[本編まとめ]第4話 サクガン[感想・考察]

[本編まとめ]第4話 サクガン[感想・考察]

タイトル

LADEIS&GENTLEMEN

ジョリージョリー

ジョリージョリーに到着したメメンプーとガガンバー。

しかし破壊活動を行ったとしてガガンバーが捕まってしまう。

なんとか釈放され、メメンプーと合流することができた。

すると管制局員「メローロ」から、罰則が出るまでコロニー観光をすることを提案される。

コロニー「ジョリージョリー」の名物は「水路」(映像)や「ピザ」

メメンプーは休むことも忘れて一人観光に熱中する。

ザクレットゥ

一方、一人の時間を見つけたガガンバーはナンパに勤しみ始める。

12連敗を喫した後、出会ったのは「ザクレットゥ」

彼女はガガンバーの話に興味深く耳を傾け、ついにガガンバーは手応えを感じ取った。

…が、そこにやってきたメメンプーに咎められてしまうのだった。

突然、ガガンバーたちはチンピラたちの襲撃に遭遇してしまう。

ザクレットゥ曰く、彼女は彼らの「ドン」から逃げているのだとか。

ガガンバーはメメンプーとザクレットゥを逃がすために囮を買って出る。

しかしチンピラの一人「キョカン」に遅れを取ってしまうのだった。

チンピラたちに捕縛され、尋問を受けるガガンバー。

ドン曰く、ザクレットゥは手を出してはいけないものに触れて「1000万の賞金首」になったのだと。

ドンはなんとしてもザクレットゥを捕まえたいがため、ガガンバーに交渉を持ちかける。

しかしガガンバーはそれを決して受けようとはしなかった。

チンピラたちが退室した後、ガガンバーのもとにザクレットゥが姿を現す。

しかしザクレットゥは助ける条件として「100万」を要求したのだ。

背に腹はかえられず、ザクレットゥの要求を受け入れるガガンバー。

途中で窮地に陥るも、メメンプーの助けも相まってなんとか逃げ延びることができた。

というわけでガガンバーに金を要求するガガンバー。

しかしガガンバーには払うことができるお金は残されていなかった。

そんな彼にザクレットゥは「この世の果てまで追いかけて捕まる」と誓って去った。

その後、ガガンバーたちはメローロに捕まり、罰則はより重くされてしまったのだった。

Advertisement

感想・考察

ジョリージョリー

メローロは悪いやつかと思いきや、普通の真面目なお役人さんでした。

むしろちゃんとした付き合い方さえすれば心強い仲間になるかもしれませんね。

まあ敵になる可能性はまだ十分残っているでしょうが…

ジョリージョリーは完全にイタリアがモチーフの街でした。

…というか、イタリアそのものでしょう。

この作品の舞台は遠い未来の地球であることが確定しましたね。

ピンインには漢字の看板があったので、中国かどこかってことなんでしょう。

世界が地面の底に落ちたということは、空が見える場所は標高の高い山の上かな?

そもそも地中に位置することとなった背景はとても気になります。


ザクレットゥ

ザクレットゥもヤバい人っぽいですね?

二人の会話を盗聴していましたし、チンピラも自らけしかけたようにも見えました。

これは悪人だからなのか、はたまた見守ってくれている可能性もあるのか…

賞金首になった経緯とか、実は賞金首ではなかったりとか…

面白いやり取りをした間柄でもあるので、いい人であってほしいものですね。

これからどうやってザクレットゥが話に絡んでくるのか楽しみです。


https://sakugan-anime.com/

©「サクガン」製作委員会/SAKUGAN Project

『サクガン』見るなら『dアニメストア』

絶賛配信中!

(毎週木曜日 23:30〜 最新話地上波最速同時配信開始)

初めて登録する人なら初回31日間無料!

月額440円で現在放送中の話題作から過去の名作まで楽しめます!

登録はココから。


Advertisement

サクガンカテゴリの最新記事