[感想]第10話 グレイプニル[考察]

[感想]第10話 グレイプニル[考察]

タイトル

第10話「美しい花」

アバン

桁違いの化け物

円の姿から彼が「桁違いの化け物」であると修一は認識。

一方、紅愛が入った着ぐるみに興味深そうに近寄る円。

修一と紅愛は円を引きつけ引きつけて、超至近距離で発砲。

しかし簡単に躱されて、銃を奪われて千尋に突きつけられてしまいます。

変身を解いて難を逃れるも、そこに仲間たちが現れてしまうのでした。

Aパート

犠牲

円のチームに囲まれて紗耶香のチームは絶体絶命のピンチ。

この勝ち目ない戦いに、円はチームに加わるよう促します。

円のチームの目的は「円が力を手に入れて仲間の望みを円が叶える」こと。

それほどまでに円は仲間想いなのです。

それゆえ、森田が傷つけられたことに対しての怒りは収まりません。

仲間になるとしても「1人は犠牲にする」ことを条件付けられます。

たとえそれが、円が殴った勇と陽太が死んでいたとしてもそれは変わりません。

彼が望むのは「仲間を売るクソ野郎になる」という通過儀礼なのです。

円は正々堂々と前に立つ紅愛は「既にこっち側である」と見逃すことに。

そして犠牲者を決める時間を与えるために、円のチームは去っていくのでした。

生贄

勇と陽太も一命をとりとめ、なんとか絶体絶命の窮地を脱します。

とはいえ、少し離れた所で円の仲間が逃すまいと見張っているのです。

チームの中での意見は様々。

陽太は戦うことを決心し、池内は「勝ち目がない」と叫びます。

紅愛が賛同するのは池内の意見。

このまま戦えば全滅は確実で、全員が死ぬよりも一人の犠牲なのです。

池内も紅愛の意見に賛同しますが、嫌な予感を抱き始めます。

「選ばれるのは生贄に賛成した自分かもしれない」と。

そして池内は涙を流しながら死を覚悟するのでした。

仲間との日々

紗耶香のチームの意思決定を待つ円。

彼が考えていたのは、化け物になる以前の光景でした。

彼は何をやっても上手く行かず、誰とも馴染めない日々を過ごしていました。

ですが、下ばかり見ていたことがきっかけでコインを拾うことができたのです。

それは円だけでなく仲間も同じこと。

そんなクソな仲間と過ごす幸せな気分は、円が抱く初めての気持ちなのです。

お願い

未来は「透明」の能力で円の暗殺を提案します。

紗耶香は猛反対な一方、紅愛は一定の支持。

ですが、それを察知できる能力者がいる可能性もあり、それだけでは不十分。

さらに「殺したら同じ化け物になってしまう」から。

チーム一同が考える中、勇は1人離れた場所にいました。

そんな彼に近づくのは紅愛でした。

自分を無力だと嘆く勇に紅愛は優しく諭します。

そしてみんなを守るため、紅愛は勇に「ある花」を植えるように頼むのでした。

Bパート

2人で1つ

修一が紅愛を探しに来ると、勇の力で成長させた花が咲き誇っていました。

絶望の表情で去っていく勇に対し、紅愛は謝罪と感謝を告げます。

「逃げる準備ができたから後は私がやる。」

一方、それを見ていた池内は千尋を助けるために走り出します。

修一はその花に「不吉さ」を感じ取りつつも、それが何かは分かりません。

紅愛にその行動の手伝いをすることを名乗り出ますが…

「いい子の修一には、これはとても悪いことだからない」と。

話の通じないやつの相手は綺麗事だけじゃ通用しません。

それを出来ない仲間のために紅愛が立ち上がろうというわけ。

「怖いのは強大な力を持った敵ではなくその力を使う人間だから。」

修一は何度紅愛に拒絶させられても引き下がることはしません。

なぜなら「2人で1つ」だから。

修一に抱きしめられる紅愛。

「人は誰かのためならそれがどんな善良な人でもどこまでも残酷になれる。」

それは修一だけでなく、江麗奈もそうだったことを紅愛は実感するのでした。

