[本編まとめ]第12話 さよなら私のクラマー[感想・考察]

[本編まとめ]第12話 さよなら私のクラマー[感想・考察]

タイトル

野心と選択

アリスと夕

「チーム全員で浦和邦成を叩く。」

蕨青南は高いチームワークを活かし、ついに希がゴール前で絶好のチャンスを得る。

そこに立ちはだかったのは「安達太良アリス」「天馬夕」

鮮やかにボールを奪い取り、並外れた突破力でカウンターを蕨青南のゴールに叩き込んだ。

両親の勧めでバスケットボールクラブに所属していたアリス。

高い身体能力を生かし、あっという間にレギュラーを掴み取っていた。

…が、相手に触られるのを嫌うアリスはあまり良くは思っていなかった。

そんな彼女に夕がともにサッカーをやることを勧めたのだった。

追加点

優位に立った浦和邦成だったが、守りに入らずにさらなる秘策を仕掛ける。

アリスを本来のポジションに変更することで得点力を今以上に向上させたのだ。

その甲斐あって、浦和邦成は貴重な追加点を獲得したのだった。

フットボール

残り時間も僅かとなり、圧倒的不利な状況に立たされてしまった蕨青南。

諦念も芽生え始めるこの状況を打開したのはキャプテンの恵梨子。

彼女はチームに喝を入れることで選手たちを引き締め直したのだ。

積極的な姿勢で果敢にゴールを狙い続ける選手一同。

「私たち、フットボールしてるよ。」

ワラビーズは少しずつチームらしくなりつつあったのだった。

Advertisement

さいご

アリスと夕

ここに来てついに2人に陽の目が当たる瞬間がやってきましたね。

とはいえ、最初から本気を出していたらどうなっていたのかはわかりませんが…

終盤まで隠されていただけに絶望感は半端ありませんでした。

特にアリスはなんか怖いし、勝てる気は全くしません。


追加点

なんというか強豪校らしい戦い方が垣間見えました。

こういう時に守りに入ったら絶対に勝てなくなるやつですからね。

今まで以上にサッカー用語が飛び交って素人には理解が難しかったですが…

アリスと夕はかなりの凸凹コンビなのに、心が通じ合っている感じがしてとてもいい。


フットボール

2年生はどうしてもキャラは薄いですが、なくてはならない選手ばかりなんですよね。

これがやる気のない監督のもとで1年間やり続けたメンタルの強さですよ。

そう考えると希たちは恵まれているんだなって…

最終盤ではありますが、チームの雰囲気はかなり良くなりました。

1点返すことも夢ではないように思えます。

…が、勝利を収めることは難しいかもしれませんね。

とにかく次への一歩となる試合になってくれればいいなと思いました。


https://sayonara-cramer.com/tv/

©新川直司・講談社/さよなら私のクラマー製作委員会

『さよなら私のクラマー』見るなら『dアニメストア』

絶賛配信中!

(毎週日曜日 23:30〜 最新話地上波最速同時配信開始)

初めて登録する人なら初回31日間無料!

月額440円で現在放送中の話題作から過去の名作まで楽しめます!

登録はココから。


Advertisement

さよなら私のクラマーカテゴリの最新記事