[本編まとめ]第2話 さよなら私のクラマー[感想・考察]

[本編まとめ]第2話 さよなら私のクラマー[感想・考察]

タイトル

インパクト

理由

蕨青南女子サッカー部の惨状を目の当たりにした奈緒子。

スパルダでの指導を始め、チームをしごき倒すことを決心した。

彼女はクラブチームの誘いを断ってまで母校のコーチに就任することを選んだ。

それは女子サッカーを根付かせるためには、若い世代からの育成が必要だと考えたからだった。

一方、希は練習になかなか身が入らなかった。

その原因は女子サッカーが想像していたものとは異なっていたからだった。

圧倒的

蕨青南は練習試合を行うことに。

相手は高校女子サッカー日本一の「久乃木学園」だった。

強敵「佃真央」「井藤春奈」が立ちはだかり、前半で7点という大差を付けられてしまう。

それでも奈緒子は全て想定内だった。

それは「打ちひしがれても再び走り出す覚悟があるのか見たい」から。

全ては女子サッカーを繁栄させるために。

しかし深津監督の「女子サッカーに未来はあるのか」という問いには下を向くのだった。

一方、希は素晴らしい選手を目撃し、目を輝かせていたのだった。

Advertisement

さいご

理由

希におばさんって言われてブチ切れてる奈緒子すき。

それがスパルタ教育をするための原動力となった可能性が…?

スパルタとはいえ、実家の店に招いているところはコーチっぽいですよね。

他の選手がいないのは…店内が混んでしまうからおそらく別日に招いているのでしょう…

綾のいい意味で空気をぶち壊すキャラっぷりもいいですね。


圧倒的

相手チームが出てくるということは、新キャラが登場するということですね。

個人的に井藤さんのキャラが好きです。

試合は細かく戦略が描かれていたのはよかったですね。

シーンによってどの選手が活躍できるのか、しっかり見ることができました。

ただスポーツ作品にはよくあることですが、外野で見ているキャラが解説しているの笑っちゃう。

深津監督が選手のことを結構考えていたのにはビックリでした。

ただ競馬雑誌を読んでいるオッサンではなかったんやなって。

どこかで大活躍してくれるシーンが出てきてくれるんですかね?

希はモチベーションの高低がかなり明白ですね。

あるときはすごい実力を発揮してくれますが、ないときはモブキャラと化している…

強敵の活躍を目にしたからには、おそらく後半では大活躍してくれるのでしょう。


https://sayonara-cramer.com/tv/

©新川直司・講談社/さよなら私のクラマー製作委員会

『さよなら私のクラマー』見るなら『dアニメストア』

絶賛配信中!

(毎週日曜日 23:30〜 最新話地上波最速同時配信開始)

初めて登録する人なら初回31日間無料!

月額440円で現在放送中の話題作から過去の名作まで楽しめます!

登録はココから。


Advertisement

さよなら私のクラマーカテゴリの最新記事