辺りが暗くなり始める中、円たちは逃げられた紗耶香のチームを追ってました。

その最中に現れたのは池内でした。

彼は裏切りを宣言し、千尋とともに仲間に入れてもらうことを頼みます。

そこに山火事の気配が姿を表すのでした。

一方、勇に促された紗耶香たちも逃げていました。

実は花の正体は「キョウチクトウ」

どこにでも生えている花ですが、猛毒を持っています。

さらに猛毒は花を燃やした煙にも含まれるのです。

池内は混乱する円たちに「逃げろ」と訴えます。

…が、勇の能力について話そうとして紗耶香の能力が発動した結果死亡。

仲間を殺されたことを怒り、円は皆殺しを決心するのでした。

逃げる紗耶香たちに修一と紅愛も合流。

一方、煙に巻き込まれた円たちは毒の影響を受け始めてしまいます。

そこで初めて円は毒の存在を察知。

それでも円は仲間を見捨てずに逃げないことを決心。

その意志に触れた仲間たちも最後まで円を手伝うことを決心するのでした。

江麗奈の想い

一方、修一たちは既に森を抜けていました。

なんとか危機を抜け出したものの、それは円たちが真っ直ぐこっちにやってこなかったから。

それは紅愛の賭けだったのです。

「怖いのは強大な力を持った敵ではなくその力を使う人間。」

円の仲間想いな部分を利用したのです。

紗耶香は紅愛と会って以来、紅愛はおろか江麗奈の考えも理解できません。

とはいえ、江麗奈に関しては紅愛も同じこと。

最初は「江麗奈が紅愛にコインを預けた理由」が分かりませんでした。

ですが、修一に会ってから紅愛は理解し始めたのです。

江麗奈は自らの罪の重さに耐えられない上、そこから逃げることができません。

つまり江麗奈が望んでいるのは「紅愛に助けてほしい」ということ。

それゆえ、紅愛は江麗奈を助けようとしているのです。

一方、江麗奈は何かを決心した表情で宇宙人の前にやってきたのでした。

Advertisement

まとめ

・仲間想いの円。

・池内裏切りからの死。

・紅愛の覚悟と修一の覚悟。

・江麗奈の行動。

さいご

というわけで、グレイプニル10話でした。


仲間想いの円。

思ってたよりカッコいいじゃん…

自らの命も顧みずに仲間を救おうとするところ好き。

でも、結局紅愛の身体目当てっぽいところは小物臭を感じますね。

これが主役になりきれない悪党なわけですね。

とはいえ、これで黙って引き下がる円ではないでしょう。

次回サブタイの「決意の代償」もヤバい雰囲気が漏れ出しています。

戦闘は免れないでしょうね…

三部さん、助けて。


池内裏切りからの死。

彼は最初から最後まで小物でした。

最後の行動が分からないわけではないんですけどね。

自らを追い詰め過ぎてしまったんですね。

そして裏切りのシーン。

勇の能力を話さないと、手早く信用してくれることはなかったでしょうが…

迂闊っぷりには笑いました。

千尋の盗撮映像は闇に葬られるわけですね…


紅愛の覚悟と修一の覚悟。

キョウチクトウの前での2人のシーンはよかったですね。

修一から行ったってのがやはりいいもの。

そこからの紅愛の涙がいいんだ…

これでようやく2人が一心同体になったような感じがします。

この流れで行けば融合する日も遠くないかもです。


江麗奈の行動。

江麗奈がようやく行動を開始しましたか。

彼女は一体何をするつもりなんでしょう。

修一の化け物の能力を無くそうと思っていたり…

江麗奈に修一や紅愛がどう力を貸すのかも気になるところです。


というわけで、また次回。


Advertisement

http://gleipnir-anime.com/

©武田すん・講談社/グレイプニル製作委員会

グレイプニル(1) (ヤングマガジンコミックス)
武田すん(著)
講談社 (2016-03-18T00:00:00.000Z)
5つ星のうち4.1
¥660

グレイプニルカテゴリの最新記事