[本編まとめ]第1話 弱キャラ友崎くん[感想・考察]

[本編まとめ]第1話 弱キャラ友崎くん[感想・考察]

タイトル

なんだかんだ言って 有名なゲームは大体おもしろい

アバン

アタファミ

学校の旧視聴覚室で、あるゲームに興じる2人の男子生徒がいました。

ゲームの名前は「アタックファミリーズ」、通称「アタファミ」

現状のオンラインゲーム界で最も人口多く、「神ゲー」と称されています。

対戦相手はリア充であり、クラスの中心でもある「中村 修二」

方や「友崎 文也」は人生負け組。

ですが、彼はゲームにおいては日本最高の実力者なのです。

Aパート

弱キャラと強キャラ

勝負は文也の勝利。

しかし修二は負け惜しみを言った挙げ句、クソゲーとこき下ろし始めるほど。

文也はそれに怒り、「神ゲー」と認めさせるためにキャラを交換して再戦。

そして、文也は再び完勝を収めたのでした。

とはいえ、それはゲームの中だけであり、人生においては全く異なります。

修二が放課後に友だちと遊び回る一方、文也は真っすぐ帰宅するだけ。

それゆえ、文也は人生を「クソゲー」と認識しています。

リア充にとっては神ゲーかもしれないけど、それは強キャラでゆえの思考。

文也はゲーマーだからこそ、人生がクソゲーだと信じて疑わないのです。

文也がアタファミをしていると、レート2位の「NONAME」とマッチング。

彼は徐々に力をつけており、文也に匹敵するほどまで力を付けているのです。

そこには「1位を張っている文也に勝利する」ための執念があるから。

勝負の行方は、なんとか文也の辛勝。

すると勝負後に、彼は「オフで会う」誘いを送ってきたのでした。

翌日。

修二が文也と対戦したことはクラスに知れ渡っているはず。

…ですが、誰もが話題を腫れ物扱いし、話に持ち出そうとしませんでした。

そんな中、1人の女子生徒だけが文也に戦いの結果を尋ねてきたのです。

その人物は「日南 葵」

彼女は陸上部エースで才色兼備、文武両道のまさにパーフェクトヒロイン。

文也が畏怖の念を抱くほどの完璧な少女だったのでした。

週末になり、文也はNONAMEと待ち合わせをしていました。

相手は男性だと思いこんでいたものの、予想とは反して女性。

さらにその正体は葵だったのです。

最強プレイヤーが文也だと知り、葵は酷く落胆。

学校のときとは違い、文也に対して刺々しく接し始めます。

「人生負けたまま放棄している人間が尊敬していたプレイヤーの正体」だった。

人に会いに来たとは思えない汚い身なりからして、葵は受け入れられません。

散々葵にこき下ろされ、文也も黙っていることが出来ません。

なぜなら、葵がそう言えるのは「彼女が初期パラの高い勝ち組」だから。

「弱キャラ」の文也は「人生がクソゲー」だと認めざるを得ないのです。

そもそも「リア充みたいな人生が嫌いだ」と。

対して葵も反論を行います。

文也はそもそも「リア充みたいな人生を味わっていない」から。

それに加え、ゲーマーである文也が言ってはならないことを言ったのです。

「負けたのはゲームのせいだ」と。

その言葉には文也も反省。

しかし文也にとってもそう言わざるを得ない事実があったのです。

「人生はキャラ変更ができない。」

「葵みたいな強キャラなら上手くなれるのに…」

それを聞いた葵は文也の手を引いてどこかへ向かうのでした。

Bパート

神ゲーとクソゲー

文也が連れてこられた場所は「葵の部屋」でした。

葵は化粧を落とし、見た目が努力でなんとでもなることを証明します。

たとえ男で化粧を出来なくても、重要なのは「表情」「姿勢」

見た目に気をかけるだけで、リア充のような容姿になることができるのです。

元々、葵は初期パラは高くなく、小学生までは努力していませんでした。

しかし努力でコミュ力と自信を付け、この状態にまで辿り着いた。

あらゆることを努力で勝ち抜いてきたという自負が葵にはあるのです。

ですが、努力をしても勝利できなかった相手が文也でした。

だからこそ、彼が尊敬に値する人物だと思っていました。

…が、実際は人生をろくに戦おうともしない人間だと知ってしまったのです。

それゆえ、葵は文也に「人生は神ゲーだ」と指南することを決心します。

とはいえ、文也にも確信していることがありました。

それは「葵とは分かり合えない」こと。

その事実を突きつけるため、文也は葵に尋ねます。

「人生はどのぐらい神ゲーなのか。」

「ぶっちぎりの1位。」

この答えである場合、葵は人生以外のゲームの下に見ているだけ。

あくまでゲーマーの文也に教え込むため、上から目線で例えているのです。

しかし、葵の答えは異なりました。

「1位タイだよ、アタファミと同じくらい!」

その言葉に文也は勘当を余儀なくされてしまいました。

文也は自分のためにアタファミを続け、頑張って結果を出しています。

それは「アタファミが神ゲーだと信じている」から。

しかし誰よりも人生のことを知る葵が、人生と同じぐらいだと言いました。

それにより「自分のためだけの努力を認めてもらえた」と実感したのです。

葵の言葉で文也は決心します。

「人生は神ゲーってのが本当なら、ゲーマーの血が騒ぐな。」

文也は人生のルールを葵に教えてもらうことになりました。

まずやるべきは「キャラメイク」

表情筋を鍛え、口角を上げることで雰囲気を良くするのです。

そのために常にマスクを着用し、常に満面の笑みを浮かべることに。

そして義務付けとして、朝と放課後は「反省会」を行うことになりました。

「やるなら徹底的に。」

文也は葵のゲーマーっぷりを改めて実感したのでした。

その後。

葵にフレコを教え、文也は帰宅。

マスクを取った下の不器用な笑みを、妹は不気味がるのでした。

目標

第一日目。

人生というゲームをプレイするにあたり、まずは目標を立てることに。

最終目標は「葵と同じくらいのリア充になる」こと。

それを達成するため、中目標と小目標も立てます。

小目標は「他人から見て、容姿やオーラが改善したと思われる」こと。

そして最も大事なのは中目標。

内容は「3年になるまでに彼女を作る」こと。

それを達成するため、毎日葵から課題を提示されます。

今日の課題は「学校で女子3人以上に話しかける」こと。

弱キャラの文也にとって、初っ端から無理難題の高難度クエスト。

ですが、葵が本気である以上、文也も力を尽くすことを決心するのでした。

Advertisement

さいご

アタファミ

これはスマ○ラ。

今の時代はゲームを学校でやるのも手軽に出来るんですね…すごい。


弱キャラと強キャラ

弱キャラにとって人生は残酷なゲーム…

それを葵がどうやって認識を変えてくれるのでしょうか。

この展開の雰囲気はとても楽しみに感じます。


神ゲーとクソゲー

私のそばにも葵がいれば人生を変えてくれたのかもしれない…

妹ちゃんかわいい。


目標

パッと見は難しくとも、これくらいしないと変われないんだろうなって…

こうやって目標を立てて葵も成長してきたんでしょうか。

中学生の苦労しているときの姿も見てみたいです。


http://tomozaki-koushiki.com/

©屋久ユウキ・小学館/「弱キャラ友崎くん」製作委員会

『弱キャラ友崎くん』見るなら『dアニメストア』

1話絶賛配信中!

(毎週金曜日 22:00〜 最新話地上波先行配信開始)

初めて登録する人なら初回31日間無料!

月額440円で現在放送中の話題作から過去の名作まで楽しめます!

登録はココから。


Advertisement

弱キャラ友崎くん-COMIC-(1) (ガンガンコミックスJOKER)
屋久ユウキ(著), 千田衛人(著), フライ(その他)
5つ星のうち4.1
¥618

弱キャラ友崎くんカテゴリの最新記事