[本編まとめ]第13話 現実主義勇者の王国再建記[感想・考察]

[本編まとめ]第13話 現実主義勇者の王国再建記[感想・考察]

タイトル

百戦百勝は善の善なる者に非ず

復権のために

ガイウスを討ち果たし、アミドニア公国の首都を手に入れたソーマ。

今までのように1つずつ問題を解決していき、領民の支持を獲得していく。

その光景に公国の第一王女「ロロア」は復権は困難だと知らしめられる。

しかしこの状況においても退く気は全くなかったのだった。

帝国と王国

ジュナとトモエと買い物に繰り出していたある日。

ソーマの前に姿を現したのは、グラン・ケイオス帝国の陸軍総帥「ジャンヌ・ユーフォリア」

彼女は「帝国の聖女」と呼ばれる女皇「マリア」の妹でもあった。 

ジャンヌがここに来た理由は「ソーマを見定める」ため。

帝国としてはエルフリーデン王国の侵略行為を見逃すことはできなかったのだ。

マリアが「理想論」を掲げる一方、ソーマが掲げるのは「現実論」

ジャンヌ個人としてはソーマの考えに好感を抱いていた。

それでも人類宣言がある以上、ヴァンの領有を許すには交渉する必要があった。

家族

ソーマはエルフリーデン王国がグラン・ケイオス帝国に献上させるために召喚された勇者。

しかしそもそも帝国は勇者を求めてはいなかった。

本当の目的は「支援金を捻出できない王国の体裁を整える」ため。

支援金をまともに支払う他国に平等さを示そうとしていたのだ

しかし既にソーマがこの世界に召喚された文句は消え去っていた。

「守りたい家族ができたから。」

そんな彼女たちを守るためにソーマは前へと進み続けるのだった。

Advertisement

感想・考察

復権のために

すんなり仲間になるのかと思っていましたが、案外粘ってくるようですね?

返り咲けるようには思えませんが…ロロアの奮戦は期待したいところです。

…ポンチョって明らかにハクヤよりも役に立っている人材だと思うんです。


帝国と王国

ついにボスが到来しましたね。

話し合いが通じそうな相手なので、現時点では戦うようには思えませんが。

やはりラスボスは魔族になってくるんでしょうか?


家族

最初は召喚されてキレていたソーマでしたが、守るものができるのは大きいんやなって。

おじいちゃんの言葉は正しかった。

そして最終回で2期の放映も発表されましたね。

今期は内政がメインだったので、次回は他国を相手にする外政が多く見られるでしょう。

希望としては派手な展開が見たいところです。


© どぜう丸・オーバーラップ/現国製作委員会

https://genkoku-anime.com/

Advertisement

現実主義勇者の王国再建記カテゴリの最新記事