[本編まとめ]第10話 スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました[感想・考察]

[本編まとめ]第10話 スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました[感想・考察]

タイトル

吟遊詩人が来た

変わった吟遊詩人

村に吟遊詩人が来る知らせを受け、アズサたちは鑑賞に向かった。

やってきたのは獣人アルミラージの「クク」

彼女は「スキファノイア」という芸名でメタル系の音楽を演奏していた。

…が、人からはあまり受け入れられず、食べるお金もない売れない吟遊詩人だったのだ。

長年続けてきた吟遊詩人だったが、安定した収入を得るために区切りさえつけようとしていた。

そんな彼女に喝を入れたのは、音楽に造詣が深いフラットルテだった。

「売れるためには音楽性を変えることが必要。」

アズサたちにも歌詞作りも手伝ってもらい、ククは音楽性を変えることを決心した。

音楽祭

アズサの家で居候生活を続けつつ、新たな曲を完成させたクク。

旅立とうとした時、偶然にやってきたベルゼブブに1曲歌うことを提案される。

ククの曲を聞いたベルゼブブは大絶賛。

そして魔族の一大音楽イベント「音楽祭」への出演を誘われたのだった。

音楽祭へとやってきたアズサたち。

しかしククはあまりに大きなステージのせいで緊張してしまっていた。

そんな彼女に師匠フラットルテが励まし、ククは再び復活。

新曲「ありがとう」を見事に歌い上げ、観衆からは大喝采を受けたのだった。

師匠と弟子

音楽祭での成功のおかげで出演依頼が殺到し、一躍売れっ子への道を歩き始めたクク。

彼女に対してフラットルテは一曲の歌という形でメッセージを送った。

「戻りたくなればスキファノイアとして好きに歌えば良いんだ。」

失敗を重ね続けていたククも、音楽性を変えることで成功を収めることが出来た。

しかしそれが望まぬ道であれば、自分が好きなメタルを突き進めばいい。

それは間違いを重ね続けてきたフラットルテだからこそ送ることが出来た言葉だった。

師匠からの言葉にククは新たな道を歩み始める元気をもらったのだった。

Advertisement

さいご

変わった吟遊詩人

演奏している時と普段とのギャップが大きすぎてかわいいククでした。

私服とステージ衣装のセンスも真反対なんですよね。

内に秘めたものを爆発させることが出来たのがステージ上なのかもしれませんね。

素人と言いながらもいい弾き語りしているフラットルテもよかったです。

音楽が好きなだけあってお遊びでも練習はしたりしているんでしょう。

…というか、初めてフラットルテが輝くことができた回なのでは?

そして何よりもかわいかったのはシャルシャとファルファの歌。

このかわいさにはアズサやベルゼブブが親ばか発揮しても仕方ない。


音楽祭

よく遊びに来る人ってイメージですが、ベルゼブブは顔も広い凄い人なんですよね。

ベルゼブブへの認識を改めておく必要がある気がしてきました。

ククのライブシーンは最高に良かった…

曲も詞の良さはもちろんですが、何よりククが楽しそうに演奏していたのがいいですよね。

今まで味わえなかった分、ククにとっても最高の時間を過ごせたんだろうなって。


師匠と弟子

フラットルテがいいキャラ過ぎました。

ククがやってきたことでこんなにも彼女の良さが見えてくるとは思いませんでした。

フラットルテとククの組み合わせは最高だな!

…まあ個人的にはククには今の路線で行ってほしいですね。


https://slime300-anime.com/

©森田季節・SBクリエイティブ/高原の魔女の家

『スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました』見るなら『dアニメストア』

6/16(水)24:00より配信開始!

(毎週水曜日 24:00〜 最新話配信開始)

初めて登録する人なら初回31日間無料!

月額440円で現在放送中の話題作から過去の名作まで楽しめます!

登録はココから。


Advertisement

Fate/Grand Carnival 1st Season(完全生産限定版) [Blu-ray]
関根明良(出演), 高橋李依(出演), 坂本真綾(出演), 丹下桜(出演), 神奈延年(出演), 岸誠二(監督)
5つ星のうち4.1
¥6,557

スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってましたカテゴリの最新記事