[本編まとめ]第11話 くまクマ熊ベアー[感想・考察]

[本編まとめ]第11話 くまクマ熊ベアー[感想・考察]

タイトル

クマさん、烏賊(?)と戦う

アバン

一夜の出来事

一晩で盗賊団を壊滅に追い込んだユナ。

その話をアトラはすぐには受け入れられないのでした。

Aパート

和食のために

商業ギルド長ザラッドは十分に稼ぎ、街からの撤退を考え始めていました。

そこに飛び込んできたのは盗賊団が討伐された報せ。

彼は危機を感じ、溜め込んだ私財を持って1人逃げ出そうとしていました。

…が、その現場にアトラたちが突撃してきます。

彼の悪行が始まったきっかけは「クラーケンの出現」

冒険者を盗賊団に仕立て、街道を塞ぎながら金品を強奪。

さらに食料の流通を牛耳り、私腹を肥やしていたというわけ。

悪行事態はアトラは掴んでいました。

しかし、今まではその証拠がなかった。

今回、ユナが盗賊団を捕まえ、口を開かせることが出来たのです。

ザラッドを捕らえて一件落着。

ですが、海路を塞ぐクラーケンの問題は未だ解決していないのでした。

町の問題を解決してくれたユナのために、宿屋の2人がお礼をしてくれました。

出された料理は「焼き魚・米・味噌汁・醤油の和食セット」

あまりの美味しさに、ユナの目からは自然と涙が流れ落ちます。

曰く、この食材は「和の国」から輸入しているとのこと。

しかしクラーケンがいるせいで、食材をいまだ潤沢に確保はできていません。

それはつまりクラーケンを倒せば、和食に必要な食材が手に入るということ。

そこでユナはクラーケンの討伐に手を出し始めます。

…が、討伐方法については決定的なものは見つからないのでした。

Bパート

VSクラーケン

ユナが頭を悩ませていると、先日助けた家族にお礼を振る舞ってくれました。

内容は「海鮮鍋」

盗賊団を倒したおかげで、豪勢な食事をすることができたのです。

笑顔を浮かべて鍋を囲む姿に頬を緩めるユナ。

…と、そんなときにユナは討伐方法をひらめいたのです。

その方法とは「鍋を作る」こと。

アトラに事情を説明し、手伝いを頼みます。

「どうしても守りたいもの(食材)があるから」と。

以前、王都で倒した巨大ワームを餌に釣りを行います。

そして食いついたスキに土魔法を使い、外海への道を封鎖。

あとは火魔法を使ってクラーケンを茹で上げるだけ。

しかしクラーケンも強力ゆえ、お互い熾烈な戦いを繰り広げます。

そして日が沈み始め頃。

ユナは魔力切れになりますが、クラーケンの討伐には成功。

その光景に民衆からは大歓声が上がるのでした。

Advertisement

さいご

一夜の出来事

睡眠妨害された怒りでやられたら形なしですね。

そもそも、元々が冒険者だったからその力はなかったのかもですが。

生粋の盗賊団とはわけが違うんです、多分。


和食のために

相変わらずご飯重視のユナ…

今のユナでも、自分本意であることには変わりないんですね。

ただ、今はそこに人々の笑顔を見ることが少し加わったわけですが。

それを2つとも叶えられるなら倒さないほかはないですよね。


VSクラーケン

さすがのユナでもかなり疲弊していました。

それだけクラーケンが並外れた相手だったってことなんでしょうが。

これ以上の敵は出てくるんでしょうか…

そんな敵がいたら、ユナが来る前に世界が滅びているのでは?


©くまなの・主婦と生活社/くまクマ熊ベアー製作委員会

https://kumakumakumabear.com/

『くまクマ熊ベアー』見るなら『dアニメストア』

最新話は12月19日(土)23:30より配信開始!

(毎週土曜日 23:30〜 最新話配信開始)

初めてなら初回31日間無料!

月額440円で現在放送中の話題作から過去の名作まで楽しめます!

登録はココから。


Advertisement

くまクマ熊ベアーカテゴリの最新記事