[本編まとめ]第7話 サクガン[感想・考察]

[本編まとめ]第7話 サクガン[感想・考察]

タイトル

ON THE ROAD

ウロロップ

いつものように目指す場所の夢を見るメメンプー。

しかしいつもと違うのは、そこに「ウロロップ」がいたことだった。

夢の内容をガガンバーに楽しそうに語るが、ガガンバーにはあることを指摘されるのだった。

「どうしてウロロップだと分かった?」

その問いにはメメンプー本人も呆気にとられるのだった。

花と薬

ユーリとザクレットゥを加えた4人旅が開始。

旅に彩りを持たせるため、ユーリは「キョウゲンアカガオ」の花を各機内に飾っていた。

…が、少しずつガガンバーたちの様子がおかしくなり始めてしまう。

メメンプーも今まで見たことのない悪夢を見てしまったのだ。

理由は「ユーリが飾った花がキョウゲンアカガオモドキだった」こと。

花粉には毒が含まれていたため、ガガンバーたちは幻惑を見始めていたのだ。

そこで「リョウヤクニガサボテン」を飲ませて毒を抜くことに。

それでもガガンバーたちは悪化の一途を辿った挙げ句、赤ちゃん返りしてしまっていた。

原因は「リョウヤクニガサボテンモドキを飲ませてしまっていた」ことだった。

対処法は「大量の水を飲んでしばらく安静にする」こと。

そこでメメンプーは母親役に徹してガガンバーたちに水を飲ませるのだった。

夢か現実か

いつものように同じ夢を見るメメンプー。

…と思いきや、いつもとは少し異なっていた。

ガガンバーが血を流して倒れ、メメンプーの元にウロロップが迫っていたのだ。

その翌日。

ガガンバーたちの身体から毒は抜けていたが、しばらくどこかで安静にする必要があった。

しかしメメンプーはいち早くあの場所へ向かうことを望んでいた。

「夢で見た景色を確かめるために。」

しかしガガンバーはユーリたちの身体を尊重し、病院へ向かうことを決めていたのだ。

そのせいでガガンバーはメメンプーと喧嘩をしてしまう。

「だから嫌なんだよ、誰かとつるんで行動するのは。俺は一人の方が性に合う、仲間なんて。」

そして向かうべき直近のコロニーは「カラカラ」

その場所にはガガンバーは苦い思い出があったのだった。

未だメメンプーと険悪な関係が続くガガンバー。

ユーリからは「やれることはやっておいたほうがいい」と助言される。

一方、メメンプーは先日見た夢の続きを見ていた。

血を流して倒れたガガンバーとメメンプーに近寄ってくるウロロップ。

そしてそこにいたメメンプーは赤ん坊だったのだ。

それは夢でありながらも、メメンプーにとってあまりにも生々しいものだった。

ガガンバーの身を案じて早急にあの場所へ向かいたいと望むメメンプー。

そんな彼女をウロロップが見下ろしていたのだった。

Advertisement

感想・考察

ウロロップ

仲間が増えたと思ったら、本筋の不穏な空気が漂ってきましたね…

そういえばこの作品は一話で親友が脱落するようなエグさはあったんでした。


花と薬

最初は無限ループ入りしたのかと思いました。

毒だとは解明されはしましたが、別の要因がないわけではないのかもしれない…

むしろメメンプーが見ている悪夢だけは毒のせいであってほしいですが。

ママになるメメンプーはかわいい。


夢か現実か

メメンプーが見ているのは夢ではなく、幼い頃の記憶である可能性はありますね?

ガガンバーはウロロップと敵対しており、あの場所でやりあっていたんでしょうか。

二人は夫婦であり、夫婦喧嘩をしていた可能性も無きにしもあらず…

まあガガンバーがいつか倒れるという予知夢である可能性もあるんでしょうが。

赤ちゃんメメンプーがいたところを見ると、前者である可能性は高そうです。

とはいえ、これがあっただけにユーリの言葉は少し刺さりました。

スッキリしないままにメメンプーとガガンバーが別れることにならなければいいですが…

ガガンバーもこの辺りには色んな思いがありそうです。

次回ではその辺りが語られるようですので、とても楽しみですね。


https://sakugan-anime.com/

©「サクガン」製作委員会/SAKUGAN Project

『サクガン』見るなら『dアニメストア』

絶賛配信中!

(毎週木曜日 23:30〜 最新話地上波最速同時配信開始)

初めて登録する人なら初回31日間無料!

月額440円で現在放送中の話題作から過去の名作まで楽しめます!

登録はココから。


Advertisement

サクガン 1巻 (デジタル版ガンガンコミックスUP!)
「サクガン」製作委員会(著), 左藤圭右(著), 岩原裕二(著)

サクガンカテゴリの最新記事