[本編まとめ]第2話 裏世界ピクニック[感想・考察]

[本編まとめ]第2話 裏世界ピクニック[感想・考察]

タイトル

八尺様サバイバル

アバン

異変

くねくねを退治した後のこと。

空魚は右目だけ異常なほど青く変わっていました。

一方、鳥子は左手が透けてしまっていたのです。

Aパート

小桜

2人の身体の異変に思い当たるのは、くねくねに接触したから。

空魚は見続け、鳥子は突起を素手で払い落としたことが思い当たったのです。

そこで「裏世界に関する研究者」に頼ることに。

到着した場所は、お化け屋敷のような不気味で大きなお屋敷。

そこに住んでいたのは、認知科学の研究をしている「小桜」でした。

2人は経緯を説明。

裏世界との接触により、2人は肉体的な影響を受けてしまいました。

2人だけでなく、裏世界の影響を受けた人は他にもいます。

それこそ、鳥子が探し求め続けている「冴月」です。

冴月は裏世界に魅了されてしまったのです。

小桜にとっては大学の同期で、裏世界の「共同研究」に引っ張り込まれた存在。

一方、鳥子にとっては「家庭教師」

彼女とともに裏世界を探検していました。

…が、3ヶ月前に連絡が途絶え、失踪してしまったというわけ。

経緯を説明したとはいえ、小桜は異変を治療する方法は知らず。

彼女は鏡の塊を受け取り、報酬を鳥子に渡すのでした。

空魚の感情

報酬は山分け。

何も解決してないにも関わらず、鳥子はまた裏世界に行く気満々。

彼女はいつか小桜が何かを教えてくれると信じているのです。

鳥子が小桜を信頼しているのは、冴月が信頼している人だから。

彼女にとって、冴月は誰よりも大事な人なのです。

彼女を見つけるため、空魚を同行人に引き入れた鳥子。

「勝手にやればいいのに…」

空魚は鳥子の意思には全く乗り気ではないのでした。

翌日。

空魚の気分は害されたまま、2人で裏世界に突入します。

…が、そのせいで喧嘩になってしまいます。

「止まれ!」

そんなとき、見知らぬ男性に銃を突きつけられたのでした。

Bパート

八尺様

見知らぬ男性に対して警戒する2人。

ですが、彼は敵性存在ではなく、警告をしてくれただけ。

2人が行こうとしていた先には「罠」が仕掛けられていたのです。

…と突然、空魚を見て「ミチコか」と勘違いして取り乱し始めた男。

曰く、彼は「肋戸」という神隠しにあった妻を探している人。

2人で家にいた時、ほんの20秒目を離したスキに消えてしまったのです。

いろいろ調査した結果、裏世界に辿り着いたというわけ。

彼は秩父山中の廃れた神社の鳥居を通ってやってきた人でした。

肋戸にとっては異世界で会った人間は初めてではありません。

…が、こちらの住人と警戒し、話しかけることはほとんどしません。

見分け方は「感情の有無」

2人のように言い争うことはしません。

曰く、こちらの住人は表の世界にどこにでもいるとのことですが…

何かの足跡を見つけて奥へと進んでいく肋戸と鳥子。

2人の目的は「大切な人を見つける」ため。

「ただ1人でいたかった」だけの空魚とは目的が大きく異なります。

鳥子に急かされ、ただ空魚は後をついていくのでした。

足跡を辿って建物に足を踏み入れる鳥子と肋戸。

一方、空魚は気づいてしまいます。

その足跡が「人間のものではない」ことに。

空魚は逃げ出そうとしますが、心の引っ掛かりは取っ払えませんでした。

「バカ鳥子、そこにいるのは大事な誰かじゃないよ。」

2人を追って中に入ると、目の前にいたのは1人の女性でした。

髪が長く、白いワンピースで身長2メートル越える長身。

つまりそれは「八尺様」

しかし2人は大切な人だと錯覚し、歩み寄り始めたのです。

先に到着した肋戸。

彼は寸前で何かを悟りますが、一瞬の内に消えてしまいます。

彼に続いて鳥子が到達するのももう目前。

「1人にしないで、行っちゃヤだよ!」

取り乱して鳥子に駆け寄る空魚。

「ダメ、空魚!」

空魚は背後から鳥子に手を掴まれたのです。

実は八尺様の方に行こうとしていたのは空魚の方。

彼女は鳥子への感情を利用されてしまっていたのでした。

問題は「八尺様の倒し方」

空魚はくねくねの事例と同じ戦法を取ります。

空魚が右目で見て実体を認識し、鳥子が左手でその実体を掴み取る。

あとは銃で撃ち抜けば退治完了です。

2人が気付くと、元の世界に戻っていました。

出口は肋戸が通ってきた場所であろう秩父山中の神社。

そして戦利品は八尺様の大きな白い帽子でした。

「あのさ、財布持ってる?」

2人は小桜に頼りますが、簡単に突き放されてしまうのでした。

Advertisement

さいご

異変

目はともかく、手は日常生活に支障はないんでしょうか?

透けているだけで物が掴めないことはないっぽいですが…


小桜

かわいいキャラが出てきてくれて私はとても嬉しい。

無造作な髪型がいいものでした、ありがとう。

もっと出番増やしてください、お願いします。


空魚の感情

冴月を構いすぎる鳥子に嫉妬する空魚はかわいい。

1人で袋小路に迷い込んでいく感じ、人慣れしてなくてとてもいいですよね。

鳥子も罪づくりな女の子だ。


八尺様

肋戸が急に出てきてあっという間に退場して行った…

この作品のモブの命は思っていたよりも軽いのかもしれない。

明らかに危ない思考してましたよね?

裏世界の住人が表世界にも入るのかどうかはわからないところですが…

この考えが後々関係してくる可能性はありそうな気はします。

八尺様はなかなかに不気味なお顔でした。

…が、それよりも空魚と鳥子のことで頭がいっぱいなお話でした…

鳥子への感情に漬けこまれて頭抱えるところ、本当に好き。

そのうちに鳥子への好意も隠すことはなくなるのかもしれない。

2人には相棒みたいな以心伝心の関係になっていってほしいです。

八尺様の帽子も小桜が買ってくれるんでしょうか。

なかなかに分厚い封筒でしたが、資金源はどこなんだろう…

お屋敷も大きいですし、そもそもお金持ちなんでしょうね。

12時間歩いてようやく帰ってきた2人はよく頑張ったと思います…


https://www.othersidepicnic.com/

©宮澤伊織・早川書房/ DS研

『裏世界ピクニック』見るなら『dアニメストア』

最新話絶賛配信中!

(毎週月曜日 24:30〜 最新話地上波最速同時配信開始)

初めてなら初回31日間無料!

月額440円で現在放送中の話題作から過去の名作まで楽しめます!

登録はココから。


Advertisement

裏世界ピクニック 1巻 (デジタル版ガンガンコミックス)
宮澤伊織(著), 水野英多(著), shirakaba(著)
5つ星のうち4.4
¥660

裏世界ピクニックカテゴリの最新記事