[本編まとめ]第13話 蜘蛛ですが、なにか?[感想・考察]

[本編まとめ]第13話 蜘蛛ですが、なにか?[感想・考察]

タイトル

やったー、外だー 私は自由……だ?

エルロー大迷宮を脱出した「私」。

そこには出てきた魔物を倒さんと人間が待ち構えていた。

その包囲網を打ち破り、初めての外の世界を堪能し始める。

しかし迷宮のマザーが「私」の勝手な行動におかんむり。

スキル「眷属支配」を使用して連れ戻そうとしてくる。

…が、スキル「外道無効」を持つ「私」に対しては効果がない。

その忠告を無視して食料調達に向かうのだった。

忠告

魔族の侵攻により、大きな被害を受けた人族。

それを止めるため、シュウの兄「サイリス」はシュンを出撃させようとする。

…が、アナレイト王やエルフの族長「ポティマス」は否定的。

最後にポティマスはシュンに対し、「神言教」についての忠告を行う。

「ユリウスのように利用されて捨てられるから、教皇ダスティンに心を許してはならない」と。

同族との戦い

勝手な「私」の行動を怒り、マザーは大勢の手先を送り込んできた。

多彩なスキルで目前に迫りくる強力なアークタラテクトたち。

それを見事にいなし、全滅に追い込むことに成功する。

しかしマザーとのパスは未だつながったまま。

そこで「私」は「並列思考」を送り込み、マザーに精神攻撃を始めるのだった。

復讐

シュンが王城に連れ戻され、学院に取り残されたカティアとスー。

そんな彼女たちの前に現れたのはユーゴー。

彼は2人を連れ去ってしまうのだった。

Advertisement

さいご

待ち受けていた人間たちの標的は私ちゃんだったんですかね?

それとも、迷宮から出てきた全ての魔物を駆除することが目的なんでしょうか。

どっちにしろ私ちゃんを警戒していたことに変わりはないんでしょうけどね。


忠告

ここはいろんな思惑が入り混じっていそうな感じですね?

現時点ではシュンにとっての味方は多そうではありますが。

そしてやはり神言教には黒い噂があった。

ユーリは完全に洗脳されてしまっているわけですね。

そしてユリウスはどのように弄ばれていたんでしょうか…


同族との戦い

正直なところ、マザーという存在がいることすら忘れてしまっていました。

いろんな兄弟がいる中で私ちゃんは生を得たんですもんね。

そこから血縁喰らいも取得したわけですし…血の繋がりは簡単に切れないんやなって。

兄弟との戦いはかなり白熱して楽しかったです。

本気を出せば圧倒的かもですが、ある程度拮抗した戦いが見れたのは嬉しいですね。

そして次に倒すべきはマザーとなるわけですか。

これを倒すことができれば、血縁喰らいより上位のスキルを取得できそう。


復讐

ついにユーゴーの仕返しが始まるんですね。

完全に自業自得の逆恨みとしか思えませんが。

その復讐心を利用されてしまったところはありそう。

サイリスもここと繋がりがあるわけですよね。

シュンを出撃させようとしたのも裏があるのでしょう。

思った以上にシュンの周りには敵が多そうな予感です…

いろんな側面で物語が繰り広げられ、それが合わさった瞬間を見るのがとても楽しみですね。


https://kumo-anime.com/

©馬場翁・輝竜司/KADOKAWA/蜘蛛ですが、なにか?製作委員会

『蜘蛛ですが、なにか?』見るなら『dアニメストア』

4/16(金)22:00より配信開始!

(毎週翌金曜日 22:00〜 最新話配信開始)

初めて登録する人なら初回31日間無料!

月額440円で現在放送中の話題作から過去の名作まで楽しめます!

登録はココから。


Advertisement

蜘蛛ですが、なにか?(1) (角川コミックス・エース)
かかし朝浩(著), 馬場 翁(その他), 輝竜 司(その他)
5つ星のうち4.5
¥574

蜘蛛ですが、なにか?カテゴリの最新記事