[本編まとめ]第24話 炎炎ノ消防隊 弐ノ章[感想・考察]

[本編まとめ]第24話 炎炎ノ消防隊 弐ノ章[感想・考察]

タイトル

激動の兆し

アバン

修行

辺りが暗くなっても、火で炙られ続けている森羅とアーサー。

その頃、紅丸はお風呂でリラックスしていたのでした。

Aパート

死ノ圧

翌日も拷問のような紅丸の修行は続きます。

これは紅丸も幼少期、限界の限界を超えるために紺炉にやられた修行なのです。

「火消しは火事場の馬鹿力を自在に扱えてこそ一人前。」

紅丸は桜備がその申し子、火消しの鑑だと思っているのでした。

…が、彼にはこの修業の意味はよく分かっていません。

一通り2人をいじめ抜いた後、直接の紅丸の修行が始まります。

無意味な拷問を味わわされたことにより、2人の攻撃には殺意があるのです。

しかし殺意を向けるということは、自分にも殺意が降りかかるということ。

火事場に身を投じるということは、不動明王の業火にその身を投じるのと同義。

一瞬でも気を抜いたら最後、明王の炎が命の呼吸を止めに来る。

命の呼吸の次に感じるのは「死ノ圧」。

紅丸も2人に対して殺意を露わに強力な攻撃を次々に繰り出してきます。

そんな彼には2人も敵う様子もありません。

5時間の戦いが続き、2人は体内全ての酸素を使い切ってブラックアウト寸前。

これ以上戦えば、灰病のリスクさえ起きる可能性があります。

…が、紅丸は気にすることはありません。

なぜなら「これからが稽古」なのだから。

紺炉のもとに、先日に続いて火華が2年前の鬼の話を聞きに来ます。

とはいえ、紺炉本人は全て話したつもり。

今回は紺炉ではなく、紺炉の身体に聞きに来たのです。

そのために火華が呼んだのは第6大隊長の火代子でした。

限界を迎えた2人に容赦なく襲いかかる紅丸。

一方、酸素を使い切って立つことも出来ない森羅の意識は遠のいていきます。

そんな彼が次に感じたのは明王の業火にいること。

そこはあの日下部家を燃やした火事場だったのです。

もしここで火事場で動かなければ、自分の命を失うことになる。

しかし、普段使っている炎はもう使うことが出来ません。

そこで発揮されるのは「生存本能」

一摘みのエネルギー「死の恐怖」「死ノ圧」を発動させたのです。

ついに森羅とアーサーは火事場の馬鹿力を使うことを成功。

その姿には紅丸も目を見張るのでした。

Bパート

聖痕

火代子は紺炉の身体を触診。

しかし彼の炎は特別ではなく、アドラリンクのトリガーは見つかりません。

火華は「アドラバーストとの印象の違い」を質問。

実際、火代子は森羅を治療する際、アドラバーストに触れていました。

実は彼女は右手のひらに火傷を負っていたのです。

しかし、火代子はその事実を火華には隠蔽するのでした。

紺炉が襲われたということは、スティグマがあるアーグも襲われかねません。

2人が彼に懸念を抱くその頃、アーグは白装束の襲撃に遭っていました。

彼女が使う黄金の腕によって磔にされ、アーグは手も足も出ません。

そんな彼女の正体は「屠リ人」です。

「人命と財産を守ることが使命の消防官も、いちばん大事なのは自分の命。」

それは以前、パーンがアーグから教えられたことでした。

それを教えてくれたアーグが自室で亡くなっているのをパーンは発見します。

アーグが争うスキもなくやられた状況に、パーンは焦りを禁じえません。

死ノ圧を発動させた2人は静かに、そして超高熱を発して燃えていました。

そんな中、森羅はアーグとアドラリンクします。

そこで彼はアーグが死んだことを知ったのです。

彼から直接死ぬことへの恐怖を知らしめられ、限界の限界を超えた炎が発動。

…と、紅丸の稽古はここで終了。

森羅とアーサーは修行を全うしたのでした。

特殊消防隊VS伝導者

後日、アーグの葬式が慎ましやかに執り行われました。

