[感想など]第1話 からかい上手の高木さん②[ネタバレあり]

[感想など]第1話 からかい上手の高木さん②[ネタバレあり]

第1話

「教科書」

「催眠術」

「寝起き」

「水切り」

http://takagi3.me/story/story01.php より引用

鞄の中を探す西片。

高木さんは何をしているのかお見通し。

次の英語の授業で使用する教科書を忘れたようです。

机くっつけて見せてあげると高木さんは言いますが、
そこは西片、男のプライドと恥ずかしさが許さないのか
ほかのクラスの人に教科書を借りることに。

高木さんはそれもまたお見通しだったのです。

教科書は借りられる人を探し回りますが誰も持っていない様子。

それもそのはず他のクラスは今日英語の授業がありません。

そうこうしている間にタイムリミット。

ポニテの子かわいいですね…

名前はありません。「ポニーテールの子」です。

仕方なく高木さんに見せてもらうことに。

ここで高木さんは先制攻撃。教科書になにか書き始めます。

うーん、ずるいです。これは堕ちます。

実は本当なのでは…と西片は信じ始めますが、次のページをめくると。

仕込みは十分でした。

ここで西片は気づきます。教科書の中に縦読みがあることを。

それを利用してからかい返そうと企みます。

左端を縦読みです。

チキンのでかいのを ってところめっちゃこどもっぽくて好きです。

「しまった~!><」(西片視点)

この発想にはドヤ顔の西片でしたが高木さんからのお手紙のお返しが来ます。

そんなの高木さんにはお見通し。へこむ西片にまた手紙が。

かわいい。


昨夜のテレビの影響で催眠術セットを作った西片。

高木さんは自分にかけてみろと言います。

すると高木さんは虚ろな目に。

西片はそんなわけないと一蹴しますが、高木さんに反応はなし。

西片の命令に従う高木さん。

高木さんが催眠にかかっていると確信。ちょろい。

西片は弱点を尋ねます。

西片を見るとからかいたくなるところと腋と言います。腋です。

そして西片は恥ずかしいところを見てやろうと、鼻をほじるよう命令。

鼻へ伸びる指に焦り始める西片。

寸前で今のナシと声を上げた瞬間!

西片の弱点の脇腹を突っつく高木さん。

なんと高木さんは催眠にかかってなかったのです!

知ってた。

次は高木さんが催眠をかけるターン。

間違いなく西片は催眠にかかったでしょうね。


今期もこのパートあるみたいです。やったね。

ひたすら眠そうなミナちゃん。テレビを見て夜更かしをしたと言います。

二人は何を見てたのかと聞くと催眠術の番組と。

なんなんです、催眠術流行ってるんですか。

「わん!わん!わん!」

めっちゃかわいい。

ミナも催眠にかかってしまったと言います。

サナエはあるあるだと言いますが…この世界はあるあるなのかもしれません。

でも番組が終わる頃には解けたようで10時に寝たと言います。

ミナは人よりいっぱい寝たい人間のようですが…

聞くと毎日5時に起きてるとか。

畑の水やり、みんなの朝ごはんとお弁当作り、犬の散歩を
毎朝こなしていると言います。

めっちゃいい子じゃないですか…もっと愛でて…

返事は「わん!」 もうずっとこのままでいいです。


西片は涼みに河原へ行こうと高木さんを誘いますが、
高木さんはここでもお見通し。

水切りで勝負したいらしいです。

高木さんは手を繋いでくれたら西片の勝ちでいいと言います。

そんなの受け入れられるはずもない西片。勝負へ向かいます。

最初は西片から。

最高記録は10回、鯖を読んで15回と言いますが、高木さんからは鼻で笑うよう。

西片の投げる寸前に高木さんは30回と言い、ペースを崩した西片は
水切りに失敗します。

もちろんそんなにできるはずもなく。

実際も記録は3回。でも高木さんの勝ち。

高木さんの慈悲で再戦することに。

西片は石探しに夢中で高木さんを押してしまい、

高木さんを水の中へ。

落ちる寸前西片は高木さんを掴みますが、
引っ張りあげようとした反動で自分が川の中へ落っこちちゃいます。

その帰り道、高木さんが声をかけます。

「手、つないだよね、さっき。」

西片は恥ずかしさから拒否しますが、繋いだら西片の勝ちといったことを
忘れていました。

それでもやっぱり手は繋いでいないと否定。

高木さんの勝ちです。

ここで高木さんとはお別れ。

高木さんからは感謝を述べられますが、西片はちょっと気まずい感。

「負けたと思ったのにな。」

ひとりつぶやく高木さん。

高木さんにとって嬉しいのはどちらなのでしょう。


今回のEDはスキマスイッチの「奏」でしたね。うーんかわいい。


ということで高木さん②の1話でした。

相変わらず高木さんはかわいいです。

なんか1期のころより愛おしく見えました。

というかすごい積極的に行きますね。

もはや西片への感情を隠していないです。


西片もまたかわいいですね…

性別逆転しても十分に通じます。

そりゃ某漫画も作られるってもんですよ。


ミナユカリサナエパートではミナの意外な一面が見られました。

キャラとしてより一層好きになっちゃいます。

もっと推してって…


今期も肩の力を抜いて見られそうで安心しました。

高木さんに日頃の疲れを癒やしてもらいましょう。

ということで今回はこのへんで。


©2019 山本崇一郎・小学館 からかい上手の高木さん2製作委員会

からかい上手の高木さんカテゴリの最新記事