[本編まとめ]第1話 さよなら私のクラマー[感想・考察]

[本編まとめ]第1話 さよなら私のクラマー[感想・考察]

タイトル

みんな

女子サッカーへ

女子サッカーのレベルの低さを憂い、男子と混ざってサッカーをしていた「恩田希」

高校入学を機に、友人「越前佐和」とともに女子サッカー部に入部することを決心した。

すみれと緑

中学時代、「周防すみれ」は突出した才能を持っていた選手だった。

…が、周りの選手が付いていくことが出来ず、ひとりぼっちでサッカーをしていた。

そんな彼女の才能を認めていたのは、別の中学に属していた「曽志崎緑」

彼女はすみれを1人にさせないため、ともに同じチームに所属することを決心したのだった。

ワラビーズ

すみれと緑が入学した高校は「蕨青南高校」

弱小チームである上、ろくでなし監督に愛想を尽かして3年生は全員退部していた。

まずは1年生と2年生に分かれて練習試合を行うことに。

2人は才能を活かし、チームの中でも光る存在となっていく。

しかしそのせいでマークが厳しくなり、思うようにプレーすることが出来なくなってしまった。

そこに颯爽と現れたのは希だった。

彼女のおかげで得点を上げることができたのだ。

「サッカーはみんなでやったほうが楽しいじゃん。」

ひとりぼっちなすみれだったが、新しく希という仲間が出来たのだった。

新コーチ

元日本女子サッカー代表の「能見奈緒子」

彼女は母校である蕨青南にコーチとして戻ってきたのだった。

Advertisement

さいご

女子サッカーへ

希は自尊心の強い女の子なんですね。

まあ実力が備わっているからこそなんでしょうが。

中学時代のコーチに背中を押されなければ、そのまま男子と混ざってやっていたんでしょうか…


すみれと緑

無感情かと思いきや、緑に嫉妬心を滾らせているすみれ好き。

それほどまでに3年間ずっと目の上のたんこぶだったんでしょうね。

淡々とプレーしつつも悔しい気持ちはあるんやなって。

田勢先輩に共感を抱かなかったら、すみれは蕨青南を選ばなかったんでしょうか?

その場合は希の前に最大の敵として立ちはだかることになっていたのかな…


ワラビーズ

これから弱小チームを立て直していくわけですよね。

今回の1年生には光る逸材がかなり多そうです。

あの3人以外にも活躍しそうな選手はいるんでしょうかね?

2年生の活躍にも期待したいです。


新コーチ

日本代表が出たチームなのに、なぜここまで没落してしまったんだろうか…

このチームの現状に奈緒子も頭を抱えることになるんでしょうね。

ろくでなし監督もそうですが、ここからどうやって復権していくのか楽しみです。


https://sayonara-cramer.com/tv/

©新川直司・講談社/さよなら私のクラマー製作委員会

『さよなら私のクラマー』見るなら『dアニメストア』

絶賛配信中!

(毎週日曜日 23:30〜 最新話地上波最速同時配信開始)

初めて登録する人なら初回31日間無料!

月額440円で現在放送中の話題作から過去の名作まで楽しめます!

登録はココから。


Advertisement

さよなら私のクラマーカテゴリの最新記事