[本編まとめ]第6話 裏世界ピクニック[感想・考察]

[本編まとめ]第6話 裏世界ピクニック[感想・考察]

タイトル

ミート・トレイン

アバン

基地

基地には厳重な警戒が張り巡らされています。

…が、きさらぎ駅のホームだけは誰もいません。

それは「電車が来た時に危険」だから。

Aパート

電話

ドレイクに連れてこられた場所は指揮官「レイ・バルター少佐」のもと。

怪しまれないため、彼らにはグリッチを見えることは伏せておくことに。

彼らはここに来て以来、大勢の人が亡くなりました。

中にはグリッチの影響を受けて狂い、仲間を殺して去っていった者もいるとか。

どこもかしこも危険なため、人間らしく生きることすら必死なのです。

話が終わり、ドレイクは2人を休憩場所に連れてきてくれました。

彼は助言として「電話は使わないことをお勧めする」と促すのでした。

電話を確認してみると、使えることが判明。

というわけで、空魚の電話から小桜に連絡してみることに。

真っ先に言い始めたのは「後ろのやつに静かにしろって言え」

ですが、2人の後ろには誰もいない妙な状況です。

小桜はここにいる軍隊について知識を持っていました。

「配属されている部隊の中にはそんな名前はない」と。

つまり、何らかの秘密部隊である可能性があるのです。

話を続けていると、突如小桜の様子が一変し、脈絡のない言葉を話します。

それと同時に地震が起こり、基地の中が騒がしくなり始めます。

小桜については気にかかるも、2人は脱出を第一に考えることに。

そんな2人のもとにドレイクは言いに来たのでした。

「ここを動くな、戦闘が始まる。」

Bパート

退治

2人は様子を見に行くと、隊員たちが銃を構えて警戒していました。

すると何かの音楽を鳴らしながら、山からたくさんの顔が降りてきたのです。

空魚の目で見ると、それは大きな牛のような姿。

それを退治するため、空魚は鳥子に支えてもらって銃で撃ち抜きます。

化け物を退治した光景には隊員たちが歓喜に湧き始めます。

…が、空魚のコンタクトが取れてしまい、目の色が違うことが露わに。

そのせいで化け物の仲間だと認識されてしまったのです。

ミート・トレイン

2人が逃げ込んだ先はきさらぎ駅。

そこへと向かって踏切の音と共に電車が近づいて来ました。

空魚は中に表世界への出口があることを確認。

そこで通過しつつある電車の中の出口だけを鳥子に掴んでもらうことに。

「危険だ」と慄く鳥子に空魚は励ますのでした。

「なんとかなるでしょ、二人いるんだから。」

空魚の合図とともに2人は電車に向かって飛び込みます。

電車が通り去った後、2人の姿は虚空へと消え去っていたのでした。

空魚が気付くと電車の中にいました。

しかしその光景はあまりにも悍ましいもの。

鳥子にそれを見せるまいと必死に庇っていました。

…が、空魚もまた鳥子の声で目を覚まします。

2人は一緒に表世界へと戻ってくることが出来ていたのです。

しかし、今自分たちがどこにいるかは全くわからないのでした。

一方、小桜。

空魚たちからの電話の後、留守電も携帯に届いていました。

それは2人の声でありながらも、全く理解不能な言葉ばかり。

小桜は1人部屋で震えていたのでした。

Advertisement

さいご

基地

ドレイクは2人をよく受け入れてくれましたよね。

裏世界にいる間、相当な出来事ばかりに遭遇していたわけですから。

周囲が全員警戒していても全くおかしくないです。


電話

元の指揮官がいなくなったとか、女性がもう全員いないとか…

どれだけ人が減ったのかを実感できますよね、怖い。

狂った仲間は殺さなければならないってのがつらいです。

やはり裏世界は恐ろしい場所なんだ。

小桜の様子が変わるところめっちゃ怖い。

裏世界が小桜の声を使った感じなんでしょうか。

こうなるから電話の使用を勧められなかったわけですね…

小桜も電話の最後は…怖がりの小桜には厳しいな。


退治

鳥子が銃を構えるところ逞しくて好き。

足がスラッとしているのがいい…

鳥子は飲み会にも銃の携帯は怠らない武人の鑑。


ミート・トレイン

電車自体はよくわかりませんでしたね。

猿夢にあるみたいな肉を解体される感じなんでしょうか。

名前からして喰われそうな雰囲気はありますし。

軍隊の警戒度で見ても危険なものに変わりはなかったのでしょう。

空魚が裏世界での経験を経てどんどん逞しくなっている。

鳥子の手を握るところめちゃくちゃ心強くてカッコいい。

これは鳥子が顔を赤らめてもおかしくないですね?

小桜も何事もなかったようで一安心です。

…が、やはり2人に奇妙な出来事に巻き込まれてしまっている。

留守電は完全に裏世界が掛けてきていますよね。

彼女ももう裏世界から逃げることは出来ないんやなって。

かわいそうではありますが、登場が多くなるのは嬉しいです。


https://www.othersidepicnic.com/

©宮澤伊織・早川書房/ DS研

『裏世界ピクニック』見るなら『dアニメストア』

最新話絶賛配信中!

(毎週月曜日 24:30〜 最新話地上波最速同時配信開始)

初めてなら初回31日間無料!

月額440円で現在放送中の話題作から過去の名作まで楽しめます!

登録はココから。


Advertisement

裏世界ピクニック 1巻 (デジタル版ガンガンコミックス)
宮澤伊織(著), 水野英多(著), shirakaba(著)
5つ星のうち4.4
¥660

裏世界ピクニックカテゴリの最新記事