[本編まとめ]第5話 世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する[感想・考察]

[本編まとめ]第5話 世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する[感想・考察]

タイトル

暗殺者の資格

次期当主への道

ルーグは領民やタルトと良好な関係を築き、パール石の量産にも成功していた。

そんなある日、父キアンから呼び出しをされる。

一つ目の目的は「タルトが邪な気持ちを持って接触してきたか確認する」ため。

ルーグも疑ってなかったわけではなく、常日頃からタルトの細かい所作まで調べ上げていた。

その結果で判明したことは「シロ」

ルーグが彼女を殺す必要はなくなったのだ。

そして二つ目の目的は「一つ目の特別な試験を始める」こと。

二つの試験を合格できた時、初めてルーグが次期当主の資格を得ることができるのだ。

正々堂々と暗殺者同士の戦いを始める二人。

トウアハーデ家歴代最強と呼ばれるキアンにはそう簡単に勝つことができなかった。

しかしあえてルーグは魔法を使わず、前世から鍛え続けた暗殺術だけでキアンをねじ伏せにかかる。

それはこの試験が暗殺者としての戦いであり、戦いの目的を意識し続けるためであった。

戦いの結果はルーグの勝利。

キアンはルーグの意識の高さも称賛し、ついに免許皆伝を与えるのだった。

最後の試験

二つ目の試験を始めるまでの間、キアンの暗殺・医術の仕事を手伝うことになったルーグ。

その間も決して自らを高めることを怠りはしなかった。

キアンが語るのは「試験の目的」について。

暗殺者は堅牢な貴族の懐に潜り込む際、身分を偽って正面から近付くことも必要である。

そこで必要となるのは「偽りの身分」なのだ。

つまりルーグが試験で行うのは「もう一つの顔になりきる」こと。

ルーグが生まれた時、キアンは「イルグ・バロール」という身分を作り出していた。

バロール家は商業都市有数の名家であり、ルーグはイルグとして商人になる必要がある。

こうして、14歳になるまでイルグ・バロールとして商人の修行をすることが決まったのだった。

最後の試練への旅立ちの前に宴が開かれる。

しかしその中にルーグの活躍に不満を覚える出席者の姿があった。

彼の名前は「ロナハ」

トウアハーデ分家の子どもであり、自分がつくはずだった当主の座をルーグに奪われてしまったのだ。

そこでキアンは決着をつけるために二人に戦いを始めさせる。

ロナハは分家では誰よりも強く、若手の騎士大会でも好結果を残している騎士だった。

しかしトウアハーデ最強に上り詰めたルーグには手も足も出なかった。

現実を知らしめられてしまったロナハだったが、そんな彼に接触したのはルーグ。

彼はロナハの騎士としての力を見込んで、当主になった時の部下になることを誘った。

というわけで、ルーグが当主になるまでロナハは騎士としての力を磨き始めるのだった。

そしてついにルーグはタルトとともに最後の試験を達成するために旅立つ。

目的地は「ムルテウ」

イルグ・バロールとして二年間、今とは違う人生を体験しに行くのだった。

Advertisement

感想・考察

次期当主への道

世界最高の暗殺者と世界最高の侍、なぜこんなにも違うのか…

暗殺者がすごいというよりもルーグの中の人がすごいということなのかもしれない。

魔法を使わずにキアンを凌駕したということは既に相当な強さになっているということでしょう。

勇者にはまだ届かないかもですが、世界で何番目ぐらいの強さになっているんでしょうね。


最後の試験

一つ目とは違い、次は大きな話の展開が見られそうな予感がします。

新たな地で新しいキャラが出てくるのはいつも楽しい。

どうなっていくかも楽しみですが、やはり期待は新しいメンバーの登場でしょう。

プロローグで出ていた四人目の仲間が登場することはあるんでしょうか。

あとそろそろディアの再登場も…


https://ansatsu-kizoku.jp/

© 2021 月夜 涙・れい亜/KADOKAWA/暗殺貴族製作委員会

『暗殺貴族』見るなら『dアニメストア』

11/6(土)23:30より配信開始!

(毎週土曜日 23:30〜 最新話配信開始)

初めて登録する人なら初回31日間無料!

月額440円で現在放送中の話題作から過去の名作まで楽しめます!

登録はココから。


Advertisement

世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生するカテゴリの最新記事