[本編まとめ]第10話 キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦[感想・考察]

[本編まとめ]第10話 キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦[感想・考察]

タイトル

始動 ―星に願う少女―

アバン

天帝の喜び

璃洒は天帝「ユンメルンゲン」にイスカ帰還を報告。

彼は現在「最高に楽しい時間」を過ごしていました。

「始祖ネビュリスの血を継ぐ者の中に、帝国の剣士に焦がれた魔女の姫が現れた」と。

Aパート

シスベルの懸念

シスベルは「女王の危機」を予感させるような夢を見ていました。

それに懸念を抱く一方、彼女は部屋に籠りがち。

そんなある日、女王ミラベアに呼び出されます。

「独立国家アルサミラへの遠征」を命じられたのです。

曰く、帝国の使いと交流している噂があるとのこと。

つまり、帝国に属す意思があるかを調べることが目的です。

その遠征にはミラベアは自らの護衛を付けると提案します。

…が、ミラベアの身を案じるシスベルはそれを拒否。

話の終了後、第一王女の「イリーティア」が帰還したのでした。

強制休暇

N07部隊は身体検査を行いました。

その結果、偽の星紋をつけた3人は一週間後に再チェックを行うことに。

そうなると、ミスミスに本物の星紋があることを見つかってしまいます。

つまり、誤魔化す方法を見つける必要があるというわけ。

…と、そこにやってきたのは璃洒と1人の女性。

彼女は司令部統括医療チームの「ミカエラ」

N07部隊に指示を送る璃洒を叱りつけていたのです。

原因は「働きすぎ」のせい。

基準の労働時間を越えており、さらには危険な任務にも参加させられている。

そこでミカエラはN07部隊に「60日間の強制休暇命令」を下したのです。

これはミスミスの星紋チェックに猶予が出来たことにもなります。

一同は帝都を離れて誤魔化す手段を探すため、リゾートへと行くのでした。

アルサミラへ

アリスは溜まりに溜まった女王の事務の手伝いを消化中。

座り仕事ばかりの彼女には刺激が足りませんでした。

そこに聞こえてきたのは、イリーティア帰還のファンファーレ。

彼女は「王位投票権者への挨拶回り」を行っていたのです。

アリスは出迎えに廊下へと出ると、シスベルとバッタリ遭遇します。

…が、彼女はアリスから逃げるように立ち去ってしまいます。

元々、シスベルはお転婆で好奇心旺盛な少女でした。

彼女が変わってしまったのは「女王選抜」のせい。

王宮内では誰もがその話で持ちきりで、アリスも疎んでしまうほど。

近頃、帝国の侵入を想定し、中央州には強力な星霊使いが集まっています。

しかし、アリスが外へ出ることは叶いません。

なぜなら、シスベルが先に遠征の命令を出されたからです。

シスベル出発の時。

彼女の護衛はシュバルツ1人だけ。

ここにもまた女王選抜が関わっているのです。

シスベルは彼しか信用できないという意思があるから。

先日見た悪夢が正夢と信じ、女王や国を狙う者がいると思っているのです。

彼女は女王の身を案じながら出立するのでした。

一方、仮面卿の元へとやってきていたのはイリーティアでした。

Bパート

イリーティア

イリーティアが仮面卿の元を訪れたのには理由がありました。

「皇庁を揺るがす話がある」と。

彼女の周囲に帝国と水面下で関わりを持っている者がいると知ったのです。

仮面卿はその事情を詳しく尋ねるのでした。

運命の出会い

N07部隊がやってきたのはアルサミラ。

星紋を誤魔化す方法を考えつつも、4人はリゾートを堪能します。

イスカが1人歩いていると、1人の少女とぶつかってしまいます。

その少女はシスベルでした。

しかし音々がやってくると、彼女はいつの間にかいなくなっていました。

シスベルはイスカと出会えたことに大喜びし、シュバルツに事情を説明します。

「理想の護衛を見つけた」と。

シスベルの真意

アリスが事務仕事を終わった頃、女王がやってきます。

彼女はアリスをシスベルの部屋の前へと連れてきたのです。

それは母として彼女の身を案じているから。

彼女は家臣の信頼が低く、女王争いからは一歩後退しています。

しかし、娘として立派に育てたいという意思は強くあるのです。

とはいえ、彼女は毎日部屋に閉じこもってばかり。

そのため、遠征に出たスキに何をしていたか探ろうというわけ。

アリスが中で見つけたのは、イスカが逮捕された時の新聞記事だったのでした。

シスベルは星霊を使い、別れた後のイスカの足取りを追い始めます。

使用しているホテルのランクから、個人的な観光だと見つけて部屋に突撃開始。

しかし、刺客だと勘違いしたイスカにねじ伏せられてしまいます。

忍び込んできたのがシスベルだと知って驚くイスカ。

そんな彼にシスベルは頼むのでした。

「私とともに皇庁に来ていただけませんか?」

Advertisement

さいご

天帝の喜び

これはまた中性的なキャラですね、ケモいのがいい。

彼はアリスの恋心には気付いているようですが…

ここがくっつくことでどういう展開を望んでいるんでしょうね?


シスベルの懸念

彼女には未来を予知できる能力みたいなものがあるんでしょうか。

確信している雰囲気が見えますよね。

星霊が強い子なのかもしれない。


強制休暇

現実逃避してるミスミス隊長はかわいい。

璃洒に物申せるミカエラさんって凄くないですか?

この人がラスボスなのでは?


アルサミラへ

シスベルはどういう経緯で帝国に捕まったんでしょうね?

これも女王選抜に関する誰かの企みの一環だったりしたんでしょうか。

明るかった頃のシスベルも見てみたいな…


イリーティア

仮面卿と接触しているだけでヤバそうな長女さんですね。

これも女王になるための計画の1つなのでしょうが。

帝国と水面下で関わりって、絶対にアリスですもんね。

これが公に広まったら、アリスが大きく後退することになるでしょう。

そうなると、イリーティアが女王当確になるっぽいですし。

仮面卿は仮面卿でこの情報を利用してアリスに取引を持ちかけてきそう…


運命の出会い

見つけた!ってシュバルツに嬉しそうに話すシスベルとてもかわいい。

今回はアリスではなく、シスベルがヒロイン枠になるわけですね?

というか、この姉妹はイスカに吸い寄せられているのでは?

イスカが向かう先々で偶然出会いすぎている…

猫耳と尻尾をつけたスク水とは、ミスミス隊長やりますね。


シスベルの真意

アリスにも対抗馬が現れてしまいましたか。

運命の出会いはアリスよりも先にシスベルが済ませていたわけですからね。

この争いはめちゃくちゃ楽しみです。

この後、アリスとイスカはどう行動するのかも楽しみなところ。

3人が対面する修羅場はいつ頃見られますかね?


https://kimisentv.com/

©2020 細音啓・猫鍋蒼/KADOKAWA/キミ戦製作委員会

『キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦』見るなら『dアニメストア』

最新話絶賛配信中!

(毎週水曜日 24:00〜 最新話地上波最速先行配信開始)

初めてなら初回31日間無料!

月額400円で現在放送中の話題作から過去の名作まで楽しめます!

登録はココから。


Advertisement

キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦カテゴリの最新記事