[本編まとめ]第5話 すばらしきこのせかい[感想・考察]

[本編まとめ]第5話 すばらしきこのせかい[感想・考察]

タイトル

CAT

ワイルドキャット

3日目のミッションがいつまで経っても参加者に送られてこない。

そこでヨシュアはミッションを投げ出し、ネクをある場所へ連れてきた。

その場所は「ワイルドキャット」というハネコマが経営している店だった。

2人は旧知の仲にあり、元々死神ゲームの参加者や死神が見える特異体質を持っていた。

ヨシュアは死神ゲームに興味を抱き、自らゲームに参加を望んできたのだった。

ハネコマはスマホの機能を追加してくれたが、ネクはゲーム以外に寄り道することは否定的。

「全力で今を楽しめ。」

そんな彼にハネコマが言ったことは、生前からネクが尊敬している「CAT」の言葉だった。

ヨシュアは追加された機能を使い、高エネルギーを探知し始めていた。

そこにはレッドスカルバッチを身につけたリアルグラウンドの人々が集っていた。

その時にネクが気付いたのは、そのバッチや参加者バッチがCATのデザインであることだった。

ちなみにヨシュアが高エネルギーを探す理由は「渋谷を正しく導きたい」から。

蘇る記憶

3日目のミッションは通達されることなく、4日目に突入。

4日目もまたミッションが来ないため、ネクは死んだ理由を求めて行動を開始した。

すると、参加者にも死神にも容赦なく襲いかかる「禁断ノイズ」が暴れている現場に直面する。

そんな強敵を前に苦戦しつつも、ネクとヨシュアは共闘してそれを突破。

なんとか生前ネクが好きだったCATの描いたグラフィティの元にまで到着する。

そこでネクが思い出したのは、ヨシュアに撃たれて殺された現場だったのだ。

Advertisement

さいご

ワイルドキャット

ハネコマはやっぱりいい人だったんだ…!

そんな彼が協力しているから、ヨシュアは悪い人ではないと思いたいですが。

というか、自分から死神ゲームに干渉しようとするヤバい人であるのかもしれない。

ハネコマがCAT本人である可能性はありそうですね。

そうなってくると、彼もゲームの運営側の人間なのかもしれないですね??

ハネコマもヨシュアも胡散臭いと思っていたんだよな!


蘇る記憶

ミナミモトが好き勝手に動き回っているのはよく分かりました。

何らかの目的を達成するためである可能性もありそうですけどね。

それに振り回される死神さんサイドかわいそう。

ゲーム内で死神が死んだ場合はどうなるんでしょう。

次のゲームでは復活している、なんてことはあるんですかね。

そしてやはりヤバイやつだったヨシュア。

非日常を求めて殺したと言っても違和感ありませんね?

まあ何か理由があるんだとは思いますが。

はやくシキちゃん帰ってきて…


https://subarashiki-anime.jp

©SQUARE ENIX/すばらしきこのせかい製作委員会・MBS

『すばらしきこのせかい』見るなら『dアニメストア』

絶賛配信中!

(毎週金曜日 26:00〜 最新話配信開始)

初めて登録する人なら初回31日間無料!

月額440円で現在放送中の話題作から過去の名作まで楽しめます!

登録はココから。


Advertisement

すばらしきこのせかい -Final Remix- - Switch
スクウェア・エニックス
5つ星のうち4.5
¥4,354 (中古品)

すばらしきこのせかいカテゴリの最新記事