[感想など]第2話 からかい上手の高木さん②[ネタバレあり]

[感想など]第2話 からかい上手の高木さん②[ネタバレあり]

あらすじ

第2話

「氷」

「外見」

「前髪」

「バレンタインデー」

http://takagi3.me/story/story02.php より引用

冬です。

山の冬は特に寒く感じます。

高木さんも寒いのが苦手。

そんな高木さんに西片はカイロを渡しますが、
お気持ちだけです。

目の前にあるのは水たまりが凍った氷。

西片は持って行きたくてうずうず。

そこで高木さんは勝負を提案。

「校門まで大きい氷を持っていったほうが勝ち。

ただし地面に落としたらその時点で負け。」

もちろん西片は了承。

でっかい氷にしました。

小さい頃から氷運びマイスターだから慣れたもんです。

もう勝った気でいますが、果たして。

高木さんはちっちゃいやつ。

器用な持ち方してますね。

子どもっぽい西片に笑っちゃう高木さん。

ここで高木さんは罰ゲームを発表。

「負けたほうが勝ったほうの手を暖かくする。」

それを聞いた西片は驚愕。

氷も落としてしまいました。

ということで罰ゲーム。

ですが、西片は顔を赤くしながら別の案を提案。

却下です。

手を差し出す高木さん。

意を決して手を伸ばす西片に。

「カイロちょうだい。」

ああ~文明の利器…

口角が上がりきってる高木さん。

こんなんずるいよ…


高木さんが西片に朝の挨拶。

何やら企んでいる顔。

そんなことは高木さんは百も承知、勝負内容を聞きます。

「西片の昨日と今日、どこが違うか。」

外見です。

散髪でした。女子かよ。

高木さんは分かったようです。

でももっと西片を観察します。

「タイムアーップ!」

いじくり回された西片の心はもうぼろぼろ。

標準中学生男子なら失神してます。

さて高木さんの答えは。

「髪の毛」

すぐに変えられる外見なんて髪型か爪ぐらい。

爪じゃないなら髪ですって。高木さんなかなかやりおる。

というわけで罰ゲーム。

明日高木さんがどこか変えてくるところを当てるクイズ。

今回の逆です。

西片は体の隅々まで高木さんを見るチャンスですね!


3人組のターン。

なんかちょっとおかしいユカリ。

ミナは爆笑。

切りすぎちゃったんですって。

笑いが止まらないミナ。

そんなミナにユカリの反撃。

「あんただって失敗したみたいな前髪のくせに。」

思いの外ダメージがでかかったようです。

「結構気に入ってたのに…」

そんなミナの姿を見て、さすがに申し訳なく思ったユカリ。

反省、謝ります。

ミナも笑いすぎたことを謝ります。

もう完全にツボってますねこれは。


西片は朝からドキドキ。

ちょっと話しかけられるだけでも赤くなっちゃう。

下駄箱の中も確認しちゃう。

なんにもありません。

高木さんにはしっかり突っ込まれます。

消しゴムを貸し借りするだけでもドキドキ。

ここで真野ちゃんのターン。

中井が男子とずっと喋っていて、
チョコを渡すチャンスが見つからないようです。

ミナはチョコを作ってきたみたいです。

クラスの皆に配り始めます。

ほらやっぱりミナちゃんはいい子じゃないですか…

と、そこに先生登場。

チョコは見つけ次第没収だったんですって。

ミナ、強く育って…


真野ちゃんは高木さんに助けを求めます。

どうやら高木さんは既にチョコを渡したようです。

真野ちゃんはどうしても中井に手渡しをしたいみたいです。

ちゃんと気持ちを伝えたい真野ちゃん。とてもいいこ。

男子と会話している中井を発見。

勇気を出して声をかけます。

茶々を入れられ恥ずかしさから走り去ってしまいます。

気が利かない中井に逆ギレの真野ちゃん。

そこに訪れた中井。

笑顔が抑えきれません。

チョコを渡したその時。

あかん…

中井が本だと誤魔化してなんとかこの場を乗り切れました。

真野ちゃんは鈍感な中井だから好きなのかもしれません。

西片、ついに帰りの時間になってしまいました。

下駄箱を開けると。

誰宛なんだろう…

高木さんは誰が入れたか知っていると言います。

結構近くにいるとも。

西片に今日は何の日か聞く高木さんに対し、
西片は恥ずかしがりながらバレンタインと答えると、
嬉しそうにカバンからあるものを取り出します。

「義理だよ。」

「こっちはね。」


というわけで高木さん2話でした。

今回もひたすら高木さんがかわいかったです…

どのカットも全部かわいい。

これは大変なことですよ。

見ないでいいカットがないです…


カイロのシーンは本当に最高でした。

笑みを抑えきれてない表情がとてもとても。

あんな感じの細かいところをどんどんついてきてほしいですね!


ミナちゃんもかわいいところばっかりでした。

どれもかわいかった…

次の3人組パートを楽しみにします。


ということでそれでは。


©2019 山本崇一郎・小学館 からかい上手の高木さん2製作委員会

からかい上手の高木さんカテゴリの最新記事