[感想・考察]第3話 彼女、お借りします[ネタバレあり]

[感想・考察]第3話 彼女、お借りします[ネタバレあり]

タイトル

第3話「海と彼女 -ナツカノ-

アバン

2度目のチャンス

和也を家に誘ってきた麻美。

実は彼氏が出来たことも「嘘」

千鶴を連れてきた和也に対して見栄を張っただけだったのです。

そこに麻美のスマホに一緒に飲んでいた友人からの通知が。

それを見て麻美は「弟の友達が家にいるから」と家へ誘うことを断ります。

そんなことを知らない和也は一大チャンスを逃したことで血を涙を流すばかり。

それでも麻美と再び恋するチャンスがあることに喜ばざるを得ません。

酔いが回り始め、吐きそうになる和也に対して優しく介抱してくれる麻美。

和也は麻美を求めて、このチャンスを逃すまいと自宅に誘うのでした。

Aパート

麻美と千鶴

呆然とする麻美に、先の言葉にフォローしようとするも本音が漏れる和也。

そんな彼にも麻美は優しく頭を撫でてくれるのです。

和也が抱くのは自分への嫌悪感。

麻美との未練を引きずってレンタル彼女を利用し、千鶴を傷つけてしまった。

その上、この2度目の告白でさえも振られることになるのです。

それでも麻美に嫌われたくないという思いだけは変わることはありません。

そんな彼女は千鶴について話を始めます。

麻美にとって千鶴は「地雷多くて絡みづらい苦手な女の子」

和也はその言葉を拒否せざるを得ませんでした。

いくら麻美が好きでも、千鶴の悪口は言われたくはないのです。

和也はその場を飛び出し、千鶴に謝罪するために自宅へと走ります。

和也がアパートに到着すると、ちょうど同じ時期に千鶴も帰宅。

ですが、自分がレンタルと割り切っている千鶴は怒ってはいません。

それどころか麻美との仲直りを心配するほど。

その慰めに涙を流しながら事情説明と自嘲をし始める和也。

落ち込む和也に対し、千鶴は和也の相手を続けることを宣言。

千鶴の優しい言葉に和也は感涙に咽ぶのでした。

麻美の企み

先日の飲みのメンバーとともに旅行へやってきた和也。

そんな彼が気になるのは麻美がいること。

ですが、麻美の方から和也の参加を希望した挙げ句に千鶴の参加も勧めるほど。

一方、千鶴は「急な用事」ということで旅行には未参加。

千鶴からの延長料金請求で現実に帰った和也はレンタル頼りな自分に辟易。

ですが、事情を知らない芳秋は千鶴を大切にすることを促します。

現実は千鶴はレンタルです。

とはいえ和也が気になるのは、千鶴がかなり親身になってくれることでした。

ホテルに到着。

麻美を見つめる和也に対し、麻美からは優しい笑顔が送られます。

そんな彼女を見た和也は麻美が自分に抱く思いが気になり始めます。

もし千鶴と別れたことにしても、麻美を連れて行けば祖母も満足するはずだから。

一方、麻美は密かにSNSで呟いていました。

「手が早い和也への嫌悪と千鶴と別れさせる」ことを。

そして千鶴は友人とともに旅行へやってきていたのでした。

Bパート

偶然の出会い

海へやってきた和也たち。

仲間たちが海で遊ぶ一方、和也が考えるのは麻美とヨリを戻す方法。

そして現れた麻美の水着姿には目が釘付けになってしまいます。

麻美は先日の千鶴に悪口を言ってしまったことを謝罪。

自らを責め続ける麻美に対し、和也はますます堕ちていくばかり。

次に麻美が始めたのは和也との付き合っていた1ヶ月の楽しい思い出話。

それでも千鶴と付き合っている和也との恋はもう叶うことはありません。

それを語る悲しそうな顔の麻美。

和也は意を決して千鶴がレンタル彼女であることを告白しようとします。

そんなとき、隣に別のグループが登場。

そのなかに千鶴の姿もあったのでした。

ですが、今の千鶴はあくまで「一ノ瀬 千鶴」

他のメンバーは気付いておらず、和也と千鶴は初めましてのフリ。

なんとか危機は去って一安心の和也。

そんな彼に麻美は先の話の続きを求めます。

…が、和也は買い出しを頼まれて続きが語られることはなかったのでした。

千鶴バレ

買い出し先のコンビニのトイレで思い直した和也。

もし千鶴がレンタルだとバレれば、嘲笑もしくは蔑まれるに違いありません。

どうすべきか悩んでいると、トイレに姿を表したのは千鶴でした。

和也は千鶴をトイレに引き込み、「親身になってくれる理由」を尋ねます。

あくまで千鶴が行っているのはレンタル彼女。

