[総評]グレイプニル

[総評]グレイプニル

(当ページの説明は、下記ページを参照してください。)


採点

面白さ5/10
作画6/10
かわいさ5/10
5/10
5/10

作品のいいところ

[先が気になるストーリー]

安定してずっとワクワクさせてくれるお話でした。

この作品は結構謎が多かったですからね。

後半3話ぐらいの解明パートは爽快感を覚えました。

徐々に謎が明らかになっていく展開はどんな作品でも魅力的です。

勝ち目のない相手にどうやって勝つのか、主人公はどの道を選ぶのか等々…

謎以外にも面白い要素が盛りだくさんで十分に楽しむことが出来ました。

[独特な作画]

なんというか色気がある作画ですよね。

特にヒロインは脱ぎたがりでしたからね、裸がそれならそうなるでしょう。

そこにレズ要素も放り込んでくるとは…歓喜じゃないですか?

戦闘シーンにも絵として臨場感があり、視覚から作品に没入させてくれました。

作品の気になるところ

[終わりが尻切れ気味]

謎は解明されたといいつつ、解明されてないことがかなり多いですね。

ラストも「あえて区切りとするならここ」って感じでしたし…

原作の購買意欲を増幅させるマーケティングとしたら完璧なのかも。

好きなキャラ

出番はめちゃくちゃ少ないですが、奈々ちゃんはかわいかったですね。

1話を見た感じだと、もっと本筋に絡んでくるかと思ったんですが…

それでも時々登場したときの清涼剤としての役割は抜群でしたね。

最終回ではようやく見せ場がありましたし。

かわいいだけに、エグいことにはならずに済んだと思えば…

総括

デスゲーム系は白黒分かれがちですが、この作品は上々でしたね。

謎が主人公の中に多くあったってのがよかったのかも。

戦闘もよかったんですが、個人的には話を追うことが楽しかったです。

ただ戦うだけじゃないってのも魅力になるのかもしれませんね。

なので、

大外れがないデスゲーム系を見るならこれ。

でしょうか。


『グレイプニル』のアニメ制作に携わった方々に感謝を送ります。

ありがとうございました。


Advertisement

http://gleipnir-anime.com/

©武田すん・講談社/グレイプニル製作委員会

グレイプニル(4) (ヤングマガジンコミックス)
武田すん(著)
講談社 (2017-11-20T00:00:00.000Z)
5つ星のうち4.5
¥660

グレイプニルカテゴリの最新記事