[本編まとめ]第6話 さよなら私のクラマー[感想・考察]

[本編まとめ]第6話 さよなら私のクラマー[感想・考察]

タイトル

追う者、追われる者

九谷怜

ユニフォーム代ゲットのためにフットサルの大会に挑む希たち。

急増連合軍ながらも、目覚ましい活躍で決勝戦にまで到達する。

相手として立ちはだかったのは、春名や真央の中学時代同じクラブだった「九谷怜」

彼女はフィジカルを重視したプレーを行う選手。

一方、春名は正反対の天才ファンタジスタタイプ。

そのせいで怜は春名を目の敵にし、一生懸命に彼女の後を追っていたのだった。

フィジカルで押す怜と一進一退の攻防を行うワラビーズ。

以前にフィジカル面で挫折を味わった希には黙ってはいられなかった。

1対1の勝負で怜に当たり勝ち、それを見た春名が相乗効果でどんどんと調子を上げていく。

それでも怜には諦められない理由があった。

彼女は幼少期から技術面で全く才能がなかった。

そのためにフィジカルを磨き上げ、のし上がってきていたのだ。

新たな一歩

フットサルの決勝の結果は「敗北」

しかし準優勝の賞金を得ることができたため、あとは残りの端数をバイトで稼ぐだけ。

その結果、痛ユニフォーム問題を解決することができた。

一方、男子サッカー部との問題にはなかなか辿り着いていなかった。

その光景を見かねた深津監督が脅迫じみた頼みによって、融通してもらえることを勝ち取る。

2つの問題を解決し、新たなホームグラウンドで希たちは新たな一歩を踏み出し始めるのだった。

Advertisement

さいご

九谷怜

性格は曲がっていましたが、八重歯はかわいかったですね。

ただ嫌味なキャラではなく、頑張ってきた過去が見えたのはよかったです。

取り柄がそれしかなくとも、その力だけでのし上がっていくのはとてもかっこいい。

天才ばかりが集結する大会でこういう子が活躍するとめちゃくちゃ感動しますよね…

今回はフットサルでしたが、今後サッカーでぶつかることはあるんでしょうか。

もう完全にフットサルに移行してしまっているのかな?

希の活躍に目を輝かせる春名は本当にかわいい。

春名の出番もっと増やしてください。


新たな一歩

綾が宙吊りにされているところ好き。

文句を垂れていましたが、結局彼女はどんなバイトをすることになったんでしょう…

アニメも折り返しに入り、ついに次回からは県大会が始まっていくんでしょうか。

男子との練習でどれだけ能力を伸ばせるかが鍵になってくるのかな?

2年生がどんな活躍を見せてくれるのかも気になるところです。


https://sayonara-cramer.com/tv/

©新川直司・講談社/さよなら私のクラマー製作委員会

『さよなら私のクラマー』見るなら『dアニメストア』

絶賛配信中!

(毎週日曜日 23:30〜 最新話地上波最速同時配信開始)

初めて登録する人なら初回31日間無料!

月額440円で現在放送中の話題作から過去の名作まで楽しめます!

登録はココから。


Advertisement

クラスの大嫌いな女子と結婚することになった。【電子特典付き】 (MF文庫J)
天乃 聖樹(著), もすこんぶ(著), 成海 七海(イラスト)
5つ星のうち4.5
¥614

さよなら私のクラマーカテゴリの最新記事