彼は生前「ドM」だったということで、自殺として処理されることに。

しかし実際は全身を杭で貫かれた変死体。

どう見ても自殺とは思えない惨状となっていたのです。

紅丸も危機感を覚え、以前狙われた紺炉の単独行動を禁止。

そして、他の隊と協力する選択も考え始めます。

第1大隊長バーンズもまた動き始めていました。

彼もスティグマがあるため、いつ襲われてもおかしくありません。

この状況を「神の与えた試練」だとしたバーンズ。

聖陽教徒の手本となるため、テロに屈さないことを自らの姿で体現するのです。

白装束。

「この国を返して貰いに行くわよ。」

姿を変えたヨナを筆頭に象をも引き連れ、人類の新時代へと動き出すのでした。

最後に第8。

森羅とアーサーは浅草での修行が終了。

これから戦うのは強大な相手です。

しかし、こちらも各特殊消防隊や灰島など、心強い仲間ができました。

第8は全力を持って白装束を叩くことを宣言します。

この皇国を守るため、特殊消防隊は一つとなるのです。

Cパート

新たな太陽の世界

狂気に悶えながら「新たな太陽の世界」を見たハウメア。

「皇国はあるべき姿になる。」

Advertisement

さいご

修行

これを紅丸も紺炉にさせられていたわけですよね。

この2人って案外歳が離れているんでしょうか。


死ノ圧

また1つ、森羅は覚醒の力を手に入れたわけですね。

これで白装束にも対抗できうる戦力となるんでしょうか。

これを使った戦闘シーンは…めちゃくちゃ見たかった…

この力って誰もが得られる力なんでしょうか?

修得には命の危険が及ぶことは確実なようですが。

そう考えると、森羅はともかくアーサーは凄いですね…

単純バカだけじゃないのが彼のいいところです、とても好き。


聖痕

火代子の手にできた傷もスティグマなんですよね。

アドラの炎を受けることでスティグマが出来るわけですか。

これにより、彼女の価値観も変わっていたりするんでしょうか…

アーグ大隊長がいとも簡単に退場していったのには驚きでした。

まあ彼が戦うシーンは全然なかったですからね…

「ドMだから自殺と認定」にはめっちゃ笑いました。


特殊消防隊VS伝導者

ついに来るべき戦いがやってきました。

ここで最終回となってしまったのは残念ですが…

続編の映像化は心から待望しております。

伝導者サイドに現れた屠リ人もまたヤバそうな雰囲気。

アーグが弱いんじゃなく、彼女が強いんですよね?

こちら側の戦力は時を追うごとに拡充されているな…女性ばかり…

アローの顔にも聖痕が出来ていましたよね。

あれはハウメアに遊びで付けられたのか、故意に付けたのか…

アイリスのアレも気になりますし、伝導者側はまだまだ強くなりそう。

そしてヨナはますますヤバいやつになっていましたね。

彼が現場でのトップを張っているんでしょうか?

一方、特殊消防隊側は戦力が増えるというイメージではないですね。

第8の意に賛同し、輪が広がっていく感じはとても爽快です。

パッと見た感じでは、伝導者側の方が強そうな印象は受けます。

まだ本気が明らかになっていない消防官次第でしょうか…

この決戦の行方とその過程、めちゃくちゃ楽しみです。

…本当にいい作品だったなって。


新たな太陽の世界

この月が「ソウルイーター」のものと同じという話を聞きました。

同じ作者の作品ではありますが、なにか関連性があるんでしょうかね?


https://fireforce-anime.jp/

©大久保篤・講談社/特殊消防隊動画広報課

『炎炎ノ消防隊』見るなら『dアニメストア』

最新話絶賛配信中!

(毎週金曜日 26:30〜 最新話配信開始)

初めてなら初回31日間無料!

月額400円で現在放送中の話題作から過去の名作まで楽しめます!

登録はココから。


Advertisement

炎炎ノ消防隊カテゴリの最新記事