[本編まとめ]第5話 神様になった日[感想・考察]

[本編まとめ]第5話 神様になった日[感想・考察]

タイトル

大魔法の日

アバン

墓参り

杏子は「母の墓参り」について父に誘います。

しかし、彼はそれをのらりくらりと避けてしまうのでした。

Aパート

家を出ない理由

陽太が杏子と図書館で勉強していると、杏子はため息を付きます。

彼女の懸念は「父親が家から出ようとしない」こと。

翻訳家の彼ですが、母親が死んでから10年以上も墓参りすらしようとしません。

そんな彼と一緒にいることが杏子の息苦しさにもなっているのです。

つまり、図書館に来ているのは「陽太と会う」ためなどではありません。

その事実に陽太が意気消沈する一方、ひなは杏子を救ってあげようと決心。

そこでまずは陽太に父親を外へと出させることに。

なかなか出ようとしない彼でしたが、陽太は目前にある杏子の誕生日を使用。

誕生日プレゼントを一緒に選ぼうと頼み、ついに彼は姿を見せます。

…が、着替えずにそのまま外出してくるのでした。

というわけで、都会に繰り出す3人。

父は10年ぶりの外出を心から堪能していました。

すると、お酒も飲んだ彼は1つのキーワードを挙げたのです。

「母が残したビデオメッセージ」と。

しかしそれを父は杏子には見せてはいないのでした。

秘策

父と別れ、ひなは買い物をしてご満悦で帰宅。

すると、すぐに彼女は「伊座波母の動画が見たい」と陽太に頼みます。

それをじっと見入ったところでひなの準備は完了。

ひなは母のメッセージが届いていないことを「子どもの不幸だ」と宣言。

そしてこれが「伊座波家を停滞させる原因だ」と見抜きます。

彼女はなぜか母親のことになると熱くなってしまう様子。

とはいえ、これ以上部外者の陽太たちに手の打ちようはないはず…

しかし、ひなは既に策を見出してしました。

それは「ひなが伊座波母になりきって杏子に電話する」こと。

半信半疑な陽太ですが、ひなは自信満々なのでした。

Bパート

冥界につながる電話

というわけで、陽太は杏子に直撃して作戦開始。

「生前の母と話せるならしたい?」

「魔法の研究をしていたら冥界につながる電話を手に入れた」と嘘っぽい話。

その話に杏子は付き合ってくれることに。

杏子が電話に出ると、母親本人としか思えない声が聞こえてきたのです。

杏子は懐かしさを覚えながらひながなりきった母との歓談に興じます。

…が、その時間もずっと続くことはありません。

すると、電話口の向こうの母は杏子に最後の言葉を残します。

「会いたくなったら、ビデオメッセージを父と一緒に見てね」と。

杏子は急いで帰宅し、陽太とひなは伊座波家の変化の希望を感じたのでした。

大魔法

杏子は帰宅し、父にビデオメッセージについて問いただします。

曰く、それを支えにしているが、途中までしか見ていないとのこと。

というわけで、途中まで一緒に見ることに。

母は7歳、13歳、18歳の杏子にそれぞれメッセージを残していました。

そして彼女は「家族を幸せにする魔法を研究している」と言うのです。

18歳の杏子へのメッセージが終わった後は「最後」のメッセージ。

しかし、母はそれを見るにつれて条件を残していたのです。

「見終えたらママの事を忘れてメッセージを処分しなければいけない」と。

だからこそ、父は途中までしか見ていなかったというわけ。

杏子は母が亡くなって以来、塞ぎ込んで性格すら一変してしまいました。

そこで「これを見たら変われるかもしれない」と感じたのです。

ですが、父は続きを見ることを強く否定してしまいます。

そんな彼に杏子はお願いします。

「私はいなくなったりしないから。」

杏子の言葉に父は続きを視聴する決心をしたのでした。

母はまるで見ているかのように2人が停滞している姿を話します。

そして行うのは大魔法「幸せになあれ」の使用。

一生逃れられず、母を忘れて2人は前を向いて歩き出さねばならないのです。

しかし、父は涙を流しながら「効かない」と懸命に逃れようとします。

涙を流していた杏子ですが、その姿に笑いがこみ上げてしまいます。

母が死んだことは杏子自身が一番つらいと感じていました。

…が、それ以上に父が一番に苦しんでいたのです。

そこで杏子は父に寄り添い、ともに歩いていくことを決心。

母の思いを無駄にしないためにも、2人は外に出て幸せになることを決心。

父も杏子の意思に同調し、初めて2人一緒のお墓参りに出向いたのでした。

告白

その後。

お墓参りを終えた杏子は陽太の家を訪れました。

彼女は今回の件について、心から陽太に謝意を抱いていたのです。

そこで彼女は「お礼がしたい」と宣言。

陽太はこここそ「告白のタイミングだ」と見つけます。

一方その頃、ひなは陽太が杏子といい関係になっていくと察していました。

…が、なぜか心のざわめき感じてしまいます。

しかし、帰ってきた陽太は「告白できなかった」とあっけらかんとした態度。

そんな彼に怒りつつも、ひなはどこかホッとしてしまうのでした。

世界の終わりまで、あと11日。

Advertisement

さいご

というわけで、神様になった日5話でした。


墓参り

今回は伊座波さんのターン。

母の死がなければ、杏子は今も快活な女の子だったんでしょうか…


家を出ない理由

伊座波パパのテンションが上がる姿いいですね。

まるで過去から未来にやってきた人間のようだ…

それに便乗して楽しむひなもかわいい。


秘策

ひなが母親の件にこだわるのは絶対に何かあるんでしょうね。

出自にも関わってくるでしょうし、ここはとても楽しみです。

そして今回は特に「オーディン様じゃ!」ってのがかわいく見えました…


冥界につながる電話

まさか1話のアレが伏線だったとは…ひな恐るべし。

前回はともかく、今回の声帯模写めちゃくちゃすごいですね…

これも神の力の一端なのでしょうか。


大魔法

これは胸に来る話でした。

生前のこういう明るい姿は無条件にダメージを負ってしまいます…

伊座波ママは2人のことをよく分かっていたわけですね、これが母の強さ。

彼女もつらいだろうに、2人のために頑張ったんやなって…

ここで立ち上がれる杏子も強い子。

今後の杏子がどう変わっていくかのターニングポイントになるでしょう。

次回はどんな杏子になっているのかは楽しみですね。

立ち直ったシーンあたりからの杏子の作画とても大好き。

杏子の笑顔が見られたのがとてもよかったです。


告白

杏子もかわいかったのに、複雑な思いを抱くひなには心打たれました…

あそこはどういう感情なんでしょうね。

遊び相手のお兄ちゃんがいなくなる感じなんでしょうか?

もしかすると、ひなが元いた場所では2人は恋仲だった可能性が…

そのあたりの真相が明らかになってからこのシーンを見返したいですね。


https://kamisama-day.jp/

©VISUAL ARTS / Key / 「神様になった日」Project

『神様になった日』見るなら『dアニメストア』

最新話絶賛配信中!

(毎週土曜日 24:30〜 最新話配信開始)

初めてなら初回31日間無料!

月額400円で現在放送中の話題作から過去の名作まで楽しめます!

登録はココから。


Advertisement

神様になった日カテゴリの最新記事