[本編まとめ]第11話 さよなら私のクラマー[感想・考察]

[本編まとめ]第11話 さよなら私のクラマー[感想・考察]

タイトル

隣を走る人

希VS千花

深津監督の助言を胸に後半に挑む希。

試合は荒れたピッチのせいで両チームが攻めあぐねていた。

実は深津監督は希には千花をぶっちぎらせようとは思っていなかった。

目的は千花に希をマークさせることで「自由に守備をさせない」ことだったのだ。

ついに希は千花を抜くことに成功した。

…が、最悪のピッチ状況が祟って追いつかれそうになってしまう。

その状況を打開するため、リフティングをしながらドリブルでゴールへ向かった。

シュートを放ったものの、惜しくもポストに拒まれてしまった。

一人ぼっち

希がリフティングの技術に長けているのは、中学時代の練習が影響していた。

男子サッカー部に所属していた希は技術があったものの試合には使ってもらえなかった。

そのために一人ぼっちでサッカーの練習を続けていたのだった。

一人ぼっちでサッカーを続けていたのは、希だけでなく春名を始め多くの選手が味わっていた。

それは技術に長けているからこその悪影響でもあったのだ。

「たとえ一人ぼっちだとしても、みんなはサッカーが好きだから続けていくことが出来る。」

それでも自分に近い人間の存在には嬉しさを禁じえないもの。

そんな仲間とともに上を目指して希はプレーに励むのだった。

仲間とともに

希の活躍で戦況が一変し、浦和邦成には攻撃のスキさえもなくなってしまった。

そんな中で千花をぶっちぎるために再び挑む希。

両者の意地をかけて全力で衝突した結果、なんとか千花は希を止めることに成功した。

…が、後ろには緑やすみれと言った希と高め合う仲間が控えていたのだった。

Advertisement

さいご

希VS千花

完全に深津監督がチームを指揮する人間に変貌しましたね、嬉しい。

成長していくのは選手だけじゃないんだなって。

希と千花の対決はかなり熱かったです。

有言実行で千花を抜いていったのもイケメンしてました。

そして隠されていた能力の1つが発動。

希はまだまだ能力を持っているんじゃないかと期待させてくれる展開でもありました。

ゴールを外してしまったのは仕方ないですね。

それに対して文句を言いまくる白鳥好き。


一人ぼっち

天才は孤高の存在、春名ちゃんも寂しい思いをしてきたわけですね。

そこに同じ天才とも思える希が現れれば堕ちてしまうのは確実でしょう。

敵味方関係なく高め合うことでより高いステージへと登っていくことが出来る。

希たちであれば女子サッカー界を変えることが出来るのかもしれない…

安いロールケーキが好きな春名ちゃんは庶民かわいい。


仲間とともに

希は凄いのは確かですが、千花もヤバい選手であることは言うまでもないことなんですよね。

後半終盤に入っても疲れを全く見せないとかガソリンタンクかな?

この2人の戦いはまだまだ楽しむことができそうです。

それだけでなく、最終盤に入って他の選手にも活躍のチャンスが出てきそうですね?

すみれや緑はもちろんですが、浦和側のメインキャラたちの活躍も楽しみ。

どんな決着が待っているんでしょうか。

そして活躍で言えば佐和ちゃんの活躍もいつか見たいな…

佐和ちゃんはマネージャーじゃなくて選手なんだ…

ピッチで希とともに駆け回る姿はいつどこで見ることができますか…?


https://sayonara-cramer.com/tv/

©新川直司・講談社/さよなら私のクラマー製作委員会

『さよなら私のクラマー』見るなら『dアニメストア』

絶賛配信中!

(毎週日曜日 23:30〜 最新話地上波最速同時配信開始)

初めて登録する人なら初回31日間無料!

月額440円で現在放送中の話題作から過去の名作まで楽しめます!

登録はココから。


Advertisement

さよなら私のクラマーカテゴリの最新記事