和也の落ち込みをレンタルで癒せることを提言しただけのこと。

ビジネスとはいえ、千鶴の思い和也は肩を撫で下ろします。

なぜなら「現在は麻美といい雰囲気にある」から。

麻美との惚気を語る挙げ句、憐れんでくる和也に千鶴は激怒するのでした。

そんなことをしていると、麻美が心配して声を掛けてきます。

和也は1人外へ出て誤魔化そうとするも、中に人がいることを察した麻美。

一ノ瀬千鶴と水原千鶴が同一人物で、一緒に密室にいたことがバレるという絶体絶命のピンチ。

するとトイレから出てきたのは水原千鶴でした。

千鶴に対し、麻美は先日のことを謝罪。

…しながらも、和也と千鶴の文句をSNSで呟き続けるのでした。

信じているから

帰ろうにも帰れなくなってしまった千鶴。

千鶴とのなりそめに嘘をつき続ける和也。

しかし、そのうちに緊張感に耐えられずに千鶴を置いて逃げてしまいます。

そんな彼が見たのは、男たちの千鶴への羨望の眼差し。

改めて千鶴への謝意が湧き、旅行終了後に全てを告白することを決心します。

…と、麻美は岩陰から和也を呼び出し。

麻美は海に落とし物をしてしまい、和也にも探してほしいというわけ。

ですが、麻美は足を取られて和也に身体を預けてしまいます。

一方、和也が戻ってこないことが気になり始める千鶴。

そんな彼女に「和也を他の女性との旅行を許した」ことを指摘されます。

「私は和也さんを信じていますから。」

和也は麻美とキスをしていたのでした。

Advertisement

さいご

というわけで、かのかり3話でした。


2度目のチャンス

こういうところ麻美は上手いですよね。

やり慣れている感が半端ないです。

それにまんまと釣られる和也くん…

しょうがないとはいえ、未練がましさは否めませんね。


麻美と千鶴

ここの麻美に反論する和也はちょっとカッコよかったです。

それを見ると麻美も和也の攻略法は確率していないのかも。

それだけ和也にとって千鶴が大きい存在かもしれないですけどね。

そして千鶴は相変わらずイケメン過ぎる…

これは男でも女でも堕ちるに違いないでしょう。

千鶴みたいな人だったらレンタルしたい…


麻美の企み

麻美の恐ろしい側面が顔を覗かせ始めました。

いまだ目的としたら定かではありませんね。

なぜそこまで和也にこだわっているんでしょう。

彼が幸福になることが嫌なのか。

それとも思い通りに動かないことが気に食わないだけなのか。

この謎が解明されるのはとても楽しみですね。


偶然の出会い

麻美と和也はかなり深い話まではしていたんですね。

子どもの名前の話でDTが堕ちないんわけないんですよ。

それも麻美にとっては遊びの範疇だったのかもですが。

一ノ瀬モードの千鶴も好き。

もっとこっちの姿も見せてほしいですね。


千鶴バレ

ここでも和也の悪癖が出ていましたね。

こういうところ私大嫌いです…

千鶴に感謝するならもっと心をこめてほしいです。

それほどまでに千鶴がいい人すぎて…

彼女がつらい展開になることが耐えられません。

和也は千鶴に助けられた箇所が多すぎるんですよね。

千鶴には早くいい人と幸せになってほしい…

麻美がSNS使うシーン大好き。


信じているから

和也が見栄を張るところ嫌い…

最後のシーンはなかなかに複雑ではありましたね。

千鶴はレンカノとして和也の都合のいい言葉を使うだけかもですが。

そこに少しでも感情が伴っているならしんどさはあります。

本当に麻美との復縁を望んでいるなら願ってもない展開ですね。

まあ麻美からすると作為しかない振る舞いでしょうが…

これで心を痛めた和也がまた千鶴を頼るわけですね、なるほど。

何にせよ千鶴と麻美の真剣な直接対決はとても楽しみです。


EDアニメ

OPもよかったですが、EDもめちゃくちゃかわいい…

4人のチアコス最高でしたね。

かのかりは女の子がかわいい素晴らしいアニメです。


というわけで、また次回。


Advertisement

https://kanokari-official.com/

©宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会

彼女、お借りします(16) (講談社コミックス)
宮島 礼吏(著)
講談社 (2020-08-17T00:00:01Z)

¥495

彼女、お借りしますカテゴリの最新記事