「生」にアサルトは屈するのでした。

アサルトのリベンジは失敗に終わりました。

…が、彼は諦めることなく、新たな修行に赴いたのです。

参った場所は「キャバクラ」

「生は違う」と感じた彼は実際に生で克服しようというわけ。

ダイナマイトな女の子「サキ」は饒舌な女の子。

褒められたことで全能感も増し、会話が弾んだことで「女の扱いが天才的」と錯覚。

いざ、再々戦へとアサルトは参ります。

…が、環の初々しい恥じらいを前に屈するのでした。

アサルトにとって今まで出会った中で環は一番の強敵。

次に乗り越えるべきなのは「ラッキースケベられへの対処」

嵐の中でハプニング「パンチラ」を見ても動揺しない心を得ました。

パンチラを見つける動体視力のおかげで指1本でアローの矢を止めるほど。

というわけで、アサルトはいざリベンジへと参ります。

さすがの再々々戦には環も怒りを露わ。

彼女をパンチラを見ても、アサルトは耐え抜くことができました。

…が、彼は「勝利はない」ことを既に悟っていました。

「好きな相手は違うんだから。」

男 未完

Advertisement

さいご

というわけで、炎炎18話でした。


聖女の苦悩

冒頭のアイリスかわいすぎないですか…?

森羅じゃないですけど、チラ見する白い柔肌がまた扇情的。

裸のときとチラ見の意味合いはぜんぜん違うねんな…

ひまわり畑で笑顔で涙するところもかわいかった。

まさにアイリスの魅力が詰まった回でした、ありがとう。

とはいえ、この大きい迷いはいつか向き合う必要があったものでした。

それを取り去ったのが森羅だったってのがまた嬉しい。

やっぱり第8は助け合いですね。

しかし、アイリスと一柱目の姿が重なるという…

これはただの思わせぶりなシーンってわけではないんでしょうね。

今後の展開には大きく関わってきそうです。


男、突撃

アイリス回でほっこりしたかと思いきや…なんだこれ!

初見でめちゃくちゃ笑わせてもらいました。

伝導者サイドにもアーサーに並ぶほどのギャグ要員がいたとは…

他の伝導者たちのアサルトへの期待度の高さにも笑っちゃいます。

最初のネザーでの登場時は強敵になると思ったのにな…

本当は強いのに相手が悪かっただけなんや…

そんな彼のおかげで環も活躍してくれました、ありがとう。

はたして、彼の次の出番はあるのか…


というわけで、また次回。


https://fireforce-anime.jp/

©大久保篤・講談社/特殊消防隊動画広報課

『炎炎ノ消防隊』見るなら『dアニメストア』

最新話絶賛配信中!

(毎週金曜日 26:30〜 最新話配信開始)

初めてなら初回31日間無料!

月額400円で現在放送中の話題作から過去の名作まで楽しめます!

登録はココから。


Advertisement

ARTFX J 炎炎ノ消防隊 環 古達 1/8スケール PVC製 塗装済み完成品フィギュア
壽屋(KOTOBUKIYA)
壽屋(KOTOBUKIYA) (2020-05-21T00:00:01Z)
5つ星のうち4.7
¥13,800 (中古品)

炎炎ノ消防隊カテゴリの最新記事