[感想]第12話 かぐや様は告らせたい?〜天才たちの恋愛頭脳戦〜[考察]

[感想]第12話 かぐや様は告らせたい?〜天才たちの恋愛頭脳戦〜[考察]

「生徒会は撮られたい」

かぐやはケータイの写真機能を使って、生徒会の日常を残していた。

そんなとある日、校長から生徒会に学校のパンフレットのモデルを頼まれる。

かぐやは家の方針があるため、それ以外のメンバーが担当することに。

撮影は進み、最後は屋上で集合写真。

かぐやはそれさえも撮った経験がなく、羨望の眼差しを向けていた。

すると仲間たちからかぐやも映るようにお願い。

かぐやはケータイでも写真を撮影してもらおうとするが…

手が滑ってしまって屋上から落とし、ケータイを壊してしまう。

かぐやはなんとか前向きに考えようとする。

しかし、写真が消えてしまったことに涙を流さずにはいられなかった。

「生徒会は撮らせたい」

ケータイからは写真が取り出せないことが判明。

絶望に暮れるかぐやをよそに、早坂は新しいスマホにテンションが上がる。

その翌日。

スマホを手に入れたかぐやはラインを始める。

御行はIDを聞き出す方法を画策するも、かぐやからストレートに申し出られる。

かぐやの異変に気付いた一同だったが、「いつも通り」に接することを決心。

御行は生徒会連絡網のグループを作り、共有アルバムも併設。

おかげで各々が持っていた今までの思い出の写真をあがっていく。

かぐやが大事にしたかったのは、誰かと分かち合った「いつも通り」。

その証明こそが「写真」

誰かと分かち合ったものならば、相手も大切にしているのだ。

写真が戻ってきたことで、かぐやにも再び笑顔が戻ってくる。

そして笑顔で生徒会の集合写真を撮影するのだった。

「藤原千花は膨らませたい」

「何回でもシコシコしてよくてでも、最低1回はシコってしなきゃいけなくて、限界に達した人が負けっていうゲーム」の開催を提案した千花。

それはえっちなゲームではなく「風船を割れるまで膨らませるチキンレース」。

順調に大きくなっていき、限界は目前。

それぞれビビリを隠せずに思いが交錯する中、順番が回ってきたのはかぐや。

そこで千花がみかんを食べようとして、みかんの汁が風船に付着。

見事に大爆発を起こすのだった。

Advertisement

さいご

というわけで、かぐや様12話でした。


生徒会は撮られたい

ミコちゃんのちょろかわ成分が見事に形となった回でしたね。

髪を下ろした姿もかわいい、校長GJ!

かぐや様の手を引くカットがさいかわでした、ありがとう…

そしてかぐや様には1つのアクシデントが。

あの気持ちは胸が痛くなるほど理解できるシーンでした。

私もあの場面に立ったら簡単には立ち直れなさそう。

かぐや様には仲間がいて羨ましいな…

かぐや様の校長に対する変わり身の速さ好き。

あのチョロさは見ていて安心感を覚えます。


生徒会は撮らせたい

高機能にテンションが上がる早坂かわいい。

普通に過ごしていたら最新ガジェットを揃えたがる女の子になりそうですね…

新たな一面が見られてとてもうれしい。

一方、かぐや様の傷は深かった。

余裕の無さから、恋愛の駆け引きなど欠片もなくなっていたでしょうね。

落ち込んでから上げた髪が下がっちゃうところは好きです。

あれはかぐや様の気分のバロメーターなんですね。

そして穴を埋めていくみんながめちゃくちゃいい。

最後にはかぐや様に笑顔が戻ってきてよかった…

まさに最終回に相応しい事件の1つでした。


藤原千花は膨らませたい

そして最後の最後にやってきたのはこの回…

これは思ってもみない展開でしたね…

笑いで終われるのもかぐや様のいいところなんやなって。

2期も最高だったので、3期も是非やってほしいものです。

実にシコシコなエピソードでした。

ミコちゃん以外の汚さには笑わせてもらいました。

ルーティーン封じと吹き矢持ち出すところ、めちゃくちゃ好き。

そして性知識はかぐや様よりもミコちゃんが上。


というわけで、今回はこのあたりで。


Advertisement

©赤坂アカ/集英社・かぐや様は告らせたい製作委員会

https://kaguya.love/

かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜カテゴリの最新記事