[感想など]第5話 からかい上手の高木さん②[ネタバレあり]

[感想など]第5話 からかい上手の高木さん②[ネタバレあり]

あらすじ

第5話

「質問」

「まゆ毛」

「放課後」

「ハッピーバースデー」

「くしゃみ」

http://takagi3.me/story/story05.php より引用

高木さんは西片に朝の挨拶。

しかし西片はなにか企んでいる様子。

西片は気づいたのです。

ダンディな男はからかわれないと。

高木さんはそんな西片に不意討ち。

脇腹に一発。

高木さんもダンディな西部劇を見ていました。

西片の考えていることなんて一目瞭然なのです。

「相手の弱点を責めるのは卑怯ではない。戦略だ。」

高木さんダンディ。

西片も高木さんにやり返します。

西片に高木さんの腋を突っつくなんて出来るわけないのです。

と、突然西片は高木さんにゲームのお誘い。

高木さんは誘いに乗ってくれました。

答えられなかったらズドンです。

高木さんから質問したいみたいです。

高木さんノリノリすぎるでしょ。

「私の好きな人って、誰だと思う?」

急にぶっこんできた高木さん。

西片に答えられるわけがありません。

ズドン。

答えられなかったから、また高木さんのターン。

「私の好きな人って、このクラスに居ると思う?」

考えても分かるわけがないのです。

なにも考えずとにかく即答!

「いない!」

ズドンズドンズドン。

答えを間違ってもズドン。

勝ったから、また高木さんのターン。

ですが西片は降参。

このままだと西片がくすぐり殺されてしまう。

そこで、西片は考えます。

さっきの答えは間違い。

つまり高木さんの好きな人はこのクラスのなかに…

高木さんはいじわるな質問のお詫びに、
西片の質問を答えてくれるそうです。

でもどうせ高木さんの弱点。

西片の考えていることはわかりやすいのです。

その通りでした。

「私の弱点はね、西片を見るとからかっちゃうところだよ。」

ズドンズドン。

ズドン。

ズドンズドン。裏切り者はお前だ。


ユカリとサナエの会話。

まゆ毛の太い人は優しいんですって。

そこにミナが。

ズドーン。

ユカリはミナがまゆ毛が太いことを指摘。

ユカリの一言にショックを受けるミナ。

ミナを泣かせないで…

変なところはひとつぐらい誰にだってあるものなのです。

ユカリちゃんはひどいなあ。

ここでミナの反撃。

ユカリだって変な前髪。

サナエだって…

と、ここでサナエからのまゆ毛の説明。

ミナは機嫌を治しました。

まゆ毛をバカにされた訳ではありませんでした。

よかったね。ミナ。

一番悲しいのは、一方的に前髪を批判されたユカリ。

やっぱりまゆ毛、変だぞ。

ズドーン。


放課後になりました。

サナエは部活。ユカリは林間学校準備委員。

ミナは家の用事で忙しいのです。

ユカリは西片に声をかけます。

西片も林間学校準備委員です。

今日も委員会。学校に残らないといけないのです。

というわけで高木さんだけ先に帰ります。

ユカリは高木さんと西片の仲を切り裂いているようで、
罪悪感を抱いています。

西片は高木さんにからかわれた回数を数えます。

それをユカリは高木さんと帰れなかった日を数えていると誤解。

頭の中お花畑ですね。

仲を裂かれた高木さんがつらそう。

ユカリもなんかつらそう。

からかわれた回数は9回。最小記録です。

でもそれは下校分の回数がないだけ。

つらいなあ。

仲を裂くユカリはいじわるなお嬢様かな?

