[本編まとめ]第7話 神様になった日[感想・考察]

[本編まとめ]第7話 神様になった日[感想・考察]

タイトル

映画撮影の日

アバン

脚本完成

陽太は自室で勉強中にひなが飛び込んできます。

「良いニュースと悪いニュース、どちらから聞きたい?」

悪いニュースは「世界の終わりまで残すところあと7日」

良いニュースは「空がついに映画の脚本を完成させた」

「きっと歴史に残る傑作に違いない!」

シスコンの陽太は空の脚本を読みに向かうのでした。

Aパート

映画撮影

出来上がった台本を一番最初に読むのは陽太、そしてひな。

じっくりと読み進めていき、読み終わった陽太は大絶賛。

しかしファンタジーな世界観で、製作にはなかなか手間が掛かりそうな予感。

ヒロイン役として名乗り上げるのはひなでした。

映画の撮影には最低限のスタッフが必要となります。

とはいえ、これもまたひなは計算済み。

陽太は無意味に世界最後の夏を過ごしてきたわけじゃないのだから。

つまり、願いを叶えてきたみんなに頼ろうというわけ。

来てくれるか半信半疑な陽太ですが、空に縋られて全員に連絡を取ります。

連絡の結果、元貸金屋までが全員集合となりました。

陽太は改めてたくさんの友達に囲まれていたことを思い知ります。

ついに製作は開始され、ひなたちがゲームをしているうちにコンテは完成。

ヒロインは「不器用な女の子」

彼女は滅亡しつつある世界を唯一救える子

その子と幼馴染の少年との物語なのです。

ひなが主人公役ということで、トントン拍子で少年役には陽太が決定。

衣装はスポンサーである賀子のブラックカードから提供されます。

ハプニングがありながらも映画の撮影は進んでいきます。

その中でひなと陽太がいい雰囲気になる場面もちらほら。

そして休憩の間、ひなは先日の夏祭りで救ってくれたことの感謝を告げます。

陽太にとってはこの夏で世界が終わるのだとしても関係はありません。

今まで「ひなの方が助けてくれたから」

何よりも「ひなと過ごしたこの夏が楽しいから」なのです。

だからこそ、終わりが近づくこの世界への寂寥感は否めないのでした。

Bパート

楽しい時間

撮影は続き、あっという間に夕方。

1日目の撮影は終了となり、片付けが始まりました。

そんな中、杏子も今この時をずっと楽しんでいました。

「陽太がひなといるとすごく楽しそうにしているのを見ているのが好きだ」と。

その光景に羨ましささえ覚えているのでした。

遺品

その夜。

贅沢過ぎた楽しい時間を噛みしめるひな。

一方、央人と雷太は興梠博士の行方を未だ探っていました。

央人が怪しいと踏んでいるのは「興梠を協力した研究所」

しかし内部に潜入しても、情報が出てくる様子はありません。

そこで上級研究員の入館証を奪ってサーバールームへと侵入。

出てきたのは「自然免疫系の研究に協力していた」ことだけ。

ここにも興梠の痕跡は見つかりません。

しかし、彼の住所は発見されたのでした。

2人が到着したときには既に解体工事が始まっていました。

曰く、興梠の遺品も「先日」業者に回収された後。

集積場へと向かうと、既に遺品は解体される直前。

それを手に入れるために央人は命を顧みずに直撃。

命の危険が到来しますが、雷太のおかげでなんとか無事。

おかげで興梠の遺品を手に入れることができました。

そこには興梠の隣にひなが写った写真があったのでした。

世界の終わりまで、あと6日。

Advertisement

さいご

というわけで、神様になった日7話でした。


脚本完成

30日もあったのに、気づけばもう一週間ですか…

尺はまだ残っているとはいえ、時間が過ぎ去る早さをしみじみ実感しました。


映画撮影

空ちゃんはかわいいな、シスコンになるのも仕方ない。

そのかわいさがあるのに、ひなのかわいさがより目立っている…

歌ヘタと卵が上手く割れないところ、狂おしいほどかわいい。

陽太との絆が日々深まっているのもいいですよね。

やはりこれはヒロインの風格。

ペットボトル型のkeyコーヒー…いいな…


楽しい時間

ひなと陽太のフラグが立ちつつあるだと…

ひいては杏子が負けヒロインになる展開ですかこれは。

ひながぴょんぴょん跳ねながら陽太に反論するところとてもかわいい。


遺品

央人と雷太はなかなかに息のあったコンビになってる。

コンビ結成から一週間ちょっととは思えない進展具合だ。

そしてここに来てついに本筋が動き始めそうな予感が漂ってきました。

量子力学、情報工学、自然言語処理、幸福度の数値化、自然免疫系…

幸福度を数値化したい相手とはひなのことなんでしょうね。

それはひなが幸せかどうか、興梠が見抜くことができなかったから…

というか、興梠の隣に写る子はひなと同一人物ではないかもしれませんよね。

ひなはその子と同じように作られたコピーなのかもしれないですし…

そもそも、何故ひなが陽太と接触したかもわからない…

物語の後半にも入りますし、怒涛の伏線回収には期待できそうです、楽しみ。


https://kamisama-day.jp/

©VISUAL ARTS / Key / 「神様になった日」Project

『神様になった日』見るなら『dアニメストア』

最新話絶賛配信中!

(毎週土曜日 24:30〜 最新話配信開始)

初めてなら初回31日間無料!

月額400円で現在放送中の話題作から過去の名作まで楽しめます!

登録はココから。


Advertisement

神様になった日 1(完全生産限定版) [Blu-ray]
神様になった日(アーティスト)

¥5,949

神様になった日カテゴリの最新記事