[総評]かくしごと

[総評]かくしごと

(当ページの説明は、下記ページを参照してください。)


採点

面白さ8/10
作画6/10
かわいさ6/10
7/10
6/10

作品のいいところ

[絵]

綺麗というか、背景とキャラが見事にマッチしてますね。

原作久米田先生の絵がそのままアニメになっているような。

影をトーンで表すなど漫画的な表現がめちゃくちゃいいんです。

このおかげで作品の世界にどっぷり没入することができます。

この日常でずっと過ごしていたくなるような気持ちになれました。

[パート分けで描かれるストーリー]

原作からそうなんでしょうが、2つのパートで繰り広げる展開いい…

片方であった出来事がもう片方に影響しているのとても好きですね。

これがあるからこそ、オムニバスが全て繋がった1つのお話になるんですよね。

[最終回]

そこまでもかなり好きな作品だったんですが、ラストで株が爆上げしました。

伏線を全て回収した上で問題も発生させつつ、でっかい花火が打ち上がるんですよ。

涙なしでは見られないですし、何も文句が出ないあまりにも爽快なラスト。

姫のセリフがいいんですよね…

あれは中の人の高橋李依さんの技量の高さを垣間見ました。

いろんな作品の中でも、ベスト10には入る最終回だと思いました。

作品の気になるところ

[十丸院 五月]

見た人は誰もが負の感情を抱きそうなキャラですね。

久米田先生と編集との間に何かあったんでしょうか…?

相当編集に対するヘイトが溜まっていて、それがキャラになったような。

ドン引きするほどアレな性格だったので、逆に笑っちゃいました。

好きなキャラ

姫ちゃんはかわいいですが、やはり羅砂さんが1番。

美人ですし、ぐう聖ですし、有能ですし、何も非の打ち所がありません。

十丸院のヘイトを全て浄化してくれた聖人です。

羅砂さんに限らずですが、キャラの名前の付け方好き。

ついでに各話のタイトルも好き。

総括

素晴らしい作品ですね。

それまでも相当いいんですが、最終回単体だけでもう見る価値がある作品です。

これ以上にない笑って泣ける人間ドラマでした。

なので、

最終回を見るためにも是非見てほしい。

と思います。


『かくしごと』のアニメ制作に携わった方々に感謝を送ります。

ありがとうございました。


Advertisement

https://kakushigoto-anime.com/

© 久米田康治・講談社/かくしごと製作委員会

かくしごと Blu-ray 1
かくしごと Blu-ray 1
posted with AmaQuick at 2020.06.27
神谷浩史(出演), 高橋李依(出演), 花江夏樹(出演), 八代拓(出演), 安野希世乃(出演), 村野佑太(監督)
エイベックス・ピクチャーズ (2020-06-26T00:00:01Z)
5つ星のうち5.0
¥11,011

かくしごと(12) (KCデラックス)
久米田 康治(著)
講談社 (2020-07-17T00:00:01Z)

¥726

かくしごとカテゴリの最新記事