帰ろ帰ろ。

高木さん1人での下校。

ちょっと寂しそう。

と、本屋の前で立ち止まる高木さん。

そこには100%片思いのガチャガチャが。

ガチャガチャします。


休日。

今日は西片の誕生日です。

母が誕生日ケーキを用意してくれていました。

ケーキ屋さんに。

誕生日ケーキを取りに行く西片。

自分のお祝いのケーキを、
自分で取りに行くことに嫌気が差しているようですが。

その道中で高木さんにばったり。

学校外で会うのは貴重ですね。

私服を見られるのとか恥ずかしかった思い出があります。

高木さんは西片に目的地を尋ねます。

しかし西片は恥ずかしくて、
ケーキ屋に行くことを言いたくない様子。

言わずにこの場を切り抜ける方法を模索。

ここで西片は、お互いの行き先を当てる勝負を申し込みます。

高木さんは快諾。

西片は高木さんの行き先をケーキ屋と言って、
当たっていれば高木さんが帰ってから、
ハズレなら堂々と行けばケーキを見られることもなくなります。

勝負に負けてでも高木さんから逃れるための諸刃の策です。

西片、大正解。

高木さんは今からケーキ屋に行くのでした。

高木さんも西片がケーキ屋に行くことを読んでいました。

西片の行動など、高木さんの前では見え透いたものなのです。


ケーキ屋に来た2人。

高木さんは先に買い物をしてくれるようです。

西片には願ってもないチャンス。

これで見られなくなるのでは…!

高木さんも注文していたケーキ。

紙袋のなかに小さな袋を入れてもらっています。

買い物を終えても帰らない高木さんのことを考えておらず、
頭を抱える西片。

見られてしまうのか…

と、そのとき高木さんから声をかけられます。

高木さんから西片へプレゼント。

「おめでと、さっきの勝負、先に西片当てたから。お祝いだよ。」


西片帰宅。

母は高木さんにもらった袋が気になる様子。

苦しい言い訳をし、なんとか退避成功。

キュンキューン。


くしゃみをする西片。

誰が噂してるんだろうなあ。

高木さんはユカリたちを予想。

2人が付き合っているんじゃないかと。

くしゃみをするユカリ。

これは恋バナに発展する予感。

イケメンに噂されてるのかなー。

ミナには大爆笑。サナエには一蹴されました。

この2人に恋バナを求めてはいけない。

高木さんと西片が付き合っているという話。

中井と真野ちゃんとプールでダブルデートをしたのです。

これはもう決まったようなものでしょ。

2人はデートよりプールに惹かれました。

くしゃみをする真野ちゃん。

風邪かも。

真野ちゃんは北条さんぐらいかわいくなりたいんですって。

真野ちゃんのかわいさと、北条さんのかわいさは
ベクトルが違いますからね。

そういう意味で言えばどちらも一番かわいい。

「お前も十分…」

イチャイチャしやがって!

くしゃみをする北条さん。

浜口が北条さんにお話。

つまり一緒に帰りたいということです。

コーヒーを飲んでむせる浜口。

木村のアドバイスを実践、大人のかっこよさを演出。

完全に逆効果な気がしますが…

むせる浜口を心配する北条さん。

うーん、かわいい。

汚いくしゃみをする木村。

高尾は浜口が北条さんと上手く行った場合の
悔しさを語りたいようですが、木村は乗り気ではありません。

矛先は高木さんと西片にも。

高尾が言うには間違いなく2人は付き合っていると。

くしゃみをする高木さん。

かわいい。

からかい過ぎという噂だと予想する西片。

そもそも高木さんは西片しかからかわないのです。

話題を変える西片。

高木さんのくしゃみが変だと。

どこが変かと尋ねられますが。

いくら考えても、かわらしいしか出てこない。

まあそうだね。

この高木さん強い。

もう謝るしかありませんでした。

今度は2人一緒にくしゃみ。

2人の噂話だね。

その言葉に慌てた西片。

ポケットの中から「キュンキューン。」

西片、勇気を出すんだ…

「プレゼント、ありがとう…」

西片、がんばりました。

いつもとは違う心からの笑み。

西片の勇気がこの笑顔を生んだのです。


というわけで高木さん②5話でした。


なんか今まで以上に心が和みましたね。

胸の中が暖かくなりました。

ありがとう、高木さん。


そして今回!

ほとんどの回にミナが出ましたよ!

4つのうち3つ!

これが人気ゆえの登場回数となるわけです。

かわいかったですね…

ズドンもかわいい。まゆ毛もかわいい。

供給過多で息苦しくなるほどでした。

ミナちゃんをすこれ。


今回は北条さんも出番が多かったです。

出てくる回数が少ない分、
出てきたときの破壊力は強大ですね。

かわいさに色気を備えた最強の布陣。

これからも出番が増えればいいですね…


というわけでまた次回。


©2019 山本崇一郎・小学館 からかい上手の高木さん2製作委員会

からかい上手の高木さんカテゴリの最新記事