[本編まとめ]第4話 弱キャラ友崎くん[感想・考察]

[本編まとめ]第4話 弱キャラ友崎くん[感想・考察]

タイトル

ダンジョン攻略後に村に帰ると強いボスがいたりする

アバン

優鈴の悩み

文也は優鈴と一緒に帰りながら事情を尋ねることに。

修二は文也に負けて以来、アタファミの練習を励んでいます。

それに加わろうと思ったものの、「弱すぎる」からと断られてしまいました。

そこで優鈴自身も練習を始めたものの、上達する様子は未だないのです。

優鈴がそうするのは「修二に対して好意を抱いている」から。

先日、グループのリーダー的存在「紺野エリカ」が修二にフラれました。

優鈴は修二が「自分に好意を抱いてるかも」とも思っているのです。

というわけで、修二とアタファミで遊ぶために教えてほしいというわけ。

文也は優鈴の家に行くことになったのでした。

Aパート

変わる努力

文也は1度優鈴と対戦して分析をします。

考えた結果、文也は「小ジャンプ」のテクニック取得を促します。

そのために練習用のストップウォッチも貸与。

もう1つは、文也と葵の動きを暗記して操作できるようになること。

文也はコマンド表も書き出す熱心さで優鈴と向き合います。

まるで葵がするように、文也は女口調で課題を提示。

あまりの凄さに圧倒され始める優鈴。

優鈴は文也のように強すぎると、みんなでゲームを楽しめないと思っています。

彼女は周りの空気に合わせる性格なので、浮くことを恐れているのです。

優鈴のように、最初は文也も自分の性格を変えることはできませんでした。

しかし葵のおかげで、「人生を良ゲーだ」と言えるほどにまで変わってきた。

それゆえ、文也は「優鈴も変われるはず」だと実体験を元に励ますのでした。

その後。

文也は優鈴との間に起こったことについて、葵に事情を説明します。

今回、文也が持っていた技能により、奇跡的に人との関わりが生まれました。

とはいえ、これは文也が呼び寄せたものでもあるのです。

…が、現在攻略すべきヒロインは優鈴ではなく風香。

方法に文也次第ながらも、葵は「映画の試写会のペアチケット」を託します。

というわけで、自宅に帰った文也は話し方をレコーダーで録音しながら練習中。

…と、設定が変更され、保存されていたファイルが再生されてしまいます。

その内容は「実際に葵が話し方を練習していた声」

つまり文也がやっているように、葵もまた努力をしていたのです。

風香との関係

優鈴は着々と上達し、修二に匹敵するほどの実力を獲得していました。

その一方、文也は風香に対して真実を告白します。

そして誠実に付き合っていくため、一から関係を作っていくことを宣言。

その言葉を風香は受け入れてくれました。

というわけで、報告のために葵の反省会へと向かっていた文也。

その途中、リア充組に呼び止められてしまうのでした。

Bパート

リベンジ戦

文也が呼ばれた先にいたのは修二でした。

つまりアタファミのリベンジを行おうというわけ。

それだけでなく、優鈴と仲良くしていることも気に食わない様子。

エリカや優鈴たちも観戦に現れ、2人は戦い始めます。

…が、戦況は圧倒的に文也が優勢。

それでも修二は全く諦めず、何度も何度も再戦を求め続けます。

そのせいでエリカは不満を漏らし、険悪なムードに包まれ始めます。

「こんなしょうもないゲームに本気になっちゃって。」

エリカの言葉に火が付いたのは文也でした。

「努力もせずに他人の努力を笑うやつが一番嫌いだ!」

以前とは違い、修二は努力を重ね、惨敗しても言い訳せずに戦い続けました。

一方、エリカはそんな彼やゲームを嘲笑するばかりなのです。

文也の訴えに優鈴も微力ながら加担し、それを聞いたエリカは帰っていきます。

最後に修二は文也にリベンジを誓い、優鈴たちとともにこの場を後にします。

今回、何も出来ずに立ち尽くしていただけの葵。

そんな彼女に文也はほくそ笑むのでした。

結果を掴み取る

その後。

葵が奔走し、後の悪影響も少なく事なきを得ました。

…が、葵の不満は「文也が風香に対して何もしない」こと。

そこで文也は葵に対し、翌日行われる試写会に行くことを誘ったのです。

葵はそれを一蹴しつつも、この後一緒に映画に行くことを許します。

おかげで文也は猛烈な高揚感を感じることになりました。

「現実において、自分の努力で欲しい結果を出すことが出来た」から。

浮かれる文也を見て、葵は目を細めるのでした。

Advertisement

さいご

優鈴の悩み

優鈴はいい子ですね。

好きな人と仲良くなりたいからこそ、ゲームを買って努力までするんですよね。

…もしかすると、普通のリア充はそれほどの努力は当然なのかもしれないけど。


変わる努力

優鈴にレクチャーする文也はもう葵にしか見えませんでした。

この調子なら、教える楽しさを思い始めるかもしれない。

葵の努力の過程が見られたのっていいですね…

文也が葵に心が動いてしまうのもよくわかります。


風香との関係

こうすることも文也はよく考えたんでしょうね。

不誠実を嫌う文也にとっては最善だったのかもしれません。

ボロが出るってこともなくなりましたし、これからの展開には期待です。


リベンジ戦

修二が爆発するかと思いましたが、意外に真っ直ぐにやれる子だったんですね。

彼に好感を覚えた一方、エリカ様の第一印象は底をつきかねない状態に…

次に出てくるときはイイヤツ要素があればいいなと思いました。

文也の言葉に乗っかってくる優鈴はやはりいい子。

彼女も変わろうとすることが出来たわけですね。

文也にとっての葵のように、文也が優鈴の先生になっていくのかもしれない…

修二との仲も進展していきそうな予感。

少し複雑な気持ちはありますが…優鈴が幸せになれるのなら問題ないです。


結果を掴み取る

文也は葵に対して好感を抱いていることは確かですよね。

彼が誠実に行くなら、葵一本で行くことになるんでしょうか…?

風香とくっついてほしい気持ちもありますし、展開の行く末は楽しみだ。

それにしても、文也は今回なかなかの成果を残してくれました。

あの場を収めたのも、葵とのデートを勝ち取ったのも、まさに努力のおかげ。

次回以降も頑張れるところをたくさん見てほしいですね。


http://tomozaki-koushiki.com/

©屋久ユウキ・小学館/「弱キャラ友崎くん」製作委員会

『弱キャラ友崎くん』見るなら『dアニメストア』

4話絶賛配信中!

(毎週金曜日 22:00〜 最新話地上波先行配信開始)

初めて登録する人なら初回31日間無料!

月額440円で現在放送中の話題作から過去の名作まで楽しめます!

登録はココから。


Advertisement

大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL - Switch
任天堂
5つ星のうち4.5
¥7,580 (コレクター商品)

弱キャラ友崎くんカテゴリの